menu
閉じる

Myドッグフード

ブルーバッファロー ドッグフードを調査!評判口コミ

ブルー バッファロー

愛犬は「飼う」ではなく、大切な家族一員であり大切な友達。そんな想いを持った人たちの集まりから生まれたBLUEは、犬の健康維持をサポートするためにある工夫がされています。そんなブルーバッファローを専門家と共にチェックしてみました。

ブルーバッファローはこんなドッグフード

1.新鮮で栄養価が高い原材料を使用
犬も、私たち人間と同様にたんぱく質・炭水化物・脂肪・水・ビタミン・ミネラルの6大栄養素を必要としています。BLUEでは、これらの栄養素を摂取できるように新鮮で栄養価が高く、消化の良い食材をバランスよく配合して製造されています。

2.副産物ミールやコーンなど気になる原材料は不使用
BLUEは鳥や家禽などの副産物ミールやコーン・小麦・大豆たんぱく、合成着色料・合成香料・合成保存料を使用していません。愛犬家の方々が気になる原材料を極力使用せずに製造されています。

3.ブルーバッファローの独自成分が魅力的
BLUE製品には、ライフソースビッツと呼ばれる焦げ茶色の小さな粒が配合されています。これには、アメリカの獣医師と動物栄養士が選んだ抗酸化栄養素・ビタミン・ミネラルを豊富に含んた特殊な独自製法が取り入れられています。

ブルーバッファローの商品ラインナップ

子犬用から老犬用までのライフサイクルに対応した上で、小型犬から大型犬まで対応できるようにそれぞれ商品が用意されています。

■子犬用チキン&玄米レシピ
■子犬用ラム&オートミールレシピ
■子犬用(超)小型犬チキン&オートミールレシピ
■成犬用チキン&玄米レシピ
■成犬用ラム&玄米レシピ
■成犬用体重管理用チキン&玄米レシピ
■成犬用(超)小型犬用チキン&玄米レシピ
■成犬用(超)小型犬ラム&玄米レシピ
■成犬用(超)小型犬体重管理チキン&玄米レシピ
■成犬用大型犬チキン&玄米レシピ
■高齢犬用チキン&玄米レシピ
■高齢犬用(超)小型犬チキン&玄米レシピ

あやちゃん
そんなブルーバッファローの原材料や成分の品質は実際どうなんでしょうか?

運営者
mop
「ブルーバッファロー ライフプロテクション・フォーミュラ」をドッグフードやペットの専門家と共にブルーバッファローをチェックしてみました!

ブルーバッファローの品質をチェックしました

ブルーバッファロー ライフプロテクション・フォーミュラ」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ブルーバッファロー ライフプロテクション・フォーミュラ
ブランド名 ブルーバッファロー
メーカー名 Blue Buffalo
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 成長期から高齢期に合わせた商品があります。
参考価格[内容量] 3,866円[2.5kg] ( 2018/6/25 Amazon参考価格 )
ブルーバッファロー ライフプロテクション・フォーミュラ 成犬用 チキン&玄米レシピ 2.5kgパッケージを元にチェック
1kgあたりの価格 1,546円
原産国 アメリカ合衆国

基本チェック

メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
高品質で高たんぱくの骨付き鶏肉などを主原料に使用
穀物不使用 【○】小麦やトウモロコシ不使用のグルテンフリー
コーン、小麦、大豆を含まずに製造されています。
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
混合トコフェロール、ローズマリー抽出物で酸化防止

獣医師・フードアドバイザーのチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


ブルーは、子犬用、成犬用、高齢犬用とライフステージ別にラインナップされている総合栄養食です。

さらには各ステージで、キブル(粒)を小さくした『超小型犬用』もラインナップされており、チワワや小型のトイプードルなどの犬種でも使いやすい製品もあります。

また成犬用ではカロリーを抑えた『体重管理用』もありますので、一般的なプレミアムフードでよく見られる「栄養価が高いためすぐ太ってしまう」という問題にも配慮されています。

ブルーは、熱によって失われる抗酸化成分などを配合した『ライフソースビッツ』を含み、一般的な熱をかけて製造されるドライフードでは得られない、抗酸化成分を摂取することができます。

ただし、ブルーバッファロー社は、個人的に動物病院で扱う療法食として取り扱っていますが、具体的なデータによる提示があまりなく、ライフソースビッツに関しても、具体的にどれくらいの抗酸化力があるのかは不明です。

原材料は、ラインナップによってラムやチキンなど、動物性タンパク質の種類が異なりますが、いずれも原材料のメインに動物性タンパク質を使用しています。

また、微生物の発酵産物も数種類取り入れており、消化吸収にも配慮された設計で、さらにはミネラルも吸収しやすいキレート化されたものを用いていますので、原材料の品質はかなり高いと言えます。

成分表示の数値を確認してもタンパク質は十分に含まれています。さらには他のフードでもあまり多く表記されていないDHAやオメガ脂肪酸などの健康に役立つ成分の保証分析値も表記されており、安心できる点だと思います。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


ブルーバッファローはアメリカ産のプレミアムドッグフードで、子犬用・成犬用・高齢犬用の3タイプあります。

主原料となる動物性原料(チキン、ラム)が違うものが用意されているので、「チキンのアレルギーの心配という方」や「肥満気味だからダイエットしたい方」など愛犬の悩みに合わせてドッグフードを選択する事が出来ます。

グレインフリーではありませんが、玄米や大麦、オーツなど全粒穀物を使用しているため、消化率が高く立派なエネルギー源として活躍してくれます。

チキン&玄米に関しては子犬用・成犬用・高齢犬用のすべてのタイプがあるため、成長に合わせたフードの切り替えによる体調への影響を最低限に抑える事が出来ます。

ただ高齢犬用のフードはチキンが主原料の種類しかないため、鶏肉にアレルギーのある子は高齢犬で大幅にフードを変更する必要があります。

子犬用や成犬用にあるラムが主原料のフードでも鶏脂が使用されているため、完全なる排除食には当てはまりませんので、アレルギーが重篤な場合には十分に注意してください。

品質もよく商品ですので食の細い小型犬や老齢犬にオススメです。

ブルーバッファローの購入方法

BLUE製品は、大型のホームセンターなどのペット用品売り場や、動物病院で購入することができます。

また、一度購入し愛犬が食べてくれなかった場合は、全額返金制度があるため、万が一食べてくれなかった場合は、こちらの制度を利用すると良いでしょう。

ブルー製品を愛犬・愛猫に試してみたいけど、食べてくれるかどうかわからない…。弊社では安心して製品をお試しいただけるよう、対象商品※の初回購入1袋に限り、購入代金と郵送料を郵便為替で返金させていただく制度です。販売店舗・動物病院設置の専用の返金ハガキにお買い上げレシート(原本)と製品バーコードを貼付のうえ、ブルーギャランティー事務局までお送りください。

引用:公式サイト

ブルーバッファローのまとめ

海外で有名なブルーは、大切な家族の一員であり大切な友達である犬のために作られた健康維持をサポートしてくれるやさしさに溢れたドッグフードです。

製品ラインナップも多く、愛犬が気に入ってくれた場合は全ライフステージや愛犬の状態に合わせて、切り替えも出来る商品です。

ブルーが気になっている方は一度お試し頂いてはいかがでしょうか?

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2018年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る