menu

Myドッグフード

アカナ ドッグフードの悪評や口コミを調査!専門家が品質もチェック

アカナ

数々の表彰を受けるチャンピョンペットフーズ社が作るプレミアムドッグフードの代表的な商品であるアカナはどんな商品なのか、成分や原材料の気になる点などを獣医さんと一緒にチェックしました。独自に収集した愛犬家の口コミも掲載しております。購入を検討されている方の参考になればと思います。

アカナの特徴

生物学的に適正なペットフードというコンセプトをもつカナダ産のアカナは、肉食動物である犬の性質を考え、自然環境での食事に近い栄養バランスを考えて製造されています。動物本来の食事を実現したアカナには、以下に挙げる3つの特徴があります。

1.高品質で新鮮な主原料

アカナの主原料には、鶏肉やラム肉をはじめとする高品質で新鮮な動物性たんぱく質をふんだんに使用しています。また、アカナで使用している原材料は、地元カナダ産の食材で製造されています。

2.グルテンフリー

肉食動物である犬の習性を考え、消化が苦手だと考えられている小麦やとうもろこしなどの穀物を一切使用せずに製造されています。

3.製造を一括管理

アカナの製造過程を自社で管理しており、調理過程や出荷前のチェックなどの品質管理も行っています。

アカナの商品ラインナップ毎の特徴

アカナには、全犬種・全ライフステージに対応した【クラッシック】、25年物伝統をもつアカナの主流商品である【ヘリテージ】、肉の含有量が70%もある【レジオナル】食物アレルギーに対応した【シングル】の大きく分けて4種類が販売されています。

クラシックシリーズ

■プレーリーポールトリー
放し飼いの鶏肉と七面鳥、巣に産み落とされた全卵を使用したプレーリーポールトリーは、全原材料の50%が肉でできています。

■ワイルドコースト
栄養価の高いたんぱく質やオメガ3脂肪酸が詰まったワイルドコーストは、新鮮なカレイとニシンとシルバーヘイクという3種類の天然魚を使用しています。

■クラシックレッド
地元カナダで飼育されたアンガスビーフ・ヨークシャー豚肉・ラムを使用したクラシックレッドは、プレーリーポールトリー同様に全原材料の50%が肉でできています。

ヘリテージシリーズ

■パピー・スモール・ブリード
小型犬の子犬向けに作られたパピー・スモール・ブリードは、成長期である子犬の健康維持と、健やかな成長を促すため、原材料の70%に肉を使用しています。

■パピー&ジュニア
中型犬の子犬向けに作られたパピー&ジュニアは、成長期である子犬の健康維持と、健やかな成長を促すため、原材料の70%に肉を使用しています。

■パピー・ラージ・ブリード
大型犬の子犬向けに作られたパピー・ラージ・ブリードは、成長期である子犬の健康維持と、健やかな成長を促すため、原材料の70%に肉を使用しています。

■アダルト・スモール・ブリード
1歳以上の全小型犬成犬用向けに作られたフードで、原材料の60%に、放し飼いの鶏肉・天然魚・巣に産み落とされた卵を使用しています。

■アダルト・ラージ・ブリード
大型犬成犬用向けに作られたフードで、原材料の60%に、放し飼いの鶏肉・天然魚・巣に産み落とされた卵を使用しています。

■アダルトドッグ
全犬種・全ライフステージに対応したフードで、原材料の60%に、放し飼いコッブ種鶏肉・天然魚・巣に産み落とされた卵を使用しています。

■スポーツ&アジリティ
牧羊犬やフライボールの競技を行うスポーツ犬の体力維持のため、原材料の75%に放し飼いの鶏肉・全卵・天然アロートゥースフラウンダーなどの肉を使用しています。

■ライト&フィット
1歳以上の全犬種用向けに作られたフードで、太り気味な犬の体重管理を行うため、体脂肪のもととなる炭水化物の含有量を抑えています。

■シニア・ドッグ
7歳以上の全犬種用向けに作らえたフードで、シニア犬の健康維持のため、良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。

