menu
閉じる

Myドッグフード

パーフェクションの評判クチコミ

パーフェクション

オーストラリアで作られている100%天然素材を使用しているパーフェクションシリーズ。ペットショップや量販店ではあまり目にする機会がないため、パーフェクションがどんなドッグフードなのか、原材料や成分を元に獣医師さんと一緒にチェックしてみました。

ドッグフード パーフェクション チキンの評価

ドッグフード パーフェクション チキン」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ドッグフード パーフェクション チキン
ブランド名 パーフェクション
メーカー名
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 3,220円[1.8kg] ( 2017/04/04 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,788円
原産国 オーストラリア

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料は鶏肉です。次に原材料として多く使用されているのが穀物である玄米とパール麦が使用されています。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 着色料は使用していません
穀物の使用 小麦などのグルテンは含んでいませんが、玄米、パール麦などの穀物が原材料として使用されているのでグレインフリーではありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本製品は、原材料全てをヒューマングレードのものを使用し、さらには原材料全て100%表記しています。

原材料には抗生物質やホルモン剤は使用されていないとのことで、非常に原材料の品質の高いドッグフードです。

さらには、消化率が90%という驚異的な消化率が示されています。一般的なドライフードの消化率は60~70%程度ですし、手作り食の消化率が90%以上ですので、手作り食並みの消化性があるということになります。

原材料はもちろん動物性タンパク質であるチキンをメインに使用しており、さらには消化を助けるオリゴ糖や発酵乾燥物を配合していることから、非常に高い消化率になっていると思われます。もちろん同じようなコンセプトの他製品でも、高い消化率を示すものもありますが、その中でも90%というのはかなり高いです。

本フードを取り扱う会社さんのホームページでは、本フードのQ&Aも数多く記載しており、さらに詳細な情報をチェックすることができます。

ドッグフードの品質に関しては相当量の情報を公開していますので、数あるフードの中でもかなり安心して使うことができるフードだと思われます。

ただし気になる点としましては、グレインフリーではないことから、年単位の長期で食べさせることによる負担が不明であることや、90%以上の消化率というのは一般的、つまりどの犬にも当てはまることなのかが不明なところです。

公開されている情報が豊富ですので、さらに消化率を測定した試験の具体的データが示されると、より安心して食べさせることができるものと思われます。

ただし、ホームページのQ&Aの中には、アレルギーや下痢の犬にも使用できるというようなニュアンスを感じる記載がありますが(もちろん明記はしていません)、病気に関しては、必ずかかりつけの獣医師と相談するようにしましょう。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


パーフェクションは使用する原材料を100%表示しており、すべてがヒューマングレードの品質で安心して与える事の出来るフードです。

消化吸収率が90%以上と一般のフードより高いので、体に必要な栄養素をしいかり補給することが出来ます。

全ライフステージ対応のため、脂質は24%以上、脂肪は18%以上となっています。幼齢犬に合わされているのでカロリーも高めで、成犬ではフード量が少なめになってしまいます。

食の細い子や老齢犬にはピッタリかもしれませんが、食いしん坊な愛犬にはもの足りなく感じてしまう可能性もあります。水分をプラスする事で満腹感が得られやすくなりますので、食いしん坊な愛犬にはフードをふやかして与えるのもオススメです。

主原料はチキンですが、その後には玄米、パール麦、オートミールと穀物が続いています。アレルギーとなりやすい小麦やトウモロコシを使用していないため消化性には配慮されていますが、炭水化物は肥満の原因になる事があります。カロリーも高いので、肥満に注意が必要かもしれません。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2017年度版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る