閉じる
  1. ドッグフードの切り替え方法と注意点
  2. あれもダメなの!?意外と身近にある犬に危険な食べ物
  3. ドッグフードで注意すべき原材料
  4. シニア犬用ドッグフードの特徴と選び方
  5. 初めて飼ったら覚えておきたい!ドッグフードの種類と特徴
  6. 愛犬に必要なドッグフードの栄養素
  7. 愛犬にぴったりなドッグフードの選び方
閉じる

Myドッグフード

アーテミス オソピュア(Artemis)の評判クチコミ

アーテミス オソピュア

アーテミスシリーズのひとつであるオソピュアのドライフードはグレインフリーが特徴のドッグフードです。アーテミスの中ではあまりメジャーなブランドではないイメージがあるオソピュアはどんなドッグフードなのでしょうか?獣医師さん、ドッグフードの専門家と共に調査しました。

オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾーの評価

アーテミス オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー
ブランド名 アーテミス オソピュア
メーカー名 アーテミス
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 2151円[1.0kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2151円
原産国 アメリカ合衆国

基本チェック

メインの原材料 フレッシュサーモン・ドライサーモンの動物性たんぱくが使用されています。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤の使用はありません。原材料に含まれるハーブなどで酸化を防止しています。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 穀物の使用はありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師

動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本フードは、サーモンをメインに作られたドッグフードです。サーモンはアレルギー用ドッグフードの重要なタンパク源として利用されており、動物病院で処方する療法食でも使われています。また、ガルバンゾー(ひよこ豆)など他のタンパク源も比較的アレルギーがみられにくいものです。

アーテミスブランドは、原材料が高品質ですので、比較的安心してセレクトできるブランドであり、その中でもアレルギーを持つ犬には本製品がオススメです。ただし、アレルギーを持つ犬の中にはサーモンや豆類が合わない犬もいますので、アレルギーを持った愛犬に食べさせるときには、必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

さらに本フードは、グレインフリーであり、穀類を使っていないので、アレルギー以外の犬でも消化性の面では安心してお使いいただけます。

また、これまで食べていたドッグフードの原材料と大きく異なる場合には、たとえ良質なドッグフードに切り替えるときでも、突然切り替えるとお腹を壊すことがありますので、徐々に切り替えるようにしてください。

ただし、このフードではヒューマングレードの原材料を使用しているとありますが、ビタミンやミネラル類の由来が不明なため、どれほどのクオリティのものかは注意する必要があります。

ビタミンやミネラル類は、品質によって生体への吸収や利用状況が異なります。ですので、ドッグフードにしっかり入っていても、吸収されないと問題となることがありますので、実際に食べている犬は定期的に健康状態をチェックすることをお勧めします。

口コミ評判

小粒なので小さいチワワでも食べやすそうでした
投稿者:ぶれ
犬種:チワワ
商品:グレインフリー サーモン&ガルバンゾー 小粒使用歴:1ヵ月以上

涙やけにならないフードを探しているときに食べさせたフードの中のひとつがこのアーテミスのオソピュアサーモン&ガルバンゾーです。サーモンにしてみたのですが、やはり魚なだけあってにおいはあります。しかしその分食い付きはよく、また小粒なので小さいチワワでも食べやすそうでした。おいしそうにしていたのでおすすめです。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る