menu
閉じる

Myドッグフード

イティ エアードライドッグフード(iti) ドッグフードを調査!評判口コミ

イティ エアードライドッグフード

イティは食べる量の少ない小型犬のために作られたドッグフードです。小型犬に必要な体重管理や関節維持などのニーズに特化したフードです。イティは生肉75%の水分を含み、特殊なエアドライ製法により役60%の水分が取り除かれます。趣向性の高いソフトドライでありつつも、天然の栄養素を壊さずに摂取できることが特徴です。そんなイティがどのようなフードなのかをフードの専門家と獣医師さんと一緒に調査してみました。

イティ エアドライとは?

iconイティ エアドライとは、時間をかけてじっくり乾燥させることにより、素材の風味や高い栄養価を損なわずに形にしたエアドライフードです。そんなイティ エアドライには、以下に挙げる3つの特徴があります。

1.緑イ貝配合

イティ エアドライはグルコサミン・コンドロイチン等の関節のケアが期待できる緑イ貝が配合しています。

2.エージレス(脱酸素剤)封入

風味や栄養価など鮮度を保つために、エージレスが封入されています。

3.酵素が豊富

イティ エアドライは、エアドライ製法で作られる本物の自然食のため、熱に弱い酵素が失われずにそのまま保たれるように製造されています。

イティ エアドライのラインナップ

イティ エアドライでは、穀物アレルギーに配慮し【ラム&ベニソン】、【ビーフ】、【チキン】の3規格が販売されています。なお、小型犬専用のフードになるため、中・大型犬に与える際は、フードのトッピングとして与えるようにしましょう。

ラム&ベニソン

主原料に、アレルギーになりにくいラムとベニソンを使用しています。そのため、鶏や牛にアレルギーがある犬でも安心して食べることができます。

ビーフ

主原料にビーフを使用しており、粗たんぱく質を35%以上含んでいます。また、アレルギーの原因になりやすい穀物も使用していません。

チキン

主原料にチキンを使用しており、粗たんぱく質を32%以上含んでいます。また、ラム&ベニソンやビーフ同様に、穀物は使用していません。

あやちゃん
そんなイティ エアードライドッグフードの原材料や成分の品質は実際どうなんでしょうか?
運営者
mop
ドイティ エアードライドッグフードの中で代表的な商品の「ラム&ベニソン ディナー」をドッグフードやペットの専門家と共にチェックした結果を紹介します。

イティ エアードライ ドッグフード ラム&ベニソン ディナーの品質をチェックしました

イティ エアードライ ドッグフード ラム&ベニソン ディナー 」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 イティ エアードライ ドッグフード ラム&ベニソン ディナー
ブランド名 イティ エアードライドッグフード
メーカー名 iti(イティ)
ドッグフードの分類 ソフトドライ
フードの目的 総合栄養食(中・大型犬はトッピングとして与える)
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 1,944円[200g] ( 2017/05/03 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 9,729円
原産国 ニュージーランド

基本チェック

メインの原材料 メインの食材にはミート(ラム、ラム肺、ベニソン、ラム肝臓、ラム腎臓)が使用されています。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤の使用はありません
着色料の使用 着色料の使用はありません
穀物の使用 穀物の使用はありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


イティは、エアードライ製法という一般的なドライフードと異なる製法を採用しています。

エアードライ製法とは、低温の温風を吹きかけることで乾燥させる製法で、高温に晒されることが少なく、熱で破壊されてしまう栄養成分がある程度残るため、よりナチュラルなフードを選びたい方には、良い製法だと思われます。

また、原材料の動物性タンパク質の表記が「ミート」となっていますが、決して粗悪なものではなく、ニュージーランドの安全性の高い原材料を用いており、お肉だけでなく、肝臓や肺など他の部位も使用しているため、それらをまとめて「ミート」という表記しているようです。

これは、お肉以外の臓器は、新鮮であればお肉では補えない栄養成分を摂取できるため、逆にこのクオリティのドッグフードで使用している分には全く問題なく、安心して食べさせることができます。

以上より、一般的なドッグフードと比較すると、かなりクオリティの高い製品と言えます。

ただし、一般的なドッグフードよりもタンパク質や脂肪分が高めですので、腎臓や膵臓、あるいは脂質代謝などに問題がある犬の場合は、かかりつけの獣医師に相談してから食べさせるようにしてください。

また、水分含有量が一般的なドッグフードよりも高いため、開封後の品質劣化が早く、注意が必要です。


ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


イティは小型犬、猫専用のニュージーランド産のペットフードメーカーで、エアドライ製法によるジャーキータイプの形状が特徴的です。

10時間もの時間をかけて低温で加工し約60%の水分を取り除くため、生肉の3倍ものタンパク質を摂取することが出来ます。

水分量は18%以下と一般的なドライフード(10%以下)に比べ高いため、消化性にも高いと言えます。

水分があるため手で千切る事も簡単で、幼齢犬やシニア犬など噛む力が弱い子でもしっかり食べる事が出来ます。

200gパックで販売されているため、開封後10日以内という賞味期限にも十分対応する事が出来ます。

ただ値段は200gで1800円程度と1kgに換算すると9000円なので、常用で活用するには家計の負担となる場合がありますので、ご予算に合わせてトッピングなどで活用するのがオススメです。

トッピングで使用する場合は開封後の賞味期限に十分注意して下さい。

イティ エアドライの購入方法

イティ エアドライは、200g・1kgの2規格が販売されています。店頭での取り扱いは多くはないため、購入する際は、Amazonや楽天などの通販サイトでの購入が便利です。

まとめ

イティ エアドライの主原料は、品質において世界一流と言われているニュージーランド産を使用しています。また、自然そのままの原材料を使用しているため、栄養価もとても高いエアドライフードです。気になる方は、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2018年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る