menu
閉じる

Myドッグフード

ウェットドッグフードのおすすめ商品(缶詰etc)を専門家が選定

「ウェットタイプで良質なドッグフードが知りたい」

通常であれば保存性や価格面からドッグフードではドライタイプドッグフードを与えることが多いかと思います。

しかし、シニア期に入りドライフードが食べづらくなってきた場合や、ドライフードをどうしても食べてくれないなどの理由から水分量が多いウェットフードを与えることがあります。

ただし、ウェットフードといっても、缶詰やレトルトパウチやフリーズドライタイプのものもあり、それぞれにメリットデメリットが存在します。

また、ウェットタイプの中でも過剰な添加物が配合されていたり、原材料の品質が良いものとは言えないものも存在します。

様々な種類がたくさんの会社から販売されているウェットフードから何を選べば良いのか疑問に思っている方のために、いくつかおすすめできるウェットフードをピックアップしました。

ウェットタイプのドッグフードの特徴

ウェットフードとは、ドッグフードの中でも水分含量が75%~80%程度のフードです。ペットショップなどで見かける缶詰やアルミトレイ、レトルトパウチで包装されているタイプのドッグフードがウェットフードです。

ウェットフードもドライフードと同じように『総合栄養食』や『その他の目的食』あるいは幼犬用や高齢犬用などライフステージに合わせた分類がなされています。

ウェットフードは容器に入った段階で密閉され、その後熱をかけることで容器中の微生物を死滅させて腐らないようにしています。

そのため、未開封の状態では長期保存可能ですが、一度開封すると水分含量が多い=微生物が繁殖しやすいので、基本的には開封したらその場で使い切ることが原則です。

ウェットフードの選び方

ウェットフードの選び方もドライフードと同じで、原材料や栄養分析値などをチェックします。

ポイント
・良質なお肉や魚がメインの原材料か?
・過剰に添加物は配合されていないか?
・おやつではなく総合栄養食か?

まず一つ目は原材料に動物性タンパクであるお肉や魚がメインに使用されていて、その品質は安心して与えられるものかをチェックします。ただし、栄養値はドライフードと比べて水分含量が極端に増えるため、相対的にタンパク質や脂肪などの割合が異なるためチェックする際には注意が必要です。

ドライフードに比べて、総合栄養食のウェットフードは少なく、ドライフードのトッピング用など「その他の目的食」として販売されているものも多いため、それぞれのウェットフードの使い方を確認することも重要です。

ウェットタイプでおすすめのドッグフード

1.ブッチ(シニア犬や偏食な愛犬におすすめ)

缶詰タイプではなくハムのような形式のチルド型のミートフードです。国内では珍しいタイプですが、海外でも販売数を伸ばしている人気のドッグフードです。

グルテンを含まないチキン・ビーフ・フィッシュなどの動物性タンパクが約8割含まれるため消化吸収の負担が少なく、嗜好性も高いのが特徴です。

商品ラインナップ
犬用ではビーフとラムがメインのブラックレーベル(800gと2kg)とチキンがメインのホワイトレーベル(800gと2kg)、チキンと魚がメインのブルーレーベル(800gと2kg)の3種類で販売されています。

初回のみのお得なセットがあり、3本セットが通常4374円のところが3000円でお試しできます。

おすすめ度 ★★★★★
価格 【◎】適正価格 1kgあたり1,822円
2017/05/07 Amazon参考価格 4,374円[2.4kg]
メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
ブラック・レーベル:ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%
ホワイト・レーベル:チキン(生)80%
ブルー・レーベル:チキン(生)67%、フィッシュ(全体/ムロアジ等)25%
穀物不使用 【○】グルテンを除去した穀物を使用
グルテンを除去したトウモロコシの種皮穀類を使用
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
合成色素および人工調味料・香料、エトキシキン、プロピレングリコールなどはなし
運営者
mop
ドライフードよりは少々お値段が高いフードですが、ウェットフードの中では比較的お手頃な価格のフードです。ドライが苦手なワンちゃんにはおすすめです。

2.K9ナチュラル

本製品はニュージーランドの放牧により育てられた人間用の動物を原材料に用いています。

これらの動物には抗生物質や成長ホルモンは使用されておらず、非常に安心できる原材料で、さらにはこれら肉類を原材料の90%以上で使用していますので、本来肉食である犬にとってより適したウェットフードと言えます。

また本製品にはウェットフードでよく使われる増粘剤や安定剤は一切使用しておらず、人工添加物の面からも安心して食べさせることができます。

3.GO!

本製品は、動物性タンパク質として使用している鶏肉や七面鳥、サーモン、ダック、トラウトには、成長ホルモンは使用しておらず、さらには肉副産物も使用していない、非常に高品質なウェットフードです。また人工防腐剤など不要な人工添加物も使用していないため、安心して食べさせることができます。

さらに本製品シリーズは、より高タンパク低炭水化物の組成でできたものや、アレルギーを配慮して特定のタンパク質源のみを使用したもの、さらには抗酸化成分を強化したタイプなどがあり、ラインナップも豊富に揃っているため、同じブランドでフードローテーションを行いたい場合にも使いやすいものとなっています。

4.ZIWI

本製品は、できるだけ野生の動物が摂取しているものに近い状態で製品化されたウェットフードです。そのため、余分な砂糖や塩、グリセリンや防腐剤などの人工添加物は一切使用していません。また、原材料は全てニュージランド産のヒューマングレードのものを用いています。

さらに肉の原材料は自然放牧で育てている契約農家から仕入れているため、原材料の品質も十分安心できるものです。ただし、穀類や芋類も使用していないグレインフリーを明記していますが、植物性タンパク質を一切使用していないのではなく、増粘剤としてひよこ豆は使用されています。

