menu
閉じる

Myドッグフード

ピナクル (Pinnacle) ドッグフードを調査!評判口コミ

ピナクル (Pinnacle)

ピナクルは創業600年以上の歴史を持つアメリカのブリーダーチョイス社が、1997年に「頂点」という意味のピナクルという名前をつけて作られたドッグフードです。食べ物によるアレルギーに悩まされる愛犬たちの健康サポートのために考えられています。そんなピナクルが実際にどのようなフードなのかをフードの専門家と獣医師さんと一緒に調査してみました。

ピナクルとは?

icon犬が必要とする3大栄養に、たんぱく質・炭水化物・脂肪があります。ピナクルは、その中でもたんぱく質炭水化物にこだわったドッグフードです。そんなピナクルには、以下に挙げる2つの特徴があります。

1.グレインフリー

炭水化物源としてよく使用されるのが、小麦・米・とうもろこし・大豆です。しかし、グルテンは、食物アレルギーを引き起こす可能性もあるため、ピナクルではこれらの炭水化物源は使用していません。

2.豊富なバリエーション

ピナクルは、原材料の種類がことなるフードのバリエーションが豊富です。そのため、愛犬の嗜好性に合ったフードを見つけやすいのが特徴的です。

ピナクルのラインナップ

ピナクルでは【チキン&スイートポテト】、【トラウト&スイートポテト】、【ダッグ&スイートポテト】、【サーモン&ポテト】、【ターキー&ポテト】の5規格が販売されています。また、すべてグレインフリーで全年齢に対応しています。

チキン&スイートポテト

動物性たんぱく質に、栄養価と嗜好性の高い地鶏を使用していまます。また、通常のブロイラーと異なるため、消化吸収にも優れています。

トラウト&スイートポテト

たんぱく質源であるトラウト(マス)とは、牛・ラムなど肉類のアレルギーを持つ犬でも安心して食べることができます。

ダッグ&スイートポテト

鶏肉や七面鳥にアレルギーを持つ犬でも安心して食べることができるダッグをたんぱく質源としています。また、ダッグは風味が良いだけでなく不飽和脂肪酸を多く含んでいるため、コレステロール値を下げる働きもします。

サーモン&ポテト

不飽和脂肪酸・DHA・EPAを豊富に含むサーモンをたんぱく質源としています。また、肉類にアレルギーを持つ犬でも安心して食べることができます。

ターキー&ポテト

消化しやすいターキーを使用しています。また、ターキーの生肉を使用しているため、嗜好性にも優れています。

あやちゃん
そんなピナクルの原材料や成分の品質は実際どうなんでしょうか?
運営者
mop
ピナクルブランドの中で代表的な商品の「チキン&スイートポテト」をドッグフードやペットの専門家と共にチェックした結果を紹介します。

ピナクル (Pinnacle) チキン&スイートポテトの品質をチェックしました

ピナクル (Pinnacle) チキン&スイートポテト」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ピナクル (Pinnacle) チキン&スイートポテト
ブランド名 ピナクル (Pinnacle)
メーカー名 ブリーダーズチョイス
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 3,905円[2kg] ( 2017/05/03 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,952円
原産国 アメリカ合衆国

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料にははチキンを使用しています。次にチキンミールが続いていますが、AAFCOの基準をクリアしているため、犬にとって安全な部位のみを使用していると考えられます。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 穀物であるキノアが使用されいますが、グルテンを1%しか含んでいないため、ごく少量といえます。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


ピナクル (Pinnacle) チキン&スイートポテトは、動物性タンパク質であるチキンを最も多く使用しており、小麦や米などが主体のドッグフードに比べると、犬にとって負担の少ないフードと言えます。

さらには、チキンも地鶏を使用し、加工の過程で鮮度維持にも留意しているため、一般的なチキンよりもより消化性が高い原材料であり、その安全性も高く、非常に品質も良いものと思われます。

一方、その他の原材料にはえんどう豆やサツマイモが使用されています。

これらには、犬の消化に負担となる「グルテン」が含まれない「グレインフリー」のため、その点も安心できるかもしれません。しかし、もともと肉食に近い雑食である犬にとっては、えんどう豆やサツマイモもそこまでしっかりと消化できるわけではありません。

さらには、アレルギーを持つ犬の場合、ドッグフードに含まれるたんぱく質を制限する必要があるのですが、本製品の名前は「チキン&スイートポテト」となっていますが、それら以外にもエンドウ豆やひよこ豆が使われていますので、使用にあたっては注意が必要です。

また、その他の原材料の中で、ミネラル類がキレート化されたものが用いられており、一般的なミネラルよりも吸収性の良いものを使用しています。さらには、納豆菌発酵抽出物やアスペルギルス・オリゼー発酵抽出物など、消化性を高めるものも含まれているのも特徴です。

ただしドッグフード全体としてどれくらいの消化性があるのかは不明ですので、食べさせる場合には、便の量や回数などをチェックして、実際の使用感を確かめることが重要です。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


ピナクルはアメリカ産で高品質なドッグフードです。

チキン&スイートポテトでは主原料にチキンが、第二原料にも乾燥チキンと動物性タンパク質がしっかり配合されています。

成分値を見てもタンパク質は26%以上と高く幼齢犬にもオススメです。

動物性原料としてはチキンのみが使用されていますので、他の動物性原材料にアレルギーがある場合でも与える事が出来ます。

原料の品質に関しても調理後すぐに冷凍されたフレッシュチキンが使用されている点が特徴的です。

ただ、原材料に塩や塩化カリウムがそれぞれ個別に配合されているため、すでに腎臓機能が衰えている場合などでは注意が必要となります。

ピナクルの購入方法

ピナクルでは、800g・2kg・5.5Kgの3規格で販売されています。(リパック品や並行輸入品除く)

店舗ではほとんど見かけない商品ですので、購入を検討する場合は、専門の通販サイトやAmazonをなどの通販サイトでの購入がおすすめです。

まとめ

高い品質を保ち、栄養価の高いフードであるピナクルは、愛犬の健康維持を体の内側からしっかりとサポートしてくれる頂点を目指したドッグフードです。気になる方は、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2018年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

特集

ページ上部へ戻る