レジオナルシリーズ

■ワイルドプレーリー
放し飼いの鶏肉と七面鳥、巣に産み落とされた全卵、天然魚などを使用したワイルドプレーリーは、自然の栄養が豊富です。また、全犬種・全ライフステージに対応しています。

■パシフィカ
新鮮な天然魚をふんだんに使用したパシフィカは、魚肉を70%も配合した高たんぱく・低炭水化物のフードに仕上がっています。

■グラスランド
カナダ西部の草を食べて育ったラム肉、放し飼いの鴨肉と七面鳥、巣に産み落とされた全卵、天然ノーザンパイクをふんだんに使用したグラスランドは、全犬種・全ライフステージの健康維持をサポートします。

■ランチランド
放し飼いされた牛・羊・豚の赤肉と天然魚を含む地域のユニークで新鮮な原材料を使用したランチランドは、全犬種・全ライフステージの健康維持をサポートします。

シングルシリーズ

■グラスフェッドラム
消化しやすいラム肉を50%配合しており、全犬種・全ライフステージに対応しています。

■フリーランダッグ
消化しやすい鴨肉を50%配合していており、全犬種・全ライフステージに対応しています。

■ヨークシャーポーク
消化しやすい豚肉を50%配合していており、全犬種・全ライフステージに対応しています。

■パシフィックピルチャード
天然イワシを50%配合していており、全犬種・全ライフステージに対応しています。

あやちゃん
種類が豊富なアカナのドックフード。原材料や成分の品質は実際どうなんでしょうか?
運営者
mop
アカナブランドの中で代表的な商品の「アダルト・スモール・ブリード」をドッグフードやペットの専門家と共にチェックした結果を紹介します。

アカナ スモールブリードの品質をチェックしました

アカナ (ACANA)スモールブリード 2.27kg」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 アカナ スモールブリード
ブランド名 アカナ
メーカー名 チャンピオンペットフーズ社
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 4,644円[2.27kg] ( 2017/01/22 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2045円
原産国 カナダ

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料は鶏肉です。動物性たんぱく質を多く取り入れることができます。原材料の表記にも配分量が記載されています。「新鮮鶏肉(12 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(12 %)」。

原材料に「鶏肉ミール」を使用していますが、この表記だとどのような部位が原材料として使用されているか明確ではないためやや不安が残ります。ただ、ペットの生物学的に適切な栄養を考えて「栄養価の高いレバー、ハチノス、軟骨といった、犬と猫が本来食べる新鮮な丸ごと肉をバラエティ豊かにたっぷり使用」という説明が公式サイトでされているため、明確さがない他のブランドと比べると信頼できる商品であるでしょう。

酸化防止剤の使用 アカナは「BHA、BHT、エトキシキン」などの合成保存料は使用していないため、安心して与えることができるでしょう。
着色料の使用 着色料は使用していません。着色料を使用したフードは飼い主が見たときにカラフルでおいしそうに見えますが、犬は色を見分けることができないため不要な成分です。
穀物の使用 以前の改良される前の商品には「スチールカットオーツ」という穀物が含まれていましたが、改良された商品には穀類は含まれていないグレインフリーとなっています。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


アカナは、原材料のクオリティ、ドッグフードの組成に自信を持っているブランドです。オリジンと同じチャンピオンペットフーズ社が製造しています。

一般的にペットフードの原材料の品質管理は、製造メーカーの自主的な管理に任されているため、中にはコスト優先で品質に難あるフードが存在するのも事実です。しかし、アカナはホームページでも、原材料の品質にしっかり触れていますので、その点は安心できると思います。

さらに、「生物学的に適正(TM)」ということで、低炭水化物、高たんぱく質の組成となっており、肉食動物である犬にとって、より本来の食事に近い組成と言えます。ただし、一つだけ気になるのが、オメガ3やオメガ6といった不飽和脂肪酸の品質です。

アカナのドックフードは、低温スチームで製造されているとのことですが、オメガ3や6は熱に弱く、スチームされることで変性してしまう可能性があります。また、スチーム後に添加したとしても、空気に触れたり、光に当たると簡単に変性してしまいますので、開封後の管理が非常に重要になります。

