menu
閉じる

Myドッグフード

リガロ(RIGALO)の評判クチコミ

リガロ(RIGALO)

グレインフリーとハイプロテインを特徴にもつアメリカ産のリガロはどんなドッグフードなのか、ハイプロテインという聞きなれない特徴はどんなメリットがあるのかを調査しました。

リガロ ラム・ターキー・フィッシュの評価

リガロ ハイプロテイン ラム・ターキー・フィッシュ」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 リガロ ラム・ターキー・フィッシュ
ブランド名 リガロ(RIGALO)
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 4,795円[2.0kg] ( 2017/10/23 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2,398円
原産国 アメリカ

基本チェック

メインの原材料 【○】動物性たんぱく質がメイン
それぞれのラインナップでメインに肉や魚をメインに使用
ラム:ラム生肉、乾燥サーモン
ターキー:ターキー生肉、乾燥ターキー
フィッシュ:ホワイトフィッシュ生肉、乾燥ホワイトフィッシュ
穀物不使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
トウモロコシ・小麦・米などを使用せずに消化に優れた豆類を使用
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
自然由来のミックストコフェロールで酸化防止

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


リガロは、ラム・ターキー・フィッシュと3つの味がラインナップされていますが、いずれも動物性タンパク質を多く使用し、さらには動物性タンパク源が限定されており、穀物不使用と非常に高品質なドッグフードです。

犬は本来肉食動物ですので、動物性タンパク質が豊富なドッグフードの方が良いのは間違いないですが、高タンパク質のドッグフードでは注意する点もあります。

それは、動物性タンパク質の消化には、十分なプレバイオティクス、プロバイオティクスの力が必要な点です。

リガロはそれらについても強化とありますので、実際に食べさせてみて、便の状態などに問題なければ安心して使用できるドッグフードと言えます。

本製品は、一般的なドッグフードと比較するとその品質の高さは間違いありません。

ただし、気になる点としましては、高品質なドッグフードと比較した中では、原材料の安全性に関する情報がない点です。

すなわちラムやターキーがどのような飼料で育てられたものか、あるいは豆類がオーガニックなのか、ナチュラル志向フードとしてはもっと多くの情報提供が欲しいところです。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


リガロはアメリカのドッグフードで、ラム・ターキー・フィッシュの3種類あるため愛犬の好みに合わせて選ぶ事が出来ます。

高品質でどの種類もグレインフリー設計となっており、アレルギーに配慮したフードです。

ラムはアミノ酸のバランスがよく、コレステロール値も低い原料のため体重が気になる子にオススメの種類です。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを特別な方法で製造しており、胃腸にも優しく仕上がっています。

粒のサイズは小粒(8mm)のみですので、大型犬など噛むのが大好きな子にはもの足りなく感じる場合があります。また、丸のみしてしまう子は喉に詰まらせないよう与える時に注意して下さい。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2018年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る