menu
閉じる

Myドッグフード

ジウィピーク(ZiwiPeak)ドッグフードを調査!評判口コミ

ジウィピーク

ジウィピークのドライフードはエアドライという製法と生肉を贅沢に原材料に使用するという特徴があるドッグフードです。ジウィピークはどんなドッグフードなのか獣医師さんと一緒にチェックしました。

ジウィピーク エアドライ・ドッグフードとは?

iconジウィピーク エアドライ・ドッグフードとは、天然で新鮮な生肉と内臓から出来たプレミアムドッグフードです。そんなジウィピーク エアドライ・ドッグフードには、以下に挙げる2つの特徴があります。

1.エアドライ製法

生肉・内臓・魚・緑イ貝を98%配合したジウィピーク エアドライ・ドッグフードは、エアドライ製法によって製造されています。そのため、熱に弱い酵素や栄養価が損なわれることを最低限に抑えるように設計されています。

2.肉食に近い食事

原材料の98%が肉類でできていますが、残りの2%は、バランスのよい栄養食にするため最低限の炭水化物・ビタミン・ミネラルを配合しています。そのため、栄養価が高いだけでなく、肉食動物である犬の性質に考慮し肉食に近い食事として仕上げられています。

ジウィピーク エアドライのラインナップ

ジウィピーク エアドライは、食物アレルギーに配慮した【ベニソン】、健康的な脳と筋肉の働きを助ける【ラム】、低脂肪・低コレステロールの【ニュージーランドグラスフェッドビーフ】、フレッシュオイルが豊富な【ニュージーランドマッカロー&ラム】、乳酸菌を含む【トライプ&ラム】の5種類が販売されています。

ベニソン

赤身で高たんぱく・低脂肪のベニソンは、優れた品質として需要が高まっているお肉の1つです。また、食物アレルギーに配慮された製品として製造されています。

ラム

高品質なたんぱく源のラムは、健康的な脳と筋肉の働きを助けます。また、ラム肉の他に生レバー・生キドニー・生ハート・生トライプ・生ラングなどの内臓をバランスよく配合することで、より優れた栄養を摂取することができます。

ニュージーランドグラスフェッドビーフ

低脂肪・低コレステロールなだけでなく、オメガ3脂肪酸・ベータカロチン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・カリウムなどのミネラルも豊富に含む製品です。

ニュージーランドマッカロー&ラム

フレッシュオイルが豊富な天然マッカロー(サバ)を配合しているため、嗜好性が高いだけでなくオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸をバランスよく含む製品です。

トライプ&ラム

乳酸菌を豊富に含む生トライプを贅沢に配合している他、たんぱく質・脂肪・酵素・ビタミンがバランスよく配合さている製品です。

あやちゃん
そんなジウィピーク エアドライ・ドッグフードの原材料や成分の品質は実際どうなんでしょうか?
運営者
mop
ドゥロイヤルブランドの中で代表的な商品の「ニュージーランドグラスフェッドビーフ」をドッグフードやペットの専門家と共にチェックした結果を紹介します。

ジウィピーク エアドライ NZグラスフェッド・ビーフの品質をチェックしました

ジウィピーク エアドライ NZグラスフェッド・ビーフ」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ジウィピーク エアドライ NZグラスフェッド・ビーフ
ブランド名 ジウィピーク
メーカー名
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 6,277円[1.0kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 6,277円
原産国 ニュージーランド

基本チェック

メインの原材料 原材料の58%以上にビーフ生肉が使用されています。
酸化防止剤の使用 合成の酸化防止剤は使用されていません。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 穀物の使用はありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。

本製品は原材料をなるべくじっくり加工することで、熱による栄養分の喪失や変性をなるべく抑えたドッグフードです。そのため、通常のドライフードよりも栄養分の消化吸収が良いものと思われます。

原材料に使用されているグラスフェッドビーフとは、牧草を主食にして育った牛のことで、通常、配合飼料などで肥育された牛よりも、体にとって有益な不飽和脂肪酸などが豊富で栄養価が高いと言われています。

