menu

Myドッグフード

ロイヤルカナン サイズヘルスニュートリションの評判クチコミ

ロイヤルカナン サイズヘルスニュートリション

様々なペットショップで取り扱いがあるロイヤルカナンのシリーズの一つであるサイズヘルスニュートリションはどんなドッグフードなのかを獣医師さんと一緒にチェックしてみました。

ロイヤルカナン SHN 小型犬成犬用の評価

ロイヤルカナン SHN 小型犬成犬用」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 ロイヤルカナン SHN 小型犬成犬用
ブランド名 ロイヤルカナン サイズヘルスニュートリション
メーカー名 ロイヤルカナン
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 8,618円[8.0kg] ( 2017/04/03 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1077円
原産国

基本チェック

メインの原材料 肉類(鶏、七面鳥)
酸化防止剤の使用 BHAと没食子酸プロピルという酸化防止剤が使用されています。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 トウモロコシなどの穀物が使用されています。ただし、ロイヤルカナンのウェブサイトでは次のように説明されています。「余分な食物繊維や脂肪分を丁寧に取り除いてあるため、消化率が90%以上にもなります。これは何も加工されていない豚肉よりも高い消化率です。」
参考:犬や猫には、穀物を使っていないフードの方がいいと聞きましたが、本当ですか?

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師

動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本製品は「サイズヘルスニュートリション」ということで、犬の中でも小型犬に向けて設計されたフードです。

具体的には、大型犬よりも体重あたりの消費カロリーが多いこと、室内飼育がほとんどで運動不足なことから、消化機能が落ちやすいこと、食べムラが多いことなどを考慮した設計になっています。さらには歯の健康維持や皮膚と被毛の状態を維持させるための成分も配合しています。

それらの特徴をフードの中身で確認してみると、カロリー含有量が一般的なドッグフードよりも多く、消化性の高い高品質なタンパク質を配合、さらにはポリリン酸ナトリウムやオメガ3系不飽和脂肪酸を加えています。

しかし、確かにこれらの特徴をしっかりと満たした成分設計になっていますが、個人的には実際の小型犬の多くが、本フードのコンセプトに適しているかというと、なんとも言えないと考えています。

確かに小型犬の方がエネルギー消費量は多いですが、現実的には肥満の小型犬も多く、カロリーを必要とする小型犬はほとんどいません。

また、消化性の高いタンパク質を含むということですが、原材料をチェックしてみると、確かに肉類を一番多く含み、動物性タンパク質がメインになっていますが、「肉類」とはいわゆる”お肉”だけでなく他の部位も含めた表記ですので、品質が全くわかりません。肉類も品質が低いと当然消化性も落ちてしまいます。

さらにはとうもろこしやとうもろこし粉、コーングルテンと、コーン系の原材料が多量に含まれていますが、動物性タンパク質よりも犬にとっては消化の負担がかかるものです。

いくら肉類や高消化性の植物性分離タンパクを使っていても、トータルすると、どこまで消化性が良いのかがなんとも言えません。

さらには、ポリリン酸による歯周病予防効果ですが、実際に本フードを含む、ポリリン酸含有のドッグフードを食べている犬をたくさん診察させていただいていますが、そこまで現実的な予防効果は見られないと考えています。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る