menu
閉じる

Myドッグフード

パグにおすすめのドッグフード

「最近うちの愛犬のパグがドッグフードの食いつきが悪いんです。どうしたら良いですか?」

愛犬のパグがフードの食いつきが悪くなった。ライフステージが変わりシニア用のドッグフードを探しているというパグの飼い主さんにおすすめのドッグフードの選び方を紹介します。

パグの特徴とフードの選び方のポイント

パグは目が大きくて鼻が短い、いわゆる『短頭種』と呼ばれる犬種の一つです。

短頭種は成長段階で、骨の成長を遺伝的に止めることで、鼻の成長を抑えられ、あの独特の形態を作り出しています。しかし、その特徴から他の骨にも問題が起きやすく、関節や脊椎の病気には注意が必要です。

ドッグフードの中にはパグ専用ということで、パグの特徴にケアしたフードもあります。ただし、個人的にはパグ専用よりも、一般的に良質なドッグフードを選び、それぞれのパグに合ったフードを決めてあげる方が良いと考えています。

パグに適したドッグフードの選び方

良質なドッグフードを選ぶ基準ですが、『良質な動物性タンパク質を使用しているかどうか』『不要な添加物を使用していないかどうか』がポイントです。

1.良質な動物性タンパク質を使用

ドッグフードのラベルには原材料は使用量の多い順に記載されています。原材料の表記の最初にチキンやラムなどの動物性タンパク質が記載されているものを選びましょう。

しかし、近年は、ポテトでんぷん、ポテトスターチなど、一つの原材料をさらに細かく分けて記載し、合計ではポテトが一番多く使われているということもありますので注意が必要です。

また、動物性タンパク質の中でも『ミール』や『肉粉』といったものは、その品質が不明ですので避けるようにしましょう。

2.不要な添加物を使用していない

着色料、合成保存料、発色剤は、どのようなドッグフードにも基本的には不要なものです。できる限り着色料、合成保存料、発色剤を含まないフードを選ぶようにしましょう。

また、酸化防止剤はドッグフードにおいては必須な添加物ですが、合成酸化防止剤よりは天然成分由来の酸化防止剤の方が、多少は体への負担が少ないかもしれません。

ただし、添加物が少ないフードは、光や空気に触れることによる劣化も早いため、開封後の保管方法には注意が必要です。

パグにおすすめのドッグフード

パグは小型犬の一種ですが、小型犬の中でも体重は重く10Kg程まで成長することもあります。そんな小型犬のパグにおすすめしたいドッグフードを紹介します。

モグワン(通販で人気のおすすめフード)


理想の食いつきを求めて開発されたプレミアムフードです。

ナウフレッシュ(店舗で買えるおすすめ商品)

新鮮なお肉や魚とフレッシュなココナッツオイルやフルーツ、野菜もたっぷりしようした穀物不使用のドッグフード。

ブッチ(ドライが苦手な愛犬におすすめ)

ニュージーランドでメジャーな冷蔵型のミートフード。お肉や魚をふんだんに使用した水分量が多いドッグフード。

獣医さんに聞きました!パグのドッグフードQ&A

パグの飼い主さんが気になるご飯に関する悩みを紹介します。

Q.太り気味のパグに与えるフードの量を減らすべきでしょうか?

肥満は近年では『肥満症』と呼ばれ、様々な病気リスクがある病気として扱われてるため、太り気味の場合は減量させてあげることをお勧めします。

ただし、減量の仕方は単純にフードの量を減らすだけでは問題になることがあります。

多少フードの量を調節するのは問題ありませんが、極端にフード量を減らしすぎるとカロリーだけでなく、必要なタンパク質やビタミン、ミネラル類の摂取量も減ってしまいます。

これでは減量は出来ても他のリスクが高まってしまいますのでお勧めできません。

現在では、栄養の問題をクリアした減量専用のドッグフードもありますので、パグへの負担なく減量に取り組みたい方は、一度動物病院でご相談されることをお勧めします。

また、太り気味のパグの中には『甲状腺機能低下症』などの病気が隠れている可能性もあります。そのため、減量対策を行なっているのに痩せない、フード摂取量は少ないのに太ってしまう、そんな場合は一度受診するようにしましょう。

Q.子犬のパグにはどのようなご飯を与えるべきでしょうか?

パグに限らず成長期の子犬の必要栄養量は成犬とは大きく異なるため、子犬専用のドッグフードを与える必要があります。

そのため、『仔犬用』『成長期の仔犬用』といった表記のドッグフードを選んであげるようにしましょう。

パグはおよそ1歳でほぼ成犬になるので、その頃から徐々に成犬用フードに変えるようします。

ただし、成長のスピードはパグ一頭一頭で異なりますので、体重や体型をチェックしながら、切り替えの時期を考えるようにしてください。

極端に切り替えが早すぎると子犬に必要なタンパク質・ビタミン・ミネラル類が欠乏したり、逆に切り替えが遅すぎると、成犬に不必要なカロリーまで摂取してしまい、肥満になりやすくなります。

近年では、子犬用と成犬用の間の時期に絞って設計された『ジュニア期用』といったフードもあるため、切り替えの判断が難しい場合は、そういったフードを利用するのも良いでしょう。

また、子犬から成犬まで使える『オールステージ用』のドッグフードを使うのも問題ありません。

Q.パグ専用のドッグフードは一般用のフードより良いのでしょうか?

個人的には、パグ専用のドッグフードが一般的な良質なドッグフードと比べて優れているとは思えません。

パグ専用のドッグフードの多くが被毛や肥満を考慮した設計になっていますが、ミールなどの品質がわからないタンパク源や香料など不要な添加物が使われてることがあります。

長い目で健康を考えた時には、パグ専用に設計されたドッグフードよりも一般的な良質のドッグフードが良いと考えています。

また、パグ専用フードの中には、短頭種の口の形を考え、噛み砕きやすい設計になっていたりもしますが、これまでの経験上、一般的なドッグフードでパグがフードを詰まらせることはほとんどありませんでした。

ですので、そういった設計よりも一般的な良質なドッグフードを選ぶ基準を優先させてあげた方が良いと考えます。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る