menu

Myドッグフード

アカナ(acana)の評価口コミ

アカナ

数々の表彰を受けるチャンピョンペットフーズ社が作るプレミアムドッグフードの代表的な商品であるアカナはどんな商品なのか、成分や原材料の気になる点などを獣医さんと一緒にチェックしました。独自に収集した愛犬家の口コミも掲載しております。購入を検討されている方の参考になればと思います。

アカナとは

iconアカナは新鮮な現地の原材料を元にドッグフードを作るというドッグフードの品質にこだわったブランドです。アカナで使用される鶏や卵などは人間用食材として認定を受けた食材を使用しています。

犬元来の生活に着目して素材を配合

アカナを製造しているチャンピオンペットフーズ社がいう犬の体の構造に合わせたドッグフードとはペットとして飼われる以前の自然な環境では肉の様々な部位を食べていたとこから様々な部位を配合したドッグフードを作っています。

多種多様な商品ラインナップ

同一ブランドで多数の商品製品を製造しています。子犬向けの「パピースモールブリード」、子犬から成長期向けの「パピー&ジュニア」、成犬向けの「アダルトスモールブリード」「アダルトラージブリード」「コッブチキン&グリーン」、老犬向けの「シニアドッグ」低カロリーな「ライト&フィット」、鶏肉などにアレルギーがある愛犬向けに原材料の種類を減らした「ラム&オカナガンアップル」「ダック&バートレット梨」などがあります。

アカナ スモールブリードの評価

アカナ (ACANA)スモールブリード 2.27kg」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 アカナ スモールブリード
ブランド名 アカナ
メーカー名 チャンピオンペットフーズ社
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 4,644円[2.27kg] ( 2017/01/22 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2045円
原産国 カナダ

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料は鶏肉です。動物性たんぱく質を多く取り入れることができます。原材料の表記にも配分量が記載されています。「新鮮鶏肉(12 %)、鶏肉ミール(12 %)、七面鳥肉ミール(12 %)」。

原材料に「鶏肉ミール」を使用していますが、この表記だとどのような部位が原材料として使用されているか明確ではないためやや不安が残ります。ただ、ペットの生物学的に適切な栄養を考えて「栄養価の高いレバー、ハチノス、軟骨といった、犬と猫が本来食べる新鮮な丸ごと肉をバラエティ豊かにたっぷり使用」という説明が公式サイトでされているため、明確さがない他のブランドと比べると信頼できる商品であるでしょう。

酸化防止剤の使用 アカナは「BHA、BHT、エトキシキン」などの合成保存料は使用していないため、安心して与えることができるでしょう。
着色料の使用 着色料は使用していません。着色料を使用したフードは飼い主が見たときにカラフルでおいしそうに見えますが、犬は色を見分けることができないため不要な成分です。
穀物の使用 以前の改良される前の商品には「スチールカットオーツ」という穀物が含まれていましたが、改良された商品には穀類は含まれていないグレインフリーとなっています。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


アカナは、原材料のクオリティ、ドッグフードの組成に自信を持っているブランドです。オリジンと同じチャンピオンペットフーズ社が製造しています。

一般的にペットフードの原材料の品質管理は、製造メーカーの自主的な管理に任されているため、中にはコスト優先で品質に難あるフードが存在するのも事実です。しかし、アカナはホームページでも、原材料の品質にしっかり触れていますので、その点は安心できると思います。

さらに、「生物学的に適正(TM)」ということで、低炭水化物、高たんぱく質の組成となっており、肉食動物である犬にとって、より本来の食事に近い組成と言えます。ただし、一つだけ気になるのが、オメガ3やオメガ6といった不飽和脂肪酸の品質です。

アカナのドックフードは、低温スチームで製造されているとのことですが、オメガ3や6は熱に弱く、スチームされることで変性してしまう可能性があります。また、スチーム後に添加したとしても、空気に触れたり、光に当たると簡単に変性してしまいますので、開封後の管理が非常に重要になります。

そんなアカナのフードですが、中でもアダルトスモールブリードは、成犬に必要な栄養を満たしており、小型犬用に粒を小さくしていますので、小型犬はもちろん、ドライフードを丸呑みしてしまう犬や、歯が悪く、うまく噛めない犬でも使うことができます。

しかし、アカナアダルトスモールブリードは、実際に診察の中でお腹を壊してしまうケースを時々見かけます。これは2つの要因があると考えています。一つは高炭水化物のフードから切り替えたことで、突然ドックフードの組成が大きく変わってしまい、消化不良を起こしてしまったため。

そしてもう一つが、アカナに限らず酸化防止剤や保存料などの合成添加物がないドックフードは、開封後の品質が劣化しやすいため、それによりお腹を壊してしまったものと考えています。

本製品は、ドックフードの中でも品質が高い製品ですが、これらトラブルを防ぐためにも、フードの切り替えや開封後の品質管理には十分注意して使用されることをお勧めします。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


