menu
閉じる

Myドッグフード

カナガンは老犬にも与えられるの?シニア犬にもOK→その理由は??

「カナガンはシニア犬にも与えられるの?」

カナガンのドッグフードは、良質な原材料を使用したイギリスで人気のドッグフードです。

愛犬がシニア期に入りカナガンを与えてみようと思った方が気になる、カナガンはシニア犬にも与えられるのかについて調査しました。

・カナガンは老犬専用の商品がないけどでシニア犬にも与えられるの?
・フードを噛む力が弱くなった愛犬でもカナガンは食べるの?

という疑問について紹介していきます。

老犬に与えたいドッグフードの特徴

あやちゃん
シニア犬にはどんなドッグフードを与えれば良いんですか?

犬種や犬の健康状況によっても異なりますが、平均寿命は7歳~15歳前後と言われており、一般的に大型犬より小型犬の方が長生きをする傾向にあります。

私たち人間と比較すると、犬は私たち人間よりも早く年をとり1年間で3歳程と言われています。そのため、小・中型犬で7歳を過ぎた頃からシニア期に入ります。

シニア期に入ると、体力の衰る・若い頃に比べて寝ている時間のほうが長くなる・活発さもなくなるなどの様子が見受けられます。

年をとることにより必要な栄養素のバランスが変わってくるため、ライフステージ毎に販売されているドッグフードの場合、以下のような栄養素がドッグフードにプラスされることがあります。

関節サポートを目的としたグルコサミン
活力を保つためにEPA・DHAがプラス
腎臓機能の維持のためにリンの含有量を調整

カナガンがシニア犬にもおすすめできるポイント

運営者
mop
カナガンは全ライフステージに対応したドッグフードのためシニア犬にも与えられます。

シニア犬用ドッグフードに含まれる成分を配合

カナガンにはシニア犬用のドッグフードに加えられることがある、グルコサミン、コンドロイチン、DHAを含むサーモンオイルを添加しています。

良質なたんぱく質の原材料を贅沢に含んで製造

シニア犬の健康維持に役立つ良質なたんぱく質である新鮮なチキンの生肉を贅沢に使用して製造されています。

カナガンにはウェットフードがありトッピングとして加えることが出来る

もちろん、ドライフードだけで食べてくれる場合は不要ですが、カナガンにはドライフードのほかにウェットタイプのフードがあり、トッピングとして加えることで食いつきアップが期待できます。

老犬の状態に合わせたカナガンの与え方

老犬であっても、食欲がありドライフードでも問題なく食べてくれる犬であれば、基本的にそのまま与えるだけで十分に栄養を摂取することが可能です。しかし、食欲があまりなく、歯の健康面が気になる場合などには、カナガンに一工夫をすることでより安心して与えられるようになります。

食欲がない老犬に与える場合

食欲がない・食が細い老犬にカナガンのドライフードを与える場合はカナガンをぬるま湯でふやかして香りを強くしてあげる、またはウェットフードをトッピングとして少量混ぜてあげると良いでしょう。

運営者
mop
トッピングを加える場合は元々のカナガンドライフードを少し減らしてあげるなど給餌量も体重の変化を見ながら変えてあげましょう。

食欲はあるが歯がなく硬いものが食べられない場合

老犬になると歯のトラブルも増え、歯があまり残っていないと、ドライフードがうまく食べられないこともあります。カナガンにはウェットフードの取り扱いもあるため、カナガンのウェットフードを与えてあげたり、カナガンのドライフードをお湯でふやかして与えると良いでしょう。

カナガンは老犬にもオススメのドッグフード

カナガンはそのまま与えるのはもちろん、愛犬の健康状態に合わせて+αをすることにより老犬でも安心して食べることができます。そのため、老犬にもオススメできるドッグフードと言えるでしょう。

カナガンがシニア犬にもおすすめ出来る理由のまとめ

・食欲が落ちたシニアにも適したウェットフードもある
・健康維持に欠かせない良質なたんぱく質の原材料を贅沢に含んで製造している
・シニア犬用の栄養補助のためにグルコサミンやサーモンオイルを添加

シニア犬のドッグフード選びに悩んでいたら、カナガンを選んでみてはいかがでしょうか。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る