5.プレイアーデン

プレイアーデンは、原材料を全てドイツで100%有機と認められたオーガニックの肉や野菜のみを使用している非常に高品質なウェットフードです。

日本のペットフードでは「オーガニック」の定義が曖昧になりがちですが、本製品のオーガニックはドイツの基準をクリアしたものですので信頼性の高いものです。

さらには、全てのラインナップには小麦グルテンフリーを達成しており、さらにはドイツ牛と七面鳥では、トウモロコシ、小麦、大麦、米などの穀物を使用していないグレインフリーとなっています。

6.フォルツァ10


フォルツァ10の特徴は、特定の疾患に対応したいわゆる療法食をラインナップしている点です。

皮膚や被毛の疾患を始め、胃腸、腎臓、泌尿器系の疾患にも対応したウェットフードがあります。ただし、これらの疾患は、同じ皮膚疾患といっても、病気のメカニズムなどが大きく異なることもあるため、使用にあたってはかかりつけの獣医師と必ず相談するようにしてください。ただし、療法食タイプのものでも総合栄養食の基準は満たしているため、食べさせることで栄養学的な問題が起こるわけではありません。

さらに本シリーズには、有機原材料を用いて、有機認定を受けたシリーズもあります

通常、ドッグフードの有機、つまりオーガニックと言えば、原材料がオーガニックというケースと、完成したドッグフードがオーガニック認定を受けているケースがあります。

もちろんドッグフード自体がオーガニック認定を受けている方がより安心できますが、現実的には認定を受けることは非常に難しいと言われています。しかし本製品「エブリデイビオライン」は製品としてオーガニックの認定を受けていますので、オーガニック製品の中でも非常に品質の高いものと言えます。

ウェットのドッグフードのメリットデメリット

◎消化性が高い

ウェットフードのメリットは、まずその消化性の高さです。

ドライフードと比較すると非常に消化の良いものになりますので、体にとっての負担が少なくなります。

しかし、ウェットフードの中でも品質の悪い食材を原材料に使っていた場合や脂質が多いものは、お腹を壊しやすいため注意が必要です。

◎嗜好性が高い

ウェットフードのもう一つのメリットには嗜好性の高さがあります。

ドライフードの食いつきが悪い時も、ウェットフードなら食べるという犬も多くみられます

さらには、ドライフード+お水よりも、ウェットフードとして水分を摂取した方が、体内での代謝に利用されやすいため、より体が利用しやすい体に優しい食事となります。

×ドライと比べて高い

ウェットフードのデメリットは、そのコストパフォーマンスの悪さ、つまり高価な点です。

ドライフードは、原材料となる食材から必要な栄養成分だけを抽出したものを混ぜることができますが、ウェットフードは基本的には食材そのものを用いるため、どうしてもコストがかかってしまいます。

×噛む力が養えない

またウェットフードは非常に柔らかいため『噛む』力を養うことが難しくなります

噛むという行動は健康維持にとって非常に重要なことなので、噛む機会が減ってしまうと、長期的には健康上のデメリットが生じる可能性があります。

ウェットフードとは別におもちゃやおやつで噛む機会を作ってあげた方がよいでしょう。食事後の食べかすが口の中に残りやすく、歯周病の原因となってしまう可能性もあります。

ウェットタイプのドッグフードが適した犬のタイプ

消火機能に問題がある犬

消化機能に問題のある犬にとっては、ドライフードよりもウェットフードの方がより適していると言えるでしょう。消化器アレルギーや炎症性腸疾患といった病気を持つ犬では、消化性の高い食事を続けることで、腸の症状が落ち着いてくれることがあります。

また、膀胱結石や膀胱炎など泌尿器系の病気を持つ犬でもウェットフードが役立ちます。これらの病気では尿量を増やして、排尿回数を多くしてあげることで、膀胱の中の衛生状態を良好に保つことが重要になります。

そこで、ドライフード+お水よりも、ウェットフードを食べさせた方が、明らかに尿量が増えることがわかっていますので、できるだけウェットフードを使うようにしましょう

ただし、これらのような病気の犬に食べさせる際には、専用の療法食が必要な場合もありますし、食べられる食材が限定されたり、特定の栄養成分を制限したりすることもありますので、ウェットフードを選ぶ際には、かかりつけの獣医師と十分に相談した上で食べさせるようにしてください。

高齢のシニア犬

また、健康上問題のない元気な犬でも、高齢になり消化機能が落ちてきた犬や、歯周病などで硬いものをかじることが難しい犬では、ウェットフードが役立つことも多くあります。

もちろん、本来の食事を考えると、ウェットフードはドライフードよりもより犬の消化に適した食事ですので、どんな犬でも総合栄養食のウェットフードを利用することは問題ありません。

ただし、口の中に食べかすが残りやすく、歯周病のリスクを高める可能性がありますので、しっかりと歯磨きをしてあげることも重要になります。

迷っている方に試してもらいたいウェットフード

水分量が多いウェットタイプの中でも保存しやすく、人気があるのが「ブッチ」ドッグフードです。通常缶詰タイプやパウチタイプの場合は保存が基本的には出来ませんが、ブッチは食材のように冷蔵庫で保存して徐々に与えていきます。

また、ウェットタイプの中ではコストも比較的控えめです。

公式サイトの通販で購入される場合は初回のみお得なトライアルセットが用意されており、味が異なる3種類がセットで通常4374円のところを3000円でお試しできます。

ウェットフードにも少ないながらこのページで紹介したような良質なドッグフードがいくつかありますので、愛犬の状態や好みに合うドッグフードをぜひ見つけてください。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る