閉じる
  1. あれもダメなの!?意外と身近にある犬に危険な食べ物
  2. シニア犬用ドッグフードの特徴と選び方
  3. 初めて飼ったら覚えておきたい!ドッグフードの種類と特徴
  4. ドッグフードで注意すべき原材料
  5. 愛犬にぴったりなドッグフードの選び方
  6. ドッグフードの切り替え方法と注意点
  7. 愛犬に必要なドッグフードの栄養素
閉じる

Myドッグフード

シーズーにおすすめのドッグフード

シーズーは愛玩犬として19世紀ごろに誕生した犬種で、ラサアプソとペキニーズを交配して作られたといわれています。戦争時の混乱によりこれら3種類の犬種が混同されていましたが、1935年にイギリスがシーズーを別犬種と認め、1969年にはアメリカンケンネルクラブにより別犬種として公認されました。日本には1963年にやってきたといわれており、1990年代後半にはJKCの登録件数が1位を取り続けるなど人気の犬種になりました。

シーズーは小さい体ながらも丈夫で、愛玩犬として誕生したため気立てが良く温厚な性格で飼いやすい犬種です。そんなシーズーの健康を維持するためにも普段の食事に気を配ってあげて下さい。シーズー専用のフードも販売されており、全犬種対応のフードと合わせると多くのドッグフードがあります。

原材料や成分表をみてぴったりなフードを選択してあげて下さい。

シーズーに適切なドッグフードの選び方

シーズーは短頭種(鼻の長さが短い犬種)で体高より体長のほうがわずかに長いという特徴から緑内障や角膜炎、鼻腔狭窄、皮膚炎、短頭種気道症候群、椎間板ヘルニア、熱中症などの病気に罹りやすい傾向にあります。これらの病気はフードにより予防することは出来ませんが、椎間板ヘルニアや熱中症の原因にもなる肥満に関してはフードにより防ぐ事が出来ます。

肥満に気を付ける

肥満は人と同じで高カロリーフードを与えることにより起るため、低カロリーフードに変更する事で防ぐ事ができます。

成犬の場合、100gあたりのカロリー含有量が300~350kcal程度のフードが理想的です。しかし、低カロリーのフードでも穀物が主原料のフードでは、炭水化物が多く含まれているため体内で糖質に変わり脂肪と結合されると体に中性脂肪として蓄えられてしまいます。

主原料はトウモロコシや白米などの植物性のもの省き、肉や魚など動物性のものを選んであげて下さい。特に脂肪量の少ない鹿肉やターキー、魚が人気です。

また水分を含んだフードは少量でも満足感が得やすく、水分が含まれる事で消化吸収が効率よく行われ胃腸への負担が軽減します。水分が多く含まれるフードは腐敗が早いため、保存料や添加物を使用して賞味期限を延ばしています。

添加物不使用で長期保存できるタイプとして「冷凍フード」が人気になっています。加熱処理を行っていない冷凍フードでは酵素を摂取する事もできます。

シーズー専用のドッグフードは良いのか?

人気の犬種には、専用フードというものが様々なメーカーから販売されています。しかし専用と名前が付いていても、粗悪な原材料や害のある添加物を使用している場合があります。専用だからと過信せずに、原材料や成分表を見て選ぶ必要があります。

シーズーにおすすめのドッグフード

Naturally Fresh「ターキー&ラビット」

Naturally Freshは「そのものをいただくホールフード(素材に手を加えることなく素材のもつ力や栄養素を本来の姿のまま頂く)」をコンセプトに厳しい品質管理を行っています。

穀物は低GI食材を使用しているため消化しやすく、古代穀物ではたくさんのミネラルや必須アミノ酸を摂取できます。この製品ではホルモン剤不使用の七面鳥と上質なウサギの栄養素を余すことなく使用し、栄養素を壊さない90度の低温でゆっくり調理しました。

プロバイオティクス、プレバイオティクス配合でお腹にも優しいドッグフードです。粒の大きさは1×0.5cm四方で小型犬でも食べやすいサイズです。

NOW FRESH「グレインフリー フィッシュアダルト」

NOW FRESHはブランド名の通り、新鮮な食材のみを使用したフレッシュドライフードで、少量をたっぷりの時間をかけて低温(90℃)で調理する新鮮な素材の力を最大限に引き出せるSCSB製法で作られています。

