menu
閉じる

Myドッグフード

モグワンとファインペッツの特徴や成分の違いを比較!

「モグワンとファインペッツはどちらがいいの?」

大切な家族の一員である愛犬を1番に考え、家庭で作る手作り食を厳選食材で再現することに成功したドッグフードモグワン。本気で愛犬の健康維持を考えている飼い主さん向けに開発されたファインペッツ。

どちらも原材料にこだわりを持ち、愛犬のことを1番に考え製造されたドッグフードです。一見すると大きな違いがないように感じますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

モグワンとファインペットの特徴を知ろう

モグワンの特徴

モグワンは、大切な家族の一員である愛犬の食いつきの良さと健康を求めて開発されたプレミアムドッグフードです。

また、イギリスのプレミアムドッグフードカナガンのスタッフが、2年の歳月をかけて開発したという経緯があります。

モグワンは愛犬の毎日の食事を理想的なものにするため、動物性たんぱく質50%以上・穀物不使用・無添加・全犬種、全ライフステージに対応ており、満足度が非常に高いドッグフードとしても知られています。

ファインペッツの特徴

ファインペッツは、愛犬の健康維持を1番に考え開発されたドッグフードのため、原材料だけでなく、安全性にこだわりもち、長期に渡り内面から健康でいられるように徹底的にこだわぬいたドッツフードとして知られています。

また、フードの質やフードが与える影響にも考慮し、フードを食べ始めてから3ヵ月後(体内の変化が起こるサイクルがおよそ3が月をひとつのサイクルとして考えるため)に、食べ始める前との違いに期待が持てる言われている程です。

モグワンとファインペッツの原材料や成分の違いとは?

モグワンとファインペッツの原材料を比較

調査項目 モグワン ファインペッツ
メインの原材料 【◎】高品質な肉や魚がメイン
厳選されたチキン生肉やサーモンを原材料に使用
【◎】高品質な肉や魚がメイン
鹿肉、鶏肉などの肉原材料を全体の8割に使用
穀物の使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
消化性に配慮してトウモロコシなどの穀物を不使用
【△】穀物を原材料に使用
穀物が使用されていますが消化吸収率が高いフードのため問題なし
合成保存料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
天然由来成分のみ使用
【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
天然由来成分のみ使用

モグワンとファインペッツの保証成分を比較

保証成分 モグワン ファインペッツ
粗タンパク質 28% 27%
脂質 12% 16.0%
粗繊維 3% 5%
粗灰分 8% 8%
水分 8% 8%
エネルギー 344kcal(100gあたり) 440kcal(100gあたり)

モグワンの原材料・成分の特徴

・こだわりぬいた厳選素材

自宅で丁寧に手作りした栄養満点ご飯を目指して開発されているため、原材料はすべてヒューマングレードです。厳選した肉・魚・野菜・フルーツをバランス配合しています。

・動物性たんぱく質を豊富に含んでいる

犬は本来、肉食動物と考えられています。そのため、本来あるべき犬の食生活に考慮し、新鮮なチキン生肉の他に、生サーモンを使用することにより、動物性たんぱく質を原材料の50%以上に含んでいます。

また、穀物不使用のグレインフリーのため、消化に負担がかかりません。

・人口添加物等不使用

愛犬の健康維持を考え、人工添加物等は一切使用していません。

保存料(フードコーティングの油の酸化防止剤)には、天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しているため、愛犬の身体に負担がかかることもありません。

ファインペッツの原材料・成分の特徴

・ヒューマングレードの厳選食材

ファインペッツは、本当に良いフードについて考え抜かれたドッグフードのため、肉類の副産物は一切使用せず、ヒューマングレートの原材料を使用しています。

また、熱に弱い原材料に関しては、栄養成分の減少を考えてにオーブンベイク後に添加・加工されています。

・中国産材料不使用

品質管理の観点からファインペッツでは中国産原材料を使用していません。また、犬にとってアレルギー性の強い「牛肉」及び「牛肉関連商品」も使用していません。

・明確な成分表示

フードに含まれている原材料すべての含有量が(ビタミン・ミネラルの含有量に関しても)、しっかりとホームページに記載されています。

そのため、フードに含まれる成分を飼い主さんがしっかりと把握できるため、食べ続ける限り安全・安心して愛犬に与えることが可能です。

気になるモグワンとファインペッツの価格の違いは?

