menu
閉じる

Myドッグフード

カナガンを子犬に与えても大丈夫?子犬への与え方を紹介

「カナガンを子犬に与えても大丈夫?」

子犬は、必要とする栄養素が全ライフステージの中でも最も高いと言われているため、カナガンを子犬に与えることに不安を感じてしまう飼い主さんもいるとは思います。

でも大丈夫です。

イギリス産高級グレインフリードッグフードのカナガンは、全犬種・全ライフステージに対応したドッグフードです。

また、食いつきが良く犬にとってベストな栄養バランスと、ナチュラルな原材料のみを使用しているため、子犬にも安心して与えることができます。

カナガンの公式サイトでもこのように記載されています。

Q.カナガンを子犬に与えることはできますか?
A.子犬にも与えることができます。カナガンは、市販されている、子犬専用ドッグフードと比較しても、きわめて高タンパクです。子犬が必要とする栄養素を十分に満たしています。カルシウムやリンも、子犬にとって最適バランスで配合されています。
※引用元:カナガンの公式サイト

しかし!

子犬にカナガンを与える場合は注意も必要です。

オールステージ対応のカナガンとはいえ、子犬にドッグフードを与える場合、適切な量や適切な与え方が必要で、間違った与え方をしてしまうと問題が起きることがあります。

運営者
mop
子犬にカナガンを与える方法と適切な量の考え方を紹介します。

子犬にカナガンを与える方法

カナガンを子犬に与えることができる時期は、生後2ヵ月以降です。離乳食を開始する頃から、カナガンを愛犬に与えることが可能です。

生後2か月から4か月の時期にカナガンを離乳食として与える場合、カナガンをお湯でふやかし柔らかくした状態で与えるようします。

子犬は消化器官がまが未発達のため、消化がうまくできません。

生後2ヶ月の子犬にカナガンを与える場合は、1日に3~4回、少量を少しずつ与えるようにしましょう。そうすることで、消化器官に負担をかけずに与えることができます。

生後4ヵ月を過ぎていれば、カナガンをふやかすことなくドライのまま与えて問題ありません、生後6か月までは、1日3~4回に分けて与えるようにしましょう。

運営者
mop
ふやかしをやめる時期は食べやすさや便の状態を見ながら様子を見て切り替えていきましょう。

子犬への1日あたりのカナガンの給餌量は?

生後2ヵ月から13ヵ月までの1日の体重別給餌量は以下の通りです。

※引用元:カナガンの公式サイト

以上が基準はありますが、個体差もあるためあくまでも目安となります。そのため、実際に与えながら愛犬の食事量を見て、給餌量を調整していきます。

子犬に与えた場合のカナガンの料金

カナガンを子犬に与える場合のコストはどれくらい掛かるのでしょうか?

カナガンは通販のみで取り扱いがあるドッグフードで公式サイトから購入でき、通常購入(都度購入)と定期購入(継続)の2種類の購入方法があります。

それぞれの価格は?

通常購入:3,960円(税抜)
定期購入:3,168円~3,564円(税抜)(10%~20%OFF)

定期購入とは?

定期購入コースは予め配送してほしい周期とその際の個数を設定しておき、タイミングが来たら配送される仕組みです。購入個数やお届けの周期は途中で変更可能な注文方法です。定期的に届けてもらう個数が多くなればその分割引が適用されるお得なプランです。

子犬に与える場合はどれくらいの個数が必要になるのか、生後3ヵ月で体重が5kgの小型犬を例として計算していきます。

生後3ヵ月で体重が5kgの場合、1日の給餌量が65gで2kgの1袋は約1ヶ月でなくなる計算になります。

カナガンには定期コースがあるため、定期コースを申し込むと、2kgが3,564円で購入することができます。

カナガンには、購入価格が7,000円未満で10%OFF・7,000円以上で15%OFF・20,000円以上で20%OFFと割引されてくため、2~3ヶ月分ほど購入しておくと、コストを抑えて購入することが可能です。

運営者
mop
子犬のうちは1日の給餌量が少ないため、一袋で1ヶ月程もつことも多いですが、成長すると給餌量が増えていきます。カナガンを購入する際は、愛犬の体重と1日の給餌量を計算して個数を選ぶと良いでしょう。

カナガンは子犬にもオススメのドッグフード

あやちゃん
カナガンが子犬に与えられるのは分かったけど、店舗で買えるコスパが良いドッグフードとは違うの?

カナガンはグレインフリーのドッグフードのため、小麦やとうもろこしなどの食物性たんぱく質である穀物を使用していません。

特に子犬の場合、消化器官が未発達のため、穀物を摂取することにより消化不良を引き起こすリスクが、成犬時よりも高い可能性もあります。そうした観点から見ても、カナガンは子犬にも安心して与えることができるドッグフードです。

全ライフステージに対応したドッグフードのカナガンは、新鮮なチキンをふんだんに使用し、厳選した野菜をバランスよく配合して製造された獣医師もおすすめするドッグフードです。

もちろん、グレインフリー・高たんぱく・ナチュラルな原材料のみを使用・保存料や着色料など気になる人口添加物は不使用のため、子犬にも安心して与えることができるドッグフードなのです。

カナガンが子犬にも与えられる理由のまとめ

・全年齢対応のドッグフードなので子犬も食べられる
・消化しづらい穀物は不使用なので子犬でも安心
・新鮮なチキンなどの良質なたんぱく質を原材料に使用
・人工保存料や着色料などの添加物は不使用で安心
・ウェットタイプもあるためドライフードが食べづらくても大丈夫

子犬のドッグフード選びに悩んでいたら、是非カナガンを選んでみてはいかがでしょうか。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る