menu

Myドッグフード

GO!(ゴー)SSシリーズの評判クチコミ

GO!(ゴー!)SSシリーズ

多くの品質が高いドッグフードが製造されているカナダ産のプレミアムフード「GO!」にはFFシリーズ、SSシリーズ、DDシリーズが国内では販売されています。今回はSSシリーズを調査してみました。GOが気になっていた方は一度チェックしてみてください。


GO!SS LID ベニソンの評価

GO! (ゴー) SS LID ベニソン」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 GO!SS LID ベニソン
ブランド名 GO!(ゴー!)
メーカー名 ペットキュリアン
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 成長期・成犬期
参考価格[内容量] 6,588 円[2.72kg] ( 2017/04/04 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2422円
原産国 カナダ

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料にはベニソン生肉、ベニソンミールを使用しています。GOのミールには副産物は含まないと公式サイトに表記されています。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 着色料の使用はありません。
穀物の使用 穀物の使用はありません。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本フードはベニソン(鹿)をメインに使用しているドッグフードです。また肉副産物や成長ホルモンを使った肉も不使用ということで、安全性にも配慮されています。

さらには、動物性タンパク質としてベニソンのみを使用し、牛肉や小麦、トウモロコシなどアレルギーに特徴的な原材料は使用せず、アレルギーを持つ犬にも配慮した設計となっています。

しかし、タンパク源には、ベニソンの他に、タピオカデンプンやエンドウ豆、レンズ豆、ヒヨコ豆を使っており、これらは、小麦やトウモロコシほどではないにしろ、アレルギーの原因になることもある原材料ですので、アレルギーの犬にお使いの場合は、獣医師にしっかりと相談するようにしてください。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


GO!の製品はアレルギーに配慮した設計をしており、ベニソンではベニソンのみをタンパク質源としているため、他の肉類や魚にアレルギーのある愛犬にもオススメです。

消化の難しい穀物なども不使用のため、胃腸の弱い愛犬にも与える事が出来ます。

第二原料にはベニソンミールが記載されていますが、副産物不使用と記載されているため安心して与える事が出来ます。

ベニソンは魚に多く含まれるDHAやEPAを摂取できる食材のため、皮膚被毛の健康サポートに役立つオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸をバランス良く摂取する事が出来ます。

ただエンドウ豆やレンズ豆、ヒヨコ豆と炭水化物を多く含む食材も使用されており、肥満の傾向にある愛犬には注意が必要かもしれません。

ベニソンは脂肪分が少なく肥満防止に役立つとされていますが、これら豆類の割合が多いと肥満対策フードには不向きといえます。

ただこれら豆類は低GI値食材ですので、血糖値の急上昇が起りにくく、腹持ちが良いとされています。

SSBC製法により低温(90℃)でゆっくりと調理しているため、栄養素が壊れにくく、素材の味を最大限活かすことが出来ます。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2017年度版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る