閉じる
  1. ドッグフードの切り替え方法と注意点
  2. シニア犬用ドッグフードの特徴と選び方
  3. 初めて飼ったら覚えておきたい!ドッグフードの種類と特徴
  4. 愛犬に必要なドッグフードの栄養素
  5. 愛犬にぴったりなドッグフードの選び方
  6. ドッグフードで注意すべき原材料
  7. あれもダメなの!?意外と身近にある犬に危険な食べ物
閉じる

Myドッグフード

K9ナチュラル(K9Natural)の評判クチコミ

K9ナチュラル

K9ナチュラルと言えば、非加熱のフリーズドライ製法で有名ですが、実際にフリーズドライのドッグフードを与えたことがある飼い主さんは少ないのではないでしょうか。また、値段も他のドッグフードを比べると比較的高く手に取るにはなかなかハードルが高いフードではありますが、原材料や製法の特徴を知ればきっと納得できるかと思います。この機会にぜひK9ナチュラルについて知って頂ければと思います。

K9ナチュラルとは

iconK9ナチュラルは家畜の飼育環境がトップクラスのニュージーランド産で、人間食用に育てられた生肉のみを使用しています。また、生肉は食肉工場で処理されてニュージーランド政府公認の検査機関で検査を受けた肉のみを使用するなど、衛生的で極めて安全性の高い肉を使用しています。

お肉がメインの穀物なしのドッグフード

もともと犬は肉食動物のため、原材料は90%以上肉類で占められており、穀物を一切使用しないグレインフリーの安心な食材のみを使用しています。

フリーズドライが特徴的

非加熱のフリーズドライ製法により、食材の風味や栄養を壊さず、酵素や乳酸気をそのまま生かすことが出来ています。水分を含まないため、常温で長期保存が可能です。また、細切れタイプのフリーズドライフードのため、必要な時に必要な分だけ使うことが出来ます。

フリーズドライのフードに水、またはぬるま湯を加えて混ぜることで手作り食のような食材本来の風味と生きた栄養を摂取することが出来ます。

多種多様な肉のラインナップ

通常の総合栄養食は肉の種類が異なるドッグフードがラインナップとしてあります。

ヘルシーな「ラム肉」の「ラム・フィースト」、クセがない「牛肉」の「ビーフ・フィースト」、1番人気の「鹿肉」の「ベニソン・フィースト」、食べやすい「鶏肉」の「チキン・フィースト」。他にも子犬のからだづくりに特化した「K9ナチュラル パピー」、関節の健康維持成分が効率よく補給できる「ジョインツ」があります。

K9ナチュラル ラム・フィーストの評価

K9ナチュラル ラム・フィースト」を元にどんな商品か安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 K9ナチュラル ラム・フィースト
ブランド名 K9ナチュラル
メーカー名 K9ナチュラル
ドッグフードの分類 フリーズドライ
フードの目的 総合栄養食
参考価格[内容量] 5,996円 [500g ※水で戻すと2㎏] ( 2017/01/15 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 11,992円 ※水で戻すと2,998円/㎏
原産国 ニュージーランド

基本チェック

メインの原材料 一番多く使われている原材料は子羊肉(人間食用の家畜から生産される)です。子羊肉以外のほかに血(子羊),グリーントライプ(子羊),レバー(子羊),心臓(子羊),骨(子羊)というよう子羊の部位を中心に肉の原材料が多く使用されています。

ニュージーランドのヒューマングレードの子羊の生肉をメインに、鉄分やミネラルが豊富に含まれる新鮮な血液、カルシウムとなる骨や、心臓・レバー・腎臓、反すう動物の胃袋であるグリーントライプなど、原材料のうち90%以上を肉類が占めています。また、生肉は人間食用に育てられた衛生的で極めて安全性の高い肉のみを使用しています。

酸化防止剤の使用 酸化防止剤に人口の合成酸化防止剤は使用されておりません。
着色料の使用 赤○号などというような着色料は原材料に使用されていません。
穀物の使用 トウモロコシ、小麦というような穀物は不使用です。穀物の消化が苦手なわんちゃんにも安心です。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師

動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本製品の最大の特徴は「ラムを丸ごと一頭、フリーズドライにしているフード」だということです。そのため、原材料には肉の表記だけでなく、「血」や「骨」と言った他のフードではあまり見かけない表記がされています。

また、他のドライフードのほとんどが、タンパク質をはじめとした栄養成分の熱による変性が生じるのに対して、本フードはフリーズドライ製法によって、それら熱による変性を防ぐことができます。

また、本フードの原材料はやはり人間用に食することができる品質のものですので、その点は安心して使用することができます。

しかし、気になる点もあります。それは原材料に加えられているミネラル類が「プロティネイト」と表記されていることです。これは、ホームページによれば、「タンパク質化して、吸収性を高めたもの」とありますが、具体的にどのようなものなのかが不明であり、また他の製品では見られないものですので、その本当の安全性が気になります。

あるいは、フリーズドライ製法自体が、栄養学的に深く研究されているわけでは無いので、本当に水に戻すだけで「生食」になるのか、はっきりわからないのが現状です。

また、本フードは私の病院でもおすすめすることがあるのですが、食べ慣れるまで、「便秘」や「体重減少」が見られることがあるので、注意が必要です。

これらは、本フードが一般的なドッグフードに比べて極端に低炭水化物で高タンパクであることが原因だと思っています。本来肉食の犬にはより適したフードではありますが、他の一般的なドライフードを食べていた犬は、そのフードにある程度適応しているため、急に本フードに切り替えると体が順応できないのかもしれません。

K9ナチュラル ラム・フィーストのポイント

iconラムを丸ごと一頭、フリーズドライにした低炭水化物で高たんぱくなドッグフードのため肉食であると言われている犬には適したフード。フリーズドライ製法のため熱によるタンパクの変性を防いでくれている。

口コミ評判

ペットショップのサンプルでもらったことがきっかけでした。はじめフードの軽さが気になりましたがお湯で戻したらほとんど生肉に見える形でおいしそうな見た目に変わりました。そのフードを上げたとたん、クンクン匂いをかいでガツガツ食べました。とてもうれしそうでした。

かおたんさん
トイプードル

評価まとめ

メイン食材のラム肉は高タンパクな上、脂肪を燃焼しやすくするL-カルニチンを多く含んでおり、身体を温め、代謝を高める効果があるのはうれしいですね。牛や鶏がアレルゲンのわんちゃんにも安心です。

フリーズドライで生肉を多く使用しているため、手作り食に近く、犬にとってはご馳走なのではないでしょうか。原材料も人間食用に育てられた家畜を使用しているので安心。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る