そんなアカナのフードですが、中でもアダルトスモールブリードは、成犬に必要な栄養を満たしており、小型犬用に粒を小さくしていますので、小型犬はもちろん、ドライフードを丸呑みしてしまう犬や、歯が悪く、うまく噛めない犬でも使うことができます。

しかし、アカナアダルトスモールブリードは、実際に診察の中でお腹を壊してしまうケースを時々見かけます。これは2つの要因があると考えています。一つは高炭水化物のフードから切り替えたことで、突然ドックフードの組成が大きく変わってしまい、消化不良を起こしてしまったため。

そしてもう一つが、アカナに限らず酸化防止剤や保存料などの合成添加物がないドックフードは、開封後の品質が劣化しやすいため、それによりお腹を壊してしまったものと考えています。

本製品は、ドックフードの中でも品質が高い製品ですが、これらトラブルを防ぐためにも、フードの切り替えや開封後の品質管理には十分注意して使用されることをお勧めします。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


アカナの製品は原材料の質や豊富な種類にこだわり、新鮮なまま自社工場で製造しています。

原材料の60%がカナダ食品検査庁の認定を受けた鶏肉、カレイ、羊肉を使用しており、残りの40%に健康促進の上で重要な栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)を供給する野菜や果物を使用しています。

旧パッケージでは20%の穀物が配合されていましたが、新パッケージでは穀物不使用に変更されており、穀物などの消化が苦手な犬の消化機能に合わせた配合になっています。

ビタミンやミネラル、アミノ酸のなかには、熱に弱い栄養素もあります。アカナの製造過程には低温スチームによる加熱加工がありますので、熱に弱い栄養素はこの過程で壊れてしまう場合があります。

加熱後に配合している可能性もありますが明確な加工過程が記載されていないため、加熱に弱い栄養素を摂取する場合にはサプリメントの活用がオススメです。

水分量が12%と旧パッケージより多めの配合に変更されています。水分量が多いフードは胃腸(消化機能)には優しいですが、ドライフードでは水分が13%を超えるとカビが生え始めるといわれており12%はギリギリのラインともいえます。

そのため、フードの管理には気を配る必要があります。カビや湿気はもちろん酸化防止の観点からも、開封したフードは1ヶ月以内に消費するように心がけて下さい。

アカナの悪評が気になる!口コミ評判を調査

地元カナダ産の新鮮な鶏肉やラム肉などを厳選して使用しているアカナは、生物学的に適正なドッグフードをコンセプトとして製造されて、ドッグフードに関する数々の賞の受賞歴もあり、高品質のドッグフードに仕上がっています。

そんなアカナを愛犬に与えた方はどのような感想を持ったのか気になりませんか?アカナを購入して愛犬に与えたことがある方の「良い口コミ」と「悪い口コミ」を紹介していきます。

アカナの悪い口コミ(悪評)

運営者
mop
まずは、アカナを購入して悪い感想を持った方の口コミを紹介します。
シリーズによって体質に会わなかったという口コミ

主原料が魚系以外のものは問題なく食べていたのですが、魚は体質の合わなかったようで未消化のまま吐いてしまいました。

喜んで食べている様子でしたが、お腹がゆるくなりなかなか正常な状態に戻りませんでした。体質に合わないようなので良いドッグフードだと思いましたが断念しました。

アカナは、生物学的に適正なドッグフードというコンセプト通りに、犬が自然環境で食べている食事を想定して、できる限りそれに近付くように作られています。

それでも、それが全ての犬の体質に合うことはなく、なかには体質に合わない犬も出てきてしまいます。

口コミにあるように、チキンは問題ないけれど魚は合わないなど、犬によって体質に合う食材と合わない食材があります。
高品質と言われているドッグフードであっても、そのようなことは必ずあることです。

