menu
閉じる

Myドッグフード

クプレラ(CUPURERA)の口コミ評価

メインの材料が鹿肉、鶏肉、魚、穀物というように様々な原材料で作られた商品があります。一部の商品にはグレインフリーの商品などがあります。とてもおすすめのブランドです。

クプレラの特徴

クプレラは「イヌ科ネコ科の動物は何を食べているのか」から考えられました。野生生物は生きた動物を捕食しており、その動物はどんなものを食べていたのかというようにさかのぼって必要な栄養素を考えて作られた商品です。その結果、酵素、ビタミン、プロバイオティクスを非加熱にて配合というような一般的なドッグフードでは行われないような手間がかかった作り方をしているようです。

公式サイトの商品説明ページで原材料の詳細が記載されており、どこで作られた原材料かがわかるようになっている点も信頼できる点です。

クプレラの商品ラインナップ

クプレラの商品はアレルギーに対応できるように食材違いやダイエットに配慮された商品など多数のラインナップがあります。

穀物を使用せず、鹿肉がメインの「エクストリーム・プレミアム・ベニソン」鶏肉がメインの「エクストリーム・プレミアム・チキン」魚類( ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)がメインの「ホリスティックグレインフリー」鹿肉がメインで全粒の穀物を使用した「べニソン&スイートポテト・ドッグフード」鹿肉がメインでパピー用の「べニソン&スイートポテト・パピーフード」オーツ麦をメインに使用したカロリーが低い「クラシック・セミベジタリアン・ドッグ」穀物がメインの「クラシック・ラム&ミレット・レギュラー」「クラシック・ラム&ミレット・スモール」がクプレラの商品です。

そんなクプレラの主要商品を評価してみました。

クプレラの評価

合成添加物・抗生物質無使用

クプレラの製造には、化学薬品や合成添加物を一切使用せず、食品基準をクリアしている食材のみを使用しています。犬や猫の祖先をさかのぼり、犬本来の生態系と食物連鎖を考えて作り出されたフードです。また、鹿肉に関しては飼料にも合成添加物が配合されておらず、ホルモン剤や抗生物質・成長促進剤を投与せずに育てた安心できる鹿肉を使用しています。

ヒューマングレードの原材料のみを使用

グルテン、乳、卵、砂糖、塩、ビートパルプ不使用。
また、プロバイオティクスと呼ばれる善玉菌やと酵素を配合しているため腸内環境を整えることが出来ます。新鮮な食材を時間と手間をかけて低温乾燥させることにより素材のうまさや必要な栄養素などが維持され、犬にとっても健康的で嗜好性の高いものが実現されたフードです。

最終仕上げは日本国内

オーストラリア政府のオーガニック認定工場でドッグフードを製造後に日本に送られ、フードの状態にばらつきがないかチェックを受けた後にパッケージングされます。商品開発に関しては日本で企画を行い、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどのドクター監修のもと、研究者と意見交換などを行いながら開発をしています。

ブランドの安心さチェック

原産国 生産国:オーストラリア
オーストラリア政府のオーガニック認定機関で認証された工場で生産され、日本にて製品の品質検査とパッケージングを行っています。パッケージングに関しては、高気密・脱酸素包装により、合成保存料に頼らずに保存性を確保しています。
メーカーの信頼性 犬猫の祖先の捕食や生態系を研究し、犬本来の食物連鎖に着目して作り出しているのがクプレラのフードです。また、ドッグフードの原料となる家畜の飼料や作物の保存の段階から合成保存料や抗生物質などを使用していないヒューマングレードの安全できるドッグフードです。また、限りなく自然の食材に近づけるためプロバイオティクス(善玉菌)と酵素を加熱調理後に配合しています。
購入方法 楽天、Amazon、大型スーパー、ペットショップなどで購入可能です。

主力商品の安心品質

今回は「CUPURERA EXTREME プレミアム・ベニソン」を元に製品が安心して使用できるかをチェックします。

メインの原材料 原材料で一番多く使われているのは鹿肉です。メインの原材料に穀物が使われているドッグフードは犬にとっては消化が悪いため、メインに肉が使われているドッグフードが良いです。
原材料の品質 原材料は人が食べても大丈夫というヒューマングレードを使用しています。また、グルテン、乳、卵、砂糖、塩、ビートパルプ不使用というところも犬に配慮されたドッグフードだということがわかります。また、ビタミン・酵素・プロバイオティクスなどの必須アミノ酸を補てんしていることで栄養価を高いフードだと言えるでしょう。オーストラリアは口蹄疫や鳥インフルエンザの未発生国でもあり、広大な野外の牧草地で飼育された鹿を使用しています。
原材料の明確さ 原材料は細かく記載されているため、明確はあると言えるでしょう。それぞれの素材の原産国もすべて記載がされていて安心できます。また、素材に使用されているオーガニックの原材料も明記されている点も評価が高いポイントです。
酸化防止剤の使用 酸化防止剤を含む化学薬品(防腐剤、防虫剤、防カビ剤)は使用していません。日本に輸入する際に包装・温度管理を厳密に行い、パッケージングには三層構造のアルミパッケージと脱酸素剤および二酸化炭素を使用して酸化を防いでいます。また、原料の鹿肉の飼料にも化学合成添加物やホルモン剤、抗生物質、成長剤なども使用していません。
着色料の使用 合成着色料、天然着色料ともに使用していません。犬にとっては色を識別する能力が低いため、着色料でドッグフードに色をつける必要性はありません。
穀物の使用 穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。鉄分やミネラルを豊富に含む鹿肉と嗜好性の高いさつまいもをベースに作っています。また、鹿肉はアレルギー発生の可能性が低い素材でもあります。
原材料の種類 タンパク質、野菜、フルーツ、ビタミン&ミネラルをバランスよく摂取できる原材料を使用しています。また、素材には化学薬品や合成添加物を一切使用せず、食品基準をクリアしている食材のみを使用しています。
コストパフォーマンス 未評価

サイト運営者のコメント

owner

原料となる家畜の飼料にも化学合成添加物や成長剤などを使用していないので、素材にはかなりのこだわりが感じられます。ただ、オーストラリアでつくって日本で品質チェックとパッケージングを行うまでに品質が落ちないかちょっと心配かな・・・。

クプレラのクチコミ

クプレラは形状がやや特殊で小型犬には少し粒が大きいという口コミがありました。

ペット展で出会ったドッグフードです。今まで与えていただドッグフードはそこまで安いフードを上げない世にこだわりがありましたが、試供品でもらったクプレラを試してみました。今までに与えていただいくつかのドッグフードとは違いフードの粒が丸ではなく、コーンフレークのような形状で食べづらくないかなと思ってはいましたが大丈夫でした。良い品質のフードのようですのでしばらくは続けてみようと思います。

ドッグダム トイプードル

クプレラの評価まとめ

icon

クプレラは原材料の生産国まで表示しているため、とても信頼できるブランドです。合成着色料や合成保存料の使用もないため安心して与えることができます。グレインフリーの商品や主原料が異なる様々なフードがあるため、ワンちゃんのお口に合えばおすすめのブランドです。

公式サイトで詳しく見る

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2017年度版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る