閉じる
  1. ドッグフードの切り替え方法と注意点
  2. 初めて飼ったら覚えておきたい!ドッグフードの種類と特徴
  3. ドッグフードで注意すべき原材料
  4. あれもダメなの!?意外と身近にある犬に危険な食べ物
  5. 愛犬に必要なドッグフードの栄養素
  6. シニア犬用ドッグフードの特徴と選び方
  7. 愛犬にぴったりなドッグフードの選び方
閉じる

Myドッグフード

ドットわんの評判クチコミ

ドットわん

かわいいパッケージに包まれた国産のドッグフードであるドットわん。国内でも原材料の産地にこだわったドットわんはどんなドッグフードなのかをドッグフードの専門家と共にチェックしました。

ドットわん ドットわんごはん Red mindの評価

ドットわん ドットわんごはん Red mind」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ドットわん ドットわんごはん Red mind
ブランド名 ドットわん
メーカー名 ピュアボックス
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 1,728円[0.5kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 3456円
原産国 日本

基本チェック

メインの原材料 第一原材料には豆腐おからが使用されており、二番目に牛肉が使用されています。
酸化防止剤の使用 酸化防止剤は使用されていません。
着色料の使用 着色料は使用されていません。
穀物の使用 玄米、小麦胚芽などの穀物が使用されています。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師

動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本製品は国産の原材料を使用したドッグフードで、原材料表記の中には市町村レベルの産地が記載されているものもあります。

その一方で、都道府県レベルや「国産」とだけ書かれた原材料もありますが、それに関しては、一定の産地での安定供給が難しく、全国各地から同等の品質のものを集めているということで「国産」という表記になっているそうです(ホームページより)。

また国産原材料の品質も、人間用の食材として安全性の高いものを選んでいるようですので、非常に安心して使用することができます。

しかし、原材料の使用量として「おから」が一番多く使われている点、また3番目に「玄米」が使われている点が気になります。

おからも玄米も、栄養価は非常に高く、原材料として優れたものでありますが、元々は肉食動物である犬にとって、やや消化吸収のしづらい食材ではあります。

ですので、こういった植物性の素材を使用する際は、吸収性を高める処理が必要なのですが、本フードはそういった処理はなされていないため、消化吸収に関しては、体調や毛艶、便の状態などをチェックしながら様子を見る必要があります。

また、おからに含まれる不飽和脂肪酸「リノール酸」は、犬にとっても有益な脂肪分なのですが、空気や光にふれると酸化して変性してしまいます。変性した油脂類は体に害を及ぼすことがありますので、フードの開封後の保管には注意が必要で、なるべく早く使い切るようにしましょう。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る