menu
閉じる

Myドッグフード

【愛犬家に聞きました】犬に手づくりご飯を与えたことがある人は65%

最近のドッグフードの進化はめざましく、ドライタイプのドッグフードであっても、食味や味、そして栄養のバランスに優れ、ワンちゃんの食いつきも良いという商品が増えています。

また、ウェットタイプのドッグフードも無添加のものが増え、ワンちゃんの健康面に対する配慮がかなりなされているのもわかります。

ですが、たとえばいくら栄養バランスや味が良いといっても、毎日総合栄養食品や缶詰ばかりの食事を愛する家族に食べさせるでしょうか?

やはり、できるだけ手作りの料理を食べさせてあげたいと思う方が多いのではないかと思います。

運営者
mop
愛犬も家族の一員ですから、当然、同様の考えをお持ちの方も多いのではと考え、アンケートを取ってみました。

愛犬のご飯を手作りしたことはありますか?

愛犬のご飯を手作りしたことがある人は結構多い

アンケートによると、65%以上の方が愛犬のご飯を手作りした経験をお持ちだということがわかります。

では、みなさんはどのようなメニューを手作りされているのでしょうか?

ドックフードの好き嫌いが多く、気に入ったものしか食べません。たまに手づくりするのが、大好きなゆでたささみとキャベツ、人参をきざんで一緒に混ぜたものです。(かん様)

夏の暑いときはいつものドックフードを食べてくれません。10歳を過ぎてからは特に健康面が心配なので、食欲が低下している時は野菜の煮物にお肉やお魚も入れて栄養バランスが良くなるようにしています。手作り料理はいつも必ず食べてくれます。(パティー様)

キャベツ・ニンジン・ブロッコリーなどと鶏むね肉を一緒に煮込んだスープをドライフードにトッピングしてあげています。大豆も体に良いそうなので水にも一緒にトッピングしたりカボチャやサツマイモをふかしてあげたりします。でも、やっぱり獣医さんに聞くと完全に栄養バランスが良い食事を作ってあげるのは手作りでは難しいということなので、基本は市販のドライをあげて、おやつやトッピングで手作りの物をあげています。(モネ様)

あやちゃん
アンケートの結果を見ると、みなさんドライフードとの併用を積極的に行っているようですね。
運営者
mop
やはり、栄養バランスだけ見ればドライタイプのドッグフードが優れているといえますね。あまり気張らず、トッピングとして時々手作りするというのが継続させるコツのようです。

愛犬の健康を考えて、あえて手作りしないという意見も

手作りしたことのない方のほとんどが、今後も作るつもりはないと回答しています。
その理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

ドッグフードの方が栄養バランスが考えられており、犬の年齢に合わせたフードの方が愛犬のためにもなると思います。また、自分の食事プラス愛犬の食事となるとかなり手間になり、間違った知識で手作りご飯をあげて体調を崩したらかわいそうだからです。(むむママさん)

手作りのご飯を食べさせてあげたいという気持ちはあるのですが、あげる予定はありません。栄養の偏りや、気づいていないアレルギーのことを考えると躊躇してしまうからです。また栄養だけではなく、摂取カロリーも計算してバランス良くとなるとなかなか難しいものがあると感じてしまいます。(チーズサンド様)

愛犬の年齢は高齢なので、食べ慣れた市販のシニア犬用のドッグフードをあげていきたいと考えています。今から食事内容を変更することで、体調に変化が起きてしまったりするかもしれないと思うと正直不安な気持ちがあるので、今のままでいる予定です。(ひよこ様)

まとめ

良質のドッグフードならば、むしろ手作りのご飯よりも健康的という判断は合理的ですし、自己流でご飯を手作りして、体調を崩してしまっては元も子もありません。

中には、全て手作りは難しいので、ドライフードをメインにしてトッピングの具だけ手作りすると回答された方もいました。

調査結果から、愛犬のごはんは部分的に手作りするというのが受け入れられやすいようです。

アンケート調査概要
アンケート調査期間:2018年10月21日〜2018年11月04日
アンケート有効回答数:101名
アンケート調査方法:インターネットによる調査

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

特集

ページ上部へ戻る