menu

Myドッグフード

キアオラ(kia Ora)ドッグフードの悪評や口コミを調査!専門家が品質もチェック

キアオラ

ニュージーランド産の犬本来の原点に立って本質を追求したドッグフードであるキアオラ。全ての肉原料は自然放牧で育てられたものを使用しています。そんなキアオラにどのような原材料が使用されていてどのような品質なのかを獣医師さんとチェックしてみました。

ドッグフードにお悩みの方へ

【特集】キャンペーン実施中のドッグフード
初回割引・トライアルセットなど今注目のキャンペーンを紹介


キアオラ グラスフェッドビーフの評価

キアオラ グラスフェッドビーフ」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 キアオラ グラスフェッドビーフ
ブランド名 キアオラ
メーカー名 KiaOra
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 5,184円[2.7kg] (2017/04/06 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,920円
原産国 ニュージーランド

基本チェック

メインの原材料 メインの原材料はビーフ生肉で第二原料は乾燥ビーフが使用されており、動物性たんぱくがしっかりと使用されているフードです。
酸化防止剤の使用 合成酸化防止剤は使用されておりません。
着色料の使用 着色料は使用していません。
穀物の使用 穀物は使用していません

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


本製品は原材料の牛肉に「グラスフェッドビーフ」を使用しています。

グラスフェッドビーフとは、一般的な家畜として育てられた牛と異なり、人工的に配合された飼料ではなく、自然の牧草を食べて育った牛のことです。

同じ牛でも食べるものによって、その肉の栄養成分は変化します。

グラスフェッドビーフは、一般的な牛肉と比べて、低脂肪であり、ビタミンや鉄分、不飽和脂肪酸が豊富であると言われており、犬の健康維持により有利な食材であると言えます。

ただし、本製品には、「乾燥ビーフ」も含まれており、グラスフェッドビーフそのままを摂取できる組成ではないようです。

また、動物性タンパク質はビーフとサーモンだけですが、それ以外のタンパク源としてえんどう豆とポテトが配合されています。

実際の本フードのたんぱく質成分は30%以上と高タンパクですが、グラスフェッドビーフがどの程度含まれているのかが不明です。

ただし、グラスフェッドビーフは非常に高価な食材のため、おそらくグラスフェッドビーフを100%使用すると、フードの価格が現実的に継続が難しいものになると思いますので、仕方がない面もあります。

また、本フードのように消化性の高い原材料を多く使用しているフードでは、通常のフードを食べてきた犬にとっては、慣れるまで時間がかかり、中には下痢をしたり便秘になったりすることがあります。切り替えるときは時間をかけて行うようにしましょう。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


キアオラは世界トップクラスの原材料を使用したニュージーランド産のドッグフードで、肉類を最大限に配合したグレインフリーのフードです。植物原料を最小限の使用に抑えており消化性の高いフードの一つといえます。

グラスフェッドビーフは牧草育ちのウシの事で、飼料育ちのウシと比べるとオメガ脂肪酸が高くビタミンも豊富な食材です。

主原料はビーフ生肉で第二原料は乾燥ビーフと、肉成分がしっかりと配合されているフードですので、タンパク質成分値も30%以上としっかり摂取できます。

ただタンパク質の多いフードへの切り替えは、移行期間をしっかり取り胃腸の負担にならないように注意して下さい。

使用している肉類原料にはウシの他にサーモンや鶏脂が配合されているため、魚や鶏にアレルギーのある愛犬にも注意が必要です。脂質成分が15%以上と高めですので、肥満には注意が必要かもしれません。

脂肪は酸化しやすいため、フードの劣化には十分に注意し1ヶ月以内に食べきるように心がけて下さい。

品質もよく消化性にも優れているグレインフリーのフードですので、胃腸の弱い愛犬にも安心して与える事が出来ます。

キアオラの悪評が気になる!口コミ評判を調査

キオアラは、犬とは本来どのような動物であるかという点に重点をおき、科学的な視点からドッグフードの本質を追求しています。原材料は、ニュージーランドで自然放牧された良質な肉をふんだんに使用しています。

このようなキオアラが気になっている方のために、良い口コミと悪い口コミを紹介します。

キアオラの悪い口コミ(悪評)

運営者
mop
まずは、キアオラを購入した方の悪い口コミを紹介します。
値段が高いという口コミ
口コミ
内容からすると妥当な価格なのかもしれませんが、高いですね。試しに購入して与えてみたら、とてもよく食べています。でも継続することを考えると、もう少し安くなると助かります。
口コミ
13歳の愛犬に与えるために購入しました。粒が小さめなので食べやすいのか、よく食べてくれています。ただ、値段が高くてリピートしていくには予算オーバーです。

キアオラの主原料である牛肉やラム肉は、伸び伸びと放牧され自然の牧草を食べて育ったものとなります。

これらの肉は通常のものよりも高品質で高価となりますので、それが価格に反映してしまいます。ただ、価格が高いだけではなく、栄養価も高いので品質に見合った価格なのかもしれません。

あやちゃん
高品質の原材料を使用していることで価格が若干高くなってしまうのは、ある程度は仕方がないですよね。

キアオラの良い口コミ

運営者
mop
次に、キアオラを購入した方の良い口コミを紹介します。
食い付きが良いという口コミ
口コミ
愛犬が喜んで食べてくれるドッグフードがなかなか無く、やっとキアオラに辿り着きました。購入の決めては原材料の良さと品質に安心できた点です。愛犬の食い付きもとても良く継続していきます。
口コミ
成分的に考えると仕方ないのですが、価格が高いですよね。でも味はとても美味しいようで、愛犬は喜んで食べています。これからも続けていく予定です。

キアオラは、高品質なグラスフェッドビーフ・ラム・ベニソンを主原料として使用しています。

また、人工的な添加物である香料を使用していませんので、肉類の持つ美味しさや匂いが引き立ち、それが犬の食欲をそそり食い付きの良さに繋がっているのでしょう。

キアオラの口コミまとめ

運営者
mop
ここまでに紹介した良い口コミと悪い口コミをまとめて紹介します。
キアオラの良い口コミまとめ

・食い付きが良い

自然放牧で育った肉は、人工的に作られた飼料を与えて育ったものよりも栄養価が高く、肉の持つ風味も違うとされています。

そんな高品質の肉を主原料として使用しているキアオラは、犬も喜んで食べてくれるのでしょう。さらに、気になる添加物である香料・着色料・保存料なども使用していませんので、愛犬に安心して与えることができます。

キアオラの悪評まとめ

・価格が高い

キアオラが主原料として使用しているグラスフェッドビーフなどは、高品質なだけあり高価な食材でもあります。

それがどうしても価格に反映されてきますので、市販されているドッグフードと比較すると高価になってしまいます。

口コミからわかるキアオラをおすすめ出来る方

あやちゃん
キアオラはどのような方におすすめできるドッグフードですか?

・食い付きの良いドッグフードを探している方
・価格が多少高くても高品質のドッグフードを探している方

キアオラは、使用している原材料や成分からみても、高品質のドッグフードです。

今回口コミを調査したなかでは、体質に合わなかったという口コミは確認できませんでしたが、高品質のドッグフードであっても全ての犬の体質に合うとは限りません。

食い付きや体質との相性は、実際に与えてみないことには分かりませんので、キアオラが気になった方は、まずは試してみるのがおすすめです。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2019年版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。 Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家と作る「愛犬のご飯」をテーマにした情報サイトです。 愛犬家でもある管理人が展示会やペットショップで仕入れた最新情報やドッグフード毎の悪評や口コミを紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

特集

会社概要(レティシアン)
ページ上部へ戻る