賞味期限の短いものが届いたという口コミ

届いたその日に確認したら賞味期限が50日以内のものでした。炎天下を走ってきたトラックに積まれていたので品質的にも少し不安になりました。

定価より安く買えるのは良かったのですが、賞味期限が短くて驚きました。やはり公式サイト経由で購入しないとダメですかね

アカナの賞味期限は、開封前の物で約10ヶ月とされていますので、正規の販売店などで購入すると、賞味期限の残りは最低でも約6ヶ月程度はあるものが配送されてきます。

ところが一部の通販サイトなどで購入した場合、賞味期限が2ヶ月程度のものが配送されてくることも発生しています。

その分、価格が安くなっていることもありますが、そのようなサイトでは賞味期限も記載されていないことが多く、購入前に確認をすることも難しいです。

通常価格よりもかなり安い価格で販売されている場合には、その点には注意しましょう。

あやちゃん
つい価格が安いところで購入してしまいがちですが、注意しなければいけない場合もあるんですね。

アカナの良い口コミ

運営者
mop
次に、アカナを購入して良い感想を持った方の口コミを紹介します。
グレインフリーが嬉しいという口コミ

多頭飼いのうちの1頭が小麦アレルギーなので、グレインフリーのアカナを与えています。とても健康に育っています。

グレインフリーのドッグフードをいくつか試してきましたが、アカナは愛犬の体質に合っているようで毛ツヤもとても良いです。これからも継続します。

アカナは、穀物類の消化を得意としていない犬の特性を考慮し、小麦やトウモロコシなどの穀物類を使用せずに作られています。

最近では穀物アレルギーを発症する犬が増えてきていると言われていますが、アカナは穀物不使用のグレインフリーなので、穀物にアレルギーがある愛犬にも安心して与えることができますね!

お腹の調子が良いという口コミ

ブリーダーにすすめられたドッグフードはお腹がゆるくなってしまったのですが、アカナに変更してからお腹の調子がとても良いです。

黒くてツヤのあるキレイなウンチをするようになりました。お腹の調子が良い証拠だと思います。

アカナは、犬の健康的な体作りには必要なタンパク質が豊富に含まれているだけでなく、新鮮な野菜や果物を丸ごと使用しています。タンパク質以外の栄養素も摂取することが出来るのでしょう。

美味しそうによく食べてくれるという口コミ

数年に渡りアカナを与えています。相変わらず美味しそうに喜んで食べてくれます。クセが強くない様子で、匂いもあまり気になりません。

色々なドッグフードを試してきましたが、アカナが一番喜んで食べてくれます。

アカナは、人が食べられるレベルの新鮮な肉類を原材料として豊富に使用しています。肉類が持つ美味しさや風味が食い付きの良さに繋がっているのでしょう。

あやちゃん
良い口コミを書かれている方は、愛犬のために継続していこうと考えている方が多いですね。 

インタビューさせて頂いたアカナ愛用者の声

アカナを愛犬に与えたことがある方に当サイト独自にインタビューさせて頂いた口コミを紹介します。

クチコミ(トイプードル)
安心して与えることができます
我が家には12歳と11歳のトイプードルがいます。もうシニア犬なので、色々と健康面にて問題も出てくるようになりました。と同時に、食欲がなくなり、痩せるようになりました。そこで様々なドッグフードを試してみることに。しかし、やはり食いつきが悪かったです。ところが、このアカナというブランドのドッグフードを与えたところ、ぺろりと一皿食べてしまいました。しかも、このアカナというブランド、人間用食材と認定を受けた食材を使用して製造しているので、とても手間のかかったフードであり、どのペットフードよりも安心して与えることができます。
商品:アダルトスモールブリード
使用歴:12ヵ月以上