ジウィピークは、これら原材料をヒューマングレードのものを用いることでより高品質なドッグフードにしています。

以上より、本ドッグフードは、かなりの高品質なフードと言えます。

また、実際にこれだけのクオリティの高い原材料を用いると、コストもそれだけかかるのですが、本フードの価格もそれなりのものですので、本フードの特徴面も決して誇大なものではないように思います。

なるべく体に負担の少ないドッグフードを取り入れたい方は、安心してお使いいただけるものと思われます。

ただし、このような一般的なドッグフードと品質が大きく異なるフードは、切り替える時に注意が必要です。

これまで一般的なドッグフードに食べ慣れている場合、素材や栄養成分が大きく異なるドッグフードを食べると、お腹を壊したり、逆に便秘になることがあります。

便秘まではいかなくても、ボソボソと崩れるような便になってしまい、排便の処理が大変になることもあります。通常は、時間が経てば体が慣れてくるのですが、なかなか大変な場合は、整腸作用のあるサプリメントなどを併用すると良いかもしれません。


ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


ジウィピークは狩りをして獲物を食べていた犬の歴史を考慮して、良質なニュージーランド産のお肉をふんだんに使用し作られています。

この製品はエア・ドライ製法で生素材を低温でゆっくり温風乾燥しており、栄養価を損なわず嗜好性も高いジャーキータイプのフードに仕上がっています。

ビーフでは牧草牛(グラスフェッドビーフ)を活用しており、脂肪分やコレステロール、飽和脂肪酸が少ないのが特徴です。

主原料として原料の90%以上をこのビーフが占めており、タンパク質成分も34%以上としっかりとタンパク質を摂取する事が出来ます。肉成分も生レバーや生ラング、生トライプなどの内臓も配合されているため、犬本来の食事に限りなく近づけています。

脂肪は28%以上と高めですので、肥満には気を配る必要があります。また、脂肪は酸化しやすい成分ですので開封後の保管や取扱には注意してあげて下さい。

特殊な製法ですので気温や湿度、環境の影響を受けやすく、開封前・開封後共に温度の低い冷暗所で保管し、開封後は8週間以内の使いきりが推奨されています。

トッピングやしつけのご褒美としても活用しやすいタイプですので、幅広く使用する事が出来ます。

口コミ評判

クチコミ(マルチーズ)
フードをあげた時のテンションの高さは尋常じゃありません
まず、こちらの商品、ベニソンつまり、鹿の肉そのままのジャーキーという感じです。匂いもお肉の匂いで私も惹かれてしまうくらいです。ちょっとお値段がお高いのと、お肉オンリーという食事に抵抗があり、これだけを1食分としてはあげていません。基本おやつや、ご褒美としてあげているのですが、このフードをあげた時のテンションの高さは、尋常じゃありません。リビング中走り回り、喜んで食べています。また、これを食べたからといってうんちに変化もなく、いたって健康です。
商品:エアドライ・ベニソン
使用歴:3ヵ月以上

ジウィピーク エアドライ・ドッグフードの購入方法

ベニソンが454g・1kg・2.5kg、ラムが454g・1kg・2.5kg・4kg、ニュージーランドグラスフェッドビーフが454g・1kg・2.5kg・4kg、ニュージーランドマッカロー&ラムが454g・1kg・2.5kg、トライプ&ラムが454g・1kg・2.5kgと、種類によって規格が異なっています。

店頭販売もしていますが、取り扱いの販売店が限られているため、購入は、Amazonをはじめとする通販サイトでの購入が便利です。

まとめ

ジウィピーク エアドライは、肉食動物である犬の特性に考慮し、エアドライ製法にすることで、できる限り栄養価を損なうことなく製品化しています。

また、消化率が95%以上もあり、食べたものの多くを栄養として消化吸収できるのです。気になる方は、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2018年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

特集

ページ上部へ戻る