閉じる
  1. ドッグフードで注意すべき原材料
  2. あれもダメなの!?意外と身近にある犬に危険な食べ物
  3. 愛犬にぴったりなドッグフードの選び方
  4. 初めて飼ったら覚えておきたい!ドッグフードの種類と特徴
  5. 愛犬に必要なドッグフードの栄養素
  6. ドッグフードの切り替え方法と注意点
  7. シニア犬用ドッグフードの特徴と選び方
閉じる

Myドッグフード

ハロー(Halo)の評判クチコミ

ハロー

プレミアムドッグフードの一つであるハローは高品質にこだわりがあるペットショップで取り扱われているドッグフードです。どんな原材料が含まていてどんな品質なのかを獣医師さんとドッグフードの専門家と共にチェックしました。

ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキンの評価

ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキン」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキン
ブランド名 ハロー
メーカー名 HALO
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 2,376円[0.9kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2640円
原産国 アメリカ合衆国

基本チェック

メインの原材料 チキン正肉が第一原材料として使用されてます。
酸化防止剤の使用 ミックストコフェロールやクエン酸という天然由来の酸化防止剤が使用されています。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 エン麦、精白麦という穀物が使用されていますが、グルテンを含まない穀物を使用しています。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師

動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。

本フードはメインの原材料にチキンの正肉を使用しており、チキンの品質も「キッチングレード」という人間が口にできる品質のものを使用しているとのことです。

栄養学的には正肉だけではバランスが取れないのですが、全卵やチキンレバーなど、動物性原材料を豊富に使用しており、栄養のバランスを整えている点も安心できます。

また、原材料にはえん麦、精白麦といった穀類が含まれているのですが、ホームページの情報によると犬で問題となりやすいグルテンは含まないということですので、他の穀類を含むフードよりは消化の面で優れていると思われます。

消化の面ではさらに乳酸菌やビフィズス菌など消化に有用なプロバイオティクスを含んでいますし、ミネラル類もキレート化という吸収性を高めたものを使用していますので、全体として高品質なドッグフードと言えます。

ただし、アレルギーにも配慮とありますが、犬にはチキンアレルギーや野菜エキスで使われている大豆に対するアレルギーなども存在しますので、アレルギーの犬に使用する場合は、事前に動物病院で相談するようにしましょう。

また、亜麻仁やサーモンオイルなど不飽和脂肪酸も添加されており、これらは犬にとって良い油ですが、光や空気に触れたり、熱が加わることで容易に酸化し、体の負担になる油に変性してしまします。ですので開封後の管理には十分な注意が必要です。

またタンパク質が28%以上と、他の一般的なドッグフードに比べて高タンパクですので、腎臓や肝臓に問題のある犬は避けた方が良いかもしれません。

口コミ評判

食いつきの良さには大満足でした
投稿者:ぴっぴ
犬種:チワワ
商品:小粒 ヘルシーチキン
使用歴:6ヵ月以上

加齢に伴い愛犬の毛艶が悪くなったので、高品質なフードを与えたいと購入していたフードです。無添加ドッグフードというだけあって、見た目はシンプルで特に特徴を感じないフードでしたが、好みのうるさい愛犬が初回から喜んで食べてくれ、その食いつきの良さには大満足でした。ウンチの状態はいつも安定して良好でしたが、特に量やニオイが軽減されたわけでもないので満足度は普通。体の内側から健康になっていることを実感できました。価格高めでコスパが悪いのが難点ですね。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る