クチコミ(シーズー)
これからもリピしたいです
様々なドッグフードを買ってきましたが、可愛い愛犬の為にもっと美味しいドッグフードを与えたいと思ってこちらを買いました。愛犬が好きそうな肉のにおいがしこのドッグフードを与えてると、ガッツリ美味しく食べています。以前よりも食い付きが良くなったばかりか、毛質に艶がでたりウンチの出方の状態も良くなって素晴らしいドッグフードでしたね。悪いところがないしいっぱい食べてくれるのが嬉しいので、これからもリピしたいです。
商品:アダルトスモールブリード
使用歴:3ヵ月以上
クチコミ(マルチーズ)
味も好みなのか喜んで食べてくれています
ネットでいいドッグフードと検索すると、大概「アカナ」という名前が出てくるので、気になって試してみました。アレルギーがあるうちの仔に合うか心配しましたが、全く問題なさそうです。味も好みなのか喜んで食べてくれています。フード自体も、変にベタベタもしませんし、臭さもないです。ウンチに関しては、若干量が減った気もします。その分、栄養が吸収されているということでしょうか?量は減りましたが、特別固すぎるということでもないので、問題ないかなと思ってます。様子を見て良さそうなら、続けてあげてみようかと思います。
商品:アダルトスモールブリード
使用歴:3ヵ月以上
クチコミ(柴犬)
食いつきも良い
以前食べていたドッグフードが飽きてしまったのか食いつきが悪くなってきたので、アカナのアップル&オカナガンに変えてみました。選んだ理由は口コミを参考に、そして日本国内で製造していない自然派のドッグフードという事で購入しましたが、思った通りうちの犬に合うドッグフードでした。食いつきも良いですし、ウンチは固くないけど、しっかり形がある程度で常に安定しています。消費期限がやや短めですが、保存料を使用していないということの裏付けだと思っていますのでマイナス要素にはなりません。しばらくドッグフード選びから解放されそうです。
商品:ラム&オカナガンアップル
使用歴:6ヵ月以上

アカナドッグフードの口コミまとめ

運営者
mop
ここまで紹介してきた良い口コミと悪い口コミをまとめて紹介します。
アカナの良い口コミまとめ

・穀物不使用のグレインフリーが嬉しい
・お腹の調子が良い
・食い付きが良い

ドッグフード関連の賞を多く取得しているアカナは、地元産の新鮮な食材にこだわり、製造も自社にて製造を行っています。

価格が少し高めではありますが、ヒューマングレードの素材をふんだんに使用し、犬の体質を考慮して丁寧に作られているドッグフードのため継続利用している方が多いです。

アカナの悪評まとめ

・シリーズによって体質に合わなかった
・賞味期限の短いものが届いた

犬の体質に考慮して作られているドッグフードでも、全ての犬にピッタリ合うわけではありません。使われている主原料次第では、体質に合わない場合もあるでしょう。

また、通販サイトによっては長期在庫されたものが配送されてくる場合がありますので、購入前には賞味期限を確認するか、公式販売店にて購入するのがおすすめです。

口コミからわかるアカナをおすすめ出来る方

あやちゃん
良い口コミと悪い口コミをいくつか紹介してきましたが、アカナはどのような方におすすめできるドッグフードですか?

・原材料がヒューマングレードのドッグフードを探している方
・安心できるドッグフードであれば価格は多少高めでも問題ない方
・グレインフリーのドッグフードを探している方

アカナの口コミには、食い付きが悪いというものは確認できませんでしたが、犬の好みに合わなければ食べてくれないこともあります。

また、食い付きが良くても体質に合わない場合もありますので、アカナを試してみようと思う方は、まずは愛犬の好みそうな主原料のものから試してみてはいかがでしょうか。

アカナの購入方法

アカナでは、クラシックが340g・2kg・6kg・11.4kg・17kg、ヘリテージが340g・2kg・6kg、レジオナルとシングル340g・2kg・6kg・11.4kgと、種類によって規格も異なっています。

店頭でも購入することはできますが、Amazonをはじめとする通販サイトでも購入することができます。

まとめ

生物学的に適正なフードを作っているアカナは、肉原材料をとても大切にし、新鮮な動物性たんぱく質を豊富に摂取することで、身体の内側から健康維持をサポートしてくれます。
気になる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連ページ
どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2019年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。 Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家と作る「愛犬のご飯」をテーマにした情報サイトです。 愛犬家でもある管理人が展示会やペットショップで仕入れた最新情報やドッグフード毎の悪評や口コミを紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

特集

会社概要(レティシアン)
ページ上部へ戻る