menu

Myドッグフード

犬の涙やけをケアするドッグフードの選び方

トイプードルやチワワなどの小型犬で多くみられる涙やけ。動物病院でも涙やけの相談を受けることはたくさんあります。涙やけが命に関わるとか、生活の質を落としてしまうことはほとんどありませんが、しかしその対策となると結構難しく、悩みを抱えている方も多いと思います。そこで、今回は涙やけの中でもドッグフードとの関連性についてお伝えします。

涙やけが起こる原因とは?

涙やけは実に様々な要因で起こります。

涙の分泌量による問題

例えば、毛による刺激やアレルギー反応によって涙の分泌量が過剰に増えてしまい、その結果、涙で毛が濡れっぱなしなる場合、涙やけは非常に起こりやすくなります。

あるいは鼻涙管という涙が鼻腔へ抜けていくための通り道が狭くなっていたり、詰まってたりする場合、さらには、チワワやシーズー、パグなど目が大きく、涙が溢れやすい犬種などでも涙やけが多くみられます。

涙の成分による問題

また、涙やけの原因の中には、涙の成分によるものもあります。涙の成分には塩分などのミネラルの他に、「脂質」が含まれています。本来、脂質はその粘性によって、涙の膜を作って目を保護したりするのですが、脂質の性質によっては、酸化することで毛を変色させてしまったり、あるいは粘性が強くなり、鼻涙管の通りを悪くしたり詰まらせたりすることがあり、それが原因で涙やけが起きてしまうこともあります。

涙やけを起こしやすい犬種や状態

犬種による特徴

涙やけを起こしやすい犬種の特徴としては、パグやフレンチブルドッグ、シーズーといったいわゆる鼻ぺちゃの短頭種があります。さらにはチワワやトイプードルなどの超小型犬も鼻涙管が細すぎて涙が溢れやすく、涙やけを多く見かける犬種です。

犬の状態による特徴

また、犬種に限らず、アレルギー性皮膚炎を持つ犬では、目の周りの皮膚に病変を持っていることが多く、その部分のかゆみによって涙の量が増えてしまい、涙やけを起こすことがあります。さらには逆さまつげを持つ犬や、まぶたが内反している犬では、毛が直接目を刺激してしまうことで涙の分泌量が増えて、涙やけを起こしてしまいます。

さらには、毛や皮膚がべたついている脂漏症の犬でも、涙が毛にとどまりやすく、涙やけが起こりやすくなります。

涙やけとドッグフードとの関係

涙やけの原因の一つに、涙に含まれる脂質成分によるものがあります。涙の脂質成分は、皮膚など他の体の部分と同様に、食事によって摂取する栄養に強く影響を受けます。そのためドッグフードを変えることで涙やけが改善したり、あるいは逆に涙やけを発症してしまうことがあります。

ドッグフードを変えると涙やけが発生したり改善するケースもある

例えば動物病院でも、尿石症や腎機能低下などの特定の病気を患っている犬に対して、療法食と呼ばれるドッグフードを使った食事療法を実施することがあるのですが、療法食によって病気自体は改善するものの、涙やけが見られるようになってしまうことがあります。

また、逆に、食物アレルギーや食物不耐性を持つ犬では、その治療の一環としてドッグフードを変更すると、病気の症状だけでなく、涙やけも改善するケースもあります。

しかし、ドッグフードで涙やけが改善するメカニズムは、実は完全にはわかっていません。

ドッグフードで改善するメカニズムとは?

これは個人的な考えですが、アレルギーなど炎症を持つ犬や、脂漏症など脂質代謝に問題がある犬では、ドッグフードやサプリメント、あるいは薬によって、症状が改善することで涙やけも改善することが多いため、体の中で起こるミクロの炎症反応が改善することで、涙やけも改善していると考えます。

また、牛肉や豚肉のような常温では固まってしまう油脂と、魚のように常温でも液体で存在する油脂があるように、皮膚や涙に分泌される脂質成分も、ドロドロなものとサラサラのものがあります。それがドッグフードによって摂取する脂質によって、涙の脂質成分がよりサラサラなものになれば、涙やけを起こしにくくなると考えます。

さらには、「酸化反応」を起こしやすい脂質と起こしにくい脂質があります。毛に付着した涙の脂質成分が酸化反応を起こすと、容易に毛を変色させ涙やけを引き起こしますので、やはり食事によって、涙の脂質がより酸化しにくいものになれば、涙やけを防ぐことができるものと考えます。

涙やけを改善するドッグフードの選び方

では、どのようなドッグフードが涙やけを起こしにくいのでしょうか?

最適なフードはそれぞれ異なるのでポイントを押さえて試してみよう

実は、それは一頭一頭異なっていて、同じドッグフードでも、涙やけを起こしてしまう犬もいれば、涙やけが改善する犬もいるのです。ですので、一概に「このドッグフードが良い」というものがないのが難しいところで、いくつかのドッグフードを実際に食べさせてみて、その効果を判定するしかありません。

ドッグフードを試してみる際のポイント

そこで、実際にいろんなドッグフードを試してみる際に、参考にしていただけそうなポイントをご紹介します。

油脂の成分が違うフードに切り替える

ドッグフードのほとんどには油脂が含まれています。今まで食べていたドッグフードに含まれている油脂とは異なる油脂を含むフードに切り替えてみましょう。例えば、大豆油をメインに使っているドッグフードから、菜種油のものに切り替えるなど。

不飽和脂肪酸を含むフードに切り替える

不飽和脂肪酸を多く含むドッグフードに切り替える。例えばサーモンオイルや亜麻仁油を使用しているようなドッグフード。

脂質含有量が異なるドッグフードに切り替える

脂質の含有量が異なるドッグフードに切り替えてみましょう。

涙やけをケアする際の注意点

ドッグフードの酸化に気を付けて保存する

また、脂質をポイントに考えた場合、油脂が空気に触れて酸化してしまうことには最大限の注意を払うべきです。中にはせっかく良い油脂を含むドッグフードでも、開封後の劣化によって涙やけが起きてしまうケースもあるようです。ドッグフードを開封したのちは、なるべく早く使い切るようにしましょう。

ドッグフードを変えられない場合はサプリメント

一方、アレルギーや尿石症などで、特定のドッグフードしか使えない場合は、サーモンオイルなどのサプリメントを添加することで、涙やけが改善するケースもあります。ただし、サプリメントによっては持病を悪化させる恐れがありますので、使用する際は必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

こまめなお手入れも重要

また、涙やけは、ドッグフードなど栄養学的なアプローチだけでなく、普段からのこまめなお手入れも重要です。特にドッグフードで様子を見る場合は、最低でも数週間の期間が必要ですので、その間はしっかりとお手入れもしてあげるようにしましょう。

涙やけとドッグフードとは密接な関係があるのですが、そのメカニズムはあまりよくわかっていません。ですので、涙やけを改善させるために、ドッグフードを変更することは有効な方法なのですが、いわゆる「合う」ドッグフードを探すのには時間がかかります。そのため、少しでも効率よく探せるように本記事がお役に立てば幸いです。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る