menu
閉じる

Myドッグフード

フィッシュ4ドッグ ファイネスト ドッグフードを調査!評判口コミ

フィッシュ4ドッグ ファイネスト

フィッシュ4ドッグのドライフードシリーズの中でも定番シリーズであるファイネスト。サーモンや白身魚をメインの原材料に使用した魚がメインのドッグフードのファイネストはどんなドッグフードなのかを獣医師さんと一緒に調査しました。

フィッシュ4ドッグ ファイネストとは?

iconフィッシュ4ドッグの定番シリーズであるファイネストには、以下に挙げる3つの特徴があります。

1.白身魚が主原料

フィッシュ4ドッグ ファイネストの主原料は白身魚です。白身魚には、オメガ3脂肪酸が含まれています。肉が苦手な愛犬でもチャレンジしやすいドッグフードです。

2.消化に配慮した炭水化物源

消化されづらい穀物は使用せず、炭水化物源はスウィートポテトとエンドウを使用しているので愛犬の消化性にも配慮された設計となっています。

3.バランスの取れたGI値

高GI値のポテトと低GI値のエンドウを使用することによりバランスが良いGI値になることを期待して原材料が選定されています。

フィッシュ4ドッグ ファイネストの商品ラインナップ

フィッシュ4ドッグ ファイネストには、イワシを主原料とした【サーディン】、仔犬や授乳中の母犬のための【パピー】、消化器官が弱い犬のための【オーシャンホワイトフィッシュ】、アレルギーに配慮した【サーモン】、小型犬用にギブルを小さくした【トイブリード】の5種類が販売されています。

サーディン

栄養豊富なヒューマングレードのサーディン(イワシ)の身と小骨だけを使用した製品です。

パピー

栄養価が高く消化吸収の良い白身魚を主原料としている他、DHAやEPAも豊富に含まれているので、子犬に適した製品として販売されています。

オーシャンホワイトフィッシュ

栄養価が高く消化吸収の良いオーシャンホワイトフィッシュ(タラ・スズキ・ニシンの白身魚)を使用し、消化器官の弱い犬に向けた製品となっています。

サーモン

アスタキサンチンが豊富な最高品質のサーモンを主原料とした製品で、全ライフステージに対応しています。

トイブリード

最高品質のサーモンを主原料としたトイブリードは、小型犬に適した高たんぱく・高脂肪の製品です。小型犬が食べやすいようにギブルも小さめになっています。

あやちゃん
そんなフィッシュ4ドッグ ファイネストの原材料や成分の品質は実際どうなんでしょうか?
運営者
mop
フィッシュ4ドッグ ファイネストブランドの中で代表的な商品の「サーモン」をドッグフードやペットの専門家と共にチェックした結果を紹介します。

フィッシュ4ドッグ ファイネスト サーモンの品質をチェックしました

フィッシュ4ドッグ ドッグ コンプリートフード ファイネスト サーモン 小粒」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 フィッシュ4ドッグ コンプリートフード ファイネスト サーモン
ブランド名 フィッシュ4ドッグ ファイネスト
メーカー名
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 3,326円[1.5kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2217円
原産国 イギリス

基本チェック

メインの原材料 サーモンがメインの原材料として使用されています。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 米、麦、トウモロコシなどの穀物の使用はありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。

本製品は動物性タンパク質であるサーモンを豊富に含むドッグフードで、犬の消化にとって有利なドッグフードと言えます。

さらにビーフやチキンなどの一般的な原材料に比べて、サーモンは犬にとって有益な不飽和脂肪酸を豊富に含むため、少しでも健康を維持させたいと考える飼い主の方には、安心してご使用いただけるフードだと思います。

さらには、メイン原材料であるサーモンの生育環境も抗生物質不使用など、より安全にこだわって管理されており、さらに安心できる点だと思われます。

また、その一方で、ポテトとエンドウ豆を使用しており、それにより食後の血糖値の上昇をバランスよくしているとあります(ホームページより)。しかし、この点については私は疑問があります。

今のところ、犬の適切な食後血糖値の動きというのは確立されていませんが、本来肉食である犬にとっては、日常の食事の中で、ポテトのような食後血糖値が高くなりやすい食材は不要と考えます。もちろん、激しい運動など、なるべく速やかにエネルギーを取り入れたい場合は有用ですが、今の日本の犬のほとんどは、日常的には必要のないものだと思います。

また、不飽和脂肪酸を多く含むドッグフードは空気や光にふれることで、容易に品質が劣化します。開封後は冷暗所保管、なるべく早く使い切るなど、品質管理には注意が必要です。

本製品は、子犬にも使えるオールステージ対応のドッグフードですが、このようなフードは、成犬にとっては、やや肥満気味になるケースが多いため、食事量の調整が重要になります。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


フィッシュ4ドッグでは名前の通り新鮮な魚を主原料としてフードを製造しており、穀物不使用ですべての原材料比率を公開しています。

ファイネストサーモンでは27.25%が主原料であるサーモンを使用しており、犬の必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸をバランス良く摂取する事が出来ます。

サーモンミールやサーモンオイルを足すとおよそ50%近くが動物性原料ですので、タンパク質もしっかり摂取する事が出来ます。大きな骨やウロコ、内臓などの部位は使わず魚の身と小骨のみを使用していますので安心して与える事が出来ます。

ただ第二原料には高GI値のポテトが来ております。運動量の多い犬種で活発な子にはエネルギー補給にピッタリな高GI食品ですが、小型犬など運動をあまり行わない犬種では肥満の原因になる事もあります。

消化が困難といわれているデンプンに関しては、調理過程において消化吸収しやすいゼラチン化にされているそうなので、胃腸に優しい設計になっています。

化学添加物や穀物不使用なのでアレルギーの心配な愛犬にオススメです。特にチキンやビーフ、ラムなど家畜にアレルギーのある愛犬にも与える事が出来ます。

口コミ評判

クチコミ(トイプードル)
安心して愛犬に与えられるドッグフードは少ないので助かっています
チキンアレルギーが出てしまったので、ラム&ライスも試していましたが、穀物のどれかに反応している様子があり、サーモンを与えることにしました。従来与えていたサーモンの製品がラインナップから消えたことで、新たにフィッシュ4ドッグを獣医に紹介してもらいました。良質な素材を使っているので、小分けにして購入する必要があり、下痢もしなくなって安心しています。防腐剤や添加物を使っていないので、開封後の品質管理をしっかりと行なう必要がありますが、安心して愛犬に与えられるドッグフードは少ないので助かっています。
使用歴:12ヵ月以上

フィッシュ4ドッグ ファイネストの購入方法

フィッシュ4ドッグ ファイネストでは、400g・1.5kg・3kg・6kg・12kgの4つの規格(トイブリードは1.5kgのみ)が販売されています。

全国的には取り扱いが多くない種類のブランドのため、お近くの店舗にフィッシュ4ドッグがない場合はAmazonなどの通販サイトの購入が便利でしょう。

まとめ

サーモンや白身魚を主原料にしたフィッシュ4ドッグ ファイネストは、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれている製品です。気になる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2018年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。愛犬家でもある管理人が展示会や沢山のペットショップにお出かけして仕入れた最新情報も紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

特集

ページ上部へ戻る