この製品に使われている主タンパク質源はマスやサーモン、ニシンの魚でお肉は一切使用していませんが、タンパク質成分は24%以上含まれています。

魚が主原料だからこそオメガ6脂肪酸は1.4%以上、オメガ3脂肪酸は0.2%以上含有されています。粒の大きさは1cm四方で小型犬でも食べやすいサイズです。

LOTUS「グレインフリーターキーレシピ」

LOTUSは自然界にある健康に良い食材をバランス良く配合したドッグフードで、オーブンを使って低温でゆっくりと熱を加える事で食材のおいしさを1粒に凝縮できるオーブンベイク製法で作られています。

この製品はグレインフリーでターキーを主原料に、プロバイオティクス・プレバイオティクス、オメガ脂肪酸などの栄養素がバランス良く配合されています。タンパク質成分は24%以上、オメガ3脂肪酸0.35%以上、オメガ6脂肪酸2.25%含まれています。

シーズーの給餌量の考え方

肥満を防止するには適切な食事量を与える事も大切です。適切な食事量は、体重による必要カロリーの計算を行いフードに含まれるカロリー量と照らし合せる事で調べる事ができます。

必要カロリーの計算

必要カロリーの計算式は70×体重(kg)の0.75乗×係数(身体活動レベル)で、係数はライフステージなどにより変化します。シーズーの平均体重は骨格などによって個体差がありますが、オスで4.5~6.8㎏、メスで4~6.8kgです。

例えば5kgの避妊済みのメス犬の場合、係数は「1.6」ですので必要カロリーは374kcalとなります。肥満気味の子の場合は、理想体重でカロリー計算を行うといいですよ。肥満の子は一気に体重を落とそうとせず、1週間で体重の0.5~1.5%までの減量に留めましょう。

適切な量

必要カロリーが求まったら、フードに含まれるカロリー数を調べます。パッケージに記載されている成分表にカロリーの項目があります。Naturally Fresh「ターキー&ラビット」の場合、100gが353.5kcalです。このフードを先ほどの5kgの犬に与える場合、1日の量は106gです。(一日のカロリー×100÷フードのカロリー)

4ヶ月未満の子犬は1日4回、4ヶ月以上は1日2回に分けてフードを与えるのが理想です。1日の量を回数で割って与えてください。

以上の計算により理想的なフードの量を与える事が出来ますが、最終的な判断は愛犬の排便の状態で行います。軟便の場合はフードの量が多い、逆に硬便(排便時に力んでいる)の場合は少ない可能性があります。愛犬の様子を見て、理想量を増やしたり減らしたりして下さい。

生後4~5ヶ月頃になると脂肪細胞が活発に発達しはじめるため、この時期に必要以上のカロリーを摂取すると脂肪細胞が異常に増殖してしまいます。一度増えた肥満細胞の数は減らす事が出来ないため、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。成長期といえども必要以上のカロリーを与えないようにて下さい。

ドッグフードを食べない場合の対処方法

愛犬が突然フードを食べなくなったら不安ですよね。フードを食べない場合の対処としては、食欲不振の原因を調べる必要があります。病気の可能性がある場合は獣医師に相談して治療を行う必要があります。栄養補給のために少しでも食べてもらう必要があるため、フードをふやかす、トッピング、サプリメントなどを活用して栄養補給に努めて下さい。

もし、食べない理由が病気ではなく単なるわがままの場合は、上記の方法は不向きです。食べないことでフードが豪華になると学習すると、トッピングするまで食べなくなる事があります。わがままの場合は無視をする事が大切で、一定時間後にフードを片付け次の食事までおやつも禁止する必要があります。

もし3日以上食べない場合は病気である可能性がありますので、獣医師に相談して見て下さい。

シーズーは体が小さくフードの量も少なめですが、フードの影響が大きい傾向にあります。いいものを食べさせることは健康促進にも繋がるため、食い付を考慮しながら最適なフードを選択して下さい。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る