モグワンとファインペッツの価格を比較しました。

調査項目 モグワン ファインペッツ
価格
[内容量]
通常価格:3,960円[1.8kg]
定期購入:3,564円[1.8kg]
通常価格:3,394円[1.5kg]
キャンペーン:1,000円[1.5kg] (初回)
1㎏あたりの価格 定期購入:1,980円 通常価格:2,262円

※ファインペッツの価格は 2017/12/23 調査

モグワンの価格や購入方法

モグワンは、店頭での取り扱いがないため、公式サイトの通販で購入する必要があります。購入方法は以下の2種類があります。

・通常購入

モグワンのラインナップは1種類のみで、販売価格は 1.8kgで3.960円(税抜)です。

購入金額が7,000円以上で5%OFF・20,000円以上で10%OFFと割引されていき、送料は全国一律640円となります。(10,000円以上で送料無料)

・定期購入

配送サイクル・休止・再開がいつでも可能な定期コースに申し込むことにより、1.8kgが10%OFFの3,564円(税抜)で購入することができます。

また、割引率が通常購入とは異なり、購入金額が7,000円未満で10%OFF・7,000円以上で15%OFF・20,000円以上で20%OFFとなっています。ただし、送料に関しては、通常購入時と同じになります。

ファインペッツの価格や購入方法

モグワン同様にファインペッツも店頭販売を行っていないため、公式サイトにて購入する必要があります。

・初回お試し

初めてご注文するお客様限定で、通常1.5kgが3,142円(税抜)のところ、1.5kgが1,000円(税抜)で購入できます。

まずは初回お試しを利用しない理由はありません。ちなみに、送料は各都道府県によって異なるため、公式サイトにて確認をして下さい。

・定期購入

定期コースに申し込むことにより、1.5kgが3,142円(税抜)・4kgが6,476円(税抜)8kgが12,857円(税抜)・16kgが22,857円(税抜)と、規格の選択が可能です。

また、周期が選べるため、フード切れの心配もなく購入することが可能です。

また、定期購入をすることにより、通常1.5kgが3,142円(税抜)のところ、1~9回目までは210円OFF・10回目以降は10%OFFになります。

さらに、節目割引があり、20回目は20%OFF・50回目は50%OFF・100回目からは10回目毎に100%OFF、つまり無料になるのです。

ちなみに、購入金額3,000円以上で送料が無料になります。

モグワンとファインペッツはどんな人におすすめ?

モグワンはこんな人におすすめ

モグワンは、以下に挙げるような悩みを抱える飼い主さんと愛犬におすすめのプレミアドッグフードです。

・好き嫌いが激しい
・食いつき重視で添加物だらけのフードは食べさせたくない
・市販のフードを与えていると、口臭が気になる
・フードの種類がありすぎて、どれが犬の健康に良いのかよく分からない

モグワンは、厳選された食材をシンプルに使用したドッグフードです。

そのため、シンプルでありがならも、愛犬の健康維持に必要な栄養素が十分に含まれているため、モグワンだけで、余分なものを摂取することなく必要なものだけをしっかりと消化吸収できるのです。

ファインペッツはこんな人におすすめ

ファインペッツは、以下に挙げるような悩みを抱える飼い主さんと愛犬におすすめのプレミアムドッグフードです。

・小粒よりも大粒を好む傾向がある
・原材料が明確なものがなく心配
・無添加と言っても、本当にそうなのか信用できない

ファインペッツは、愛犬の健康維持に徹底的にこだわりぬいたドッグフードのため、原材料や含有量に関してもしっかりと明確に表示されているため、安心して与えることが可能です。

また、規格が多いだけでなく、大粒タイプもあるため、大粒がなかなかなくて悩んでいた大型犬の飼い主さんにもおすすめです。

モグワンとファインペッツの比較まとめ

厳選した食材をシンプルに使用したモグワンと健康維持に徹底的にこだわりぬいたファインペッツどちらも、愛犬の健康を1番に考え抜いて開発されたドッグフードです。

そのため、どちらのドッグフードにも魅力があり、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、両方試してみるのも方法かもしれません。そうすることで、愛犬の好みが分かるだけでなく、飼い主さん自身の目で、愛犬の変化に気づくことができるでしょう。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る