アカナの製品は原材料の質や豊富な種類にこだわり、新鮮なまま自社工場で製造しています。

原材料の60%がカナダ食品検査庁の認定を受けた鶏肉、カレイ、羊肉を使用しており、残りの40%に健康促進の上で重要な栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)を供給する野菜や果物を使用しています。

旧パッケージでは20%の穀物が配合されていましたが、新パッケージでは穀物不使用に変更されており、穀物などの消化が苦手な犬の消化機能に合わせた配合になっています。

ビタミンやミネラル、アミノ酸のなかには、熱に弱い栄養素もあります。アカナの製造過程には低温スチームによる加熱加工がありますので、熱に弱い栄養素はこの過程で壊れてしまう場合があります。

加熱後に配合している可能性もありますが明確な加工過程が記載されていないため、加熱に弱い栄養素を摂取する場合にはサプリメントの活用がオススメです。

水分量が12%と旧パッケージより多めの配合に変更されています。水分量が多いフードは胃腸(消化機能)には優しいですが、ドライフードでは水分が13%を超えるとカビが生え始めるといわれており12%はギリギリのラインともいえます。

そのため、フードの管理には気を配る必要があります。カビや湿気はもちろん酸化防止の観点からも、開封したフードは1ヶ月以内に消費するように心がけて下さい。

口コミ評判

安心して与えることができます
投稿者:annchobi
犬種:トイプードル
商品:アダルトスモールブリード
使用歴:12ヵ月以上

我が家には12歳と11歳のトイプードルがいます。もうシニア犬なので、色々と健康面にて問題も出てくるようになりました。と同時に、食欲がなくなり、痩せるようになりました。そこで様々なドッグフードを試してみることに。しかし、やはり食いつきが悪かったです。ところが、このアカナというブランドのドッグフードを与えたところ、ぺろりと一皿食べてしまいました。しかも、このアカナというブランド、人間用食材と認定を受けた食材を使用して製造しているので、とても手間のかかったフードであり、どのペットフードよりも安心して与えることができます。

これからもリピしたいです
投稿者:ゴロウチキン
犬種:シーズー
商品:アダルトスモールブリード
使用歴:3ヵ月以上

様々なドッグフードを買ってきましたが、可愛い愛犬の為にもっと美味しいドッグフードを与えたいと思ってこちらを買いました。愛犬が好きそうな肉のにおいがしこのドッグフードを与えてると、ガッツリ美味しく食べています。以前よりも食い付きが良くなったばかりか、毛質に艶がでたりウンチの出方の状態も良くなって素晴らしいドッグフードでしたね。悪いところがないしいっぱい食べてくれるのが嬉しいので、これからもリピしたいです。

味も好みなのか喜んで食べてくれています
投稿者:花の花花花
犬種:マルチーズ
商品:アダルトスモールブリード
使用歴:3ヵ月以上

ネットでいいドッグフードと検索すると、大概「アカナ」という名前が出てくるので、気になって試してみました。アレルギーがあるうちの仔に合うか心配しましたが、全く問題なさそうです。味も好みなのか喜んで食べてくれています。フード自体も、変にベタベタもしませんし、臭さもないです。ウンチに関しては、若干量が減った気もします。その分、栄養が吸収されているということでしょうか?量は減りましたが、特別固すぎるということでもないので、問題ないかなと思ってます。様子を見て良さそうなら、続けてあげてみようかと思います。

食いつきも良い
投稿者:こまる
犬種:柴犬
商品:ラム&オカナガンアップル
使用歴:6ヵ月以上

以前食べていたドッグフードが飽きてしまったのか食いつきが悪くなってきたので、アカナのアップル&オカナガンに変えてみました。選んだ理由は口コミを参考に、そして日本国内で製造していない自然派のドッグフードという事で購入しましたが、思った通りうちの犬に合うドッグフードでした。食いつきも良いですし、ウンチは固くないけど、しっかり形がある程度で常に安定しています。消費期限がやや短めですが、保存料を使用していないということの裏付けだと思っていますのでマイナス要素にはなりません。しばらくドッグフード選びから解放されそうです。

評価まとめ

icon
アカナはシリーズでグレインフリーのものや低GIにこだわったもの、犬種や犬のサイズごとの商品を多数販売しています。ワンちゃんの好みに合えば良いドッグフードでしょう。味や材料が異なる種類が多いので同ブランド内でのフードローテーションもできます。

店舗販売はこだわりが強いペット商品販売店舗などでは購入ができますが、スーパーマーケットやホームセンターでの取り扱いがないことが多い商品です。ただ、Amazon、公式通販サイト、楽天等での購入でも購入ができるため購入しやすいブランドです。

価格も店頭で購入するよりも安いことが多いので、アマゾンや楽天などのショッピングモールでも価格をチェックしてみてはいかがでしょうか?

関連ページ
どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2017年度版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る