menu

Myドッグフード

ネイチャーズロジック(Nature’s Logic)の評判クチコミ

ネイチャーズロジック

100歩先行くナチュラルフード、がキャッチコピーのネイチャーズロジックは、合成保存料や着色料だけでなく合成ビタミンやミネラルまでも無添加で作っていることが特徴のドッグフードです。あまり量販店やペットショップなどで目にすることが少ないフードなので、どのような原材料が使用されていてどのような品質なのかを獣医師さんとチェックしてみました。

ネイチャーズロジック ナチュラルチキンフィーストの評価

ネイチャーズロジック ナチュラルチキンフィースト」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ネイチャーズロジック ナチュラルチキンフィースト
ブランド名 ネイチャーズロジック
メーカー名 Nature’s Logic
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 2,160円[1kg] ( 2017/04/04 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2,160円
原産国 アメリカ合衆国

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料にチキンミールを使用しています。ミールでは使用されている具体的な部位は不明ですが、完全菜食で育てられた抗生物質、ホルモンを使用されていない安心できる食肉が使用されています。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤は使用されておりません。
着色料の使用 着色料は使用していません。
穀物の使用 穀物であるキビを使用していますがグルテンが入った穀物の使用はありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本製品は動物性タンパク質としてチキンミールを使用しています。「ミール」というと、一見イメージはよくないのですが、ホームページによると、本製品のチキンは抗生物質やホルモン剤は使用されておらず、またその他の原材料でも遺伝子組み換え製品や合成添加物は一切使用していないとのこと。

品質は非常に良いチキンミールだと考えられます。

さらには、AAFCOプロトコルに沿った給餌試験を実施しているとのこと。

多くのドッグフードは給餌試験ではなくより低コストの分析試験を行うことがほとんどですが、本製品はよりも信頼性の高い給餌試験を行っている点も、一般的なフードよりも安心して与えられる総合栄養食だと考えられます。

ただし、ホームページをチェックしていると気になる点がいくつか見つかりました。

一つは合成添加物に関する記載です。

ホームページでは、本ブランドのコンセプトとして、ビタミンやミネラルなどの添加物も完全に天然のものを使用しているとありますが、その中に「犬にとって合成サプリメントは、玉ねぎよりも危険なもの」としています。

玉ねぎは場合によっては犬に致死的な中毒を引き起こす非常に危険な食べ物ですが、それよりもさらに合成サプリメントの方が危険だとする根拠が明記されておらず、個人的には消費者の心理を煽る誇大な表現に感じました。

また、原材料品質の記載に関しても、中国産は使わず、米国、ニュージーランド、オーストラリア、ヨーロッパ産を使用とありますが、それ以上の記載はなく、これらの産地の原材料が具体的に農薬不使用なのか、オーガニックなのかなどのが不明です。

何れにしても、一般的なドッグフードの中では高品質なものであることは間違いありませんが、ブランドイメージにとらわれることなく、実際にその表記を具体的にチェックした上で選んであげるようにしましょう。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


ネイチャーズロジックは100歩先行くナチュラルフードというコンセプトをもとに、合成保存料や着色料だけでなく合成ビタミン・ミネラルも不使用のドッグフードです。

自然界では合成ビタミンなどを摂取する機会はないため、より本来の食事に近づいているフードではないでしょうか。

第二原料にはキビが来ておりポテトやイモ、コーンより栄養価の高いキビを採用したということですが、犬の消化器官が一番苦手なのは穀物にあるグルテンという成分ですので、グルテンフリーという点では消化性には配慮されているように思えます。

キビは炭水化物源でもありますが、フードの栄養成分値を見る限り炭水化物の割合が多いわけではありませんでした。

脂肪の割合が少し高めのため活発的な愛犬にオススメです。ただ脂肪は酸化しやすい傾向にあるためフードの管理には十分に注意し、1ヶ月以内に消費するようにして下さい。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2017年度版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る