menu
閉じる

Myドッグフード

パピヨンにおすすめのドッグフード

愛犬のパピヨンがフードの食いつきが悪くなった。ライフステージが変わったから新しいドッグフードを探している。というパピヨンの飼い主さんが新しいフードを選ぶための情報をまとめました。

パピヨンのドッグフード選び方

あやちゃん
パピヨンにはどんなドッグフードを選ぶべきなの?

パピヨンはその大きな耳と長い被毛が特徴の犬種なので、数あるドッグフードの中にはパピヨン専用に設計されたドッグフードもあり、被毛や関節などをケアした成分が配合されています。

しかし、一般用の良質なドッグフードであれば、消化吸収も良いため、パピヨンに限らず良い被毛状態をキープさせることは可能です。

そのため、パピヨン専用にこだわらず良質なドッグフードを選んであげることをオススメします。

パピヨンにあったドッグフードの選び方

良質なドッグフードを選ぶ基準は、『良質な動物性タンパク質を多く含んでいるかどうか』と『不必要な添加物が入っていないかどうか』が大きなポイントです。

ポイント1:良質な動物性タンパク質を使用

まずドッグフードのパッケージに表記されている原材料は、使用量の多い順に記載されています。最初にチキンなど、動物性タンパク質が書かれてあるものが良いでしょう。

ただし、最近では、一つの植物性タンパク質を「ミール」「グルテン」という形で分解して表記しているケースもあります。

それだと合計すると動物性タンパク質よりも実際の使用量が多かったりしますので、原材料表記で植物性タンパク質の項目が多い場合は注意が必要です。

また、動物性タンパク質でも、「ミール」や「肉粉」などの表記がある場合は、その品質がはっきりわかりませんので、なるべく避けた方が良いです。

ポイント2:不要な添加物を使用していない

次に添加物ですが、着色料や発色剤、合成保存料などは、基本的にドッグフードに使用する必要がないものですので、そういった添加物が入っていないものを選びましょう。

酸化防止剤はドッグフードを作る上で欠かせないものですが、なるべく合成酸化防止剤よりは、天然由来のものを選んだ方が良いでしょう。

これは、天然由来のものが必ずしも安全というわけではありませんが、製造会社の姿勢として、動物の健康を考慮しているかどうかの一つの基準として選んでいただければと思います。

しかし、天然由来の酸化防止剤はその効果が合成のものよりも弱いため、開封後の劣化が早く、取り扱いには注意が必要です。

パピヨンにおすすめのドッグフード

パピヨンの飼い主さんが気になるご飯に関する悩みを紹介します。

ブッチ(シニアのパピヨンにおすすめ)

ブッチは水分量が多いウェットタイプのドッグフードのため食いつきが落ちたシニア犬やドライフードが苦手な犬には適したドッグフードです。良質なお肉がたっぷり使われており、保存料などの添加物は無添加です。

モグワン(トッピングを加える方におすすめ)

モグワンは新鮮なチキンとサーモンをメインの原材料にした良質なドッグフードです。プレミアムフードで主流の穀物不使用のため消化性にも配慮されています。また、手作りフードを目指して作られているため、ドライフードにトッピングの一工夫して嗜好性を高めてあげることも可能です。

カナガン(成犬のパピヨンにおすすめ)

カナガンはイギリスで人気のドッグフードです。ドッグフードで良質とされるものの多くは海外産のドッグフードです。カナガンも例にもれず海外産のドッグフードを輸入して販売されています。ただし、カナガンは店舗での販売がなくインターネットのみの販売ですが、それでもインターネットで検索されるドッグフードの中でもトップクラスに人気のドッグフードです。

獣医さんに聞きました!パピヨンのドッグフードQ&A

Q.パピヨンのシニア期にはフードを変更するべきでしょうか?

シニア期というのは、一般的には7歳以上と言われることが多いのですが、私の経験上、7歳あるいは10歳くらいでも若々しく元気に過ごしているパピヨンは多いと感じています。

若々しく元気な場合は無理にシニア用のドッグフードに切り替える必要はありません

シニア用のドッグフードは、シニアの代謝やシニアに多い病気に配慮したもので、カロリーを抑えていたり、タンパク質や塩分、リンの量を抑えたりしていることが多いです。

しかし、実際に体に何ら異常がない場合に、このようなシニアフードに切り替えて、予防的に対応できるかというと、それははっきりとはわかっていません。

そのため、今のところは年齢的にシニアになったからといって、必ずしもシニアフードに切り替える必要はなく、定期的な健康診断や日常生活の変化などを踏まえて、総合的に切り替えを判断するべきだと考えています。

Q.子犬のパピヨンには生後何ヶ月でどのようなご飯を与えるべきでしょうか?

パピヨンは小型犬に分類されます。小型犬は大型犬や中型犬に比べて、成犬まででの成長が早いと考えられていますので、子犬の間は、もちろん子犬用のドッグフードを食べさせるようにします。

そして8〜10ヶ月齢ほどで成犬用のフードに切り替えるかどうか考えるようにしましょう

その際には、定期的な体重や体型チェック、時系列での体重や体型の変化を元に、成長スピードを考慮して、具体的な切り替え時期を決めるようにしましょう。

オールステージ用のドッグフードは子犬から成犬まで使用できるものですので、子犬の時から食べさせることができます。

ただし、子犬から成犬に成長すると、体重あたりのカロリー量が変わります。

つまり、子犬の時期から成犬の時期になると、食べさせる食事量が変化しますので、やはりオールステージ用のドッグフードであっても、成犬になる時期を見極める必要があります。

Q.パピヨン専用のドッグフードは一般用のフードより良いのでしょうか?

パピヨン専用のドッグフードはいくつか販売されていますが、そのほとんどが被毛や関節をケアする成分を含んだものです。

しかし、それらのフードのほとんどは、ケア成分の品質が不明瞭です。ドッグフードに使用される原材料は、その品質に大きな差があり、同じ成分でも体への吸収や代謝が大きく異なります。

実際にフードには配合されていても、どこまで吸収されているかは不明ですので、もし被毛や関節のケアを考えていらっしゃる場合は、品質のはっきりしたサプリメントを導入されることをお勧めします。

パピヨン専用のドッグフードは、過剰な酸化防止剤が含まれていたり、植物性たんぱく質の名前が多かったりと、前述した一般的な良質なドッグフードを選ぶポイントからは外れるものが多いです。

ですので、パピヨン専用にとらわれずより高品質なドッグフードを選んであげるようにしましょう

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る