menu

Myドッグフード

市販から通販限定まで!半生タイプのドッグフードを厳選紹介

ドライフードを嫌う、食が細い、食べむらが激しいなど、愛犬のこんな様子に悩んでいるという飼い主さんは多いのではないでしょうか?

半生タイプのドッグフードは食い付きが良いと耳にしますが、実際は添加物や原材料が気になってしまい、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、半生タイプのドッグフードの特徴や選び方だけではなく、添加物についても触れながらおすすめの商品を紹介します。ぜひフード選びの参考にしてください。

半生タイプのドッグフードは危険?

あやちゃん
犬の食い付きもよくて、食べやすい半生タイプのドッグフードですが、あまり良くないという噂も耳にします。それはどうしてなのでしょうか?
運営者
mop
半生タイプのドッグフードは水分量が多いため、ドライフードと比較すると使用している添加物が多いものもあるのです。

良くないと言われる原因はこのような点だと思うので、添加物についても解説していきます。

半生タイプのドッグフードが危険と言われるのは何故?

半生タイプのドッグフードは、水分量が多いため傷みやすいというのがデメリットです。そのため、腐敗やカビの発生を防ぐ添加物を使用している商品もあるのです。

また、開封したての食感を維持するために、保湿剤や湿潤剤が使用されていることもあります。このように添加物を多く使っていることが、半生タイプのドッグフードは危険とされている理由なのでしょう。

もちろん使われている添加物が全て悪いということではありません。天然由来の物や、品質保持のために必要不可欠な添加物も存在します。

ただし、ドッグフードには人の食べ物に使用禁止とされている添加物が含まれている場合もありますので、どのようなものが使用されているのかを必ずチェックしましょう。

半生タイプのドッグフードに使われている添加物

運営者
mop
半生タイプのドッグフードに使用されている添加物で、避けておきたいものをいくつか紹介しますね。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
エトキシキン
赤色〇号・青色〇号等
コーンシロップ
亜硝酸ナトリウム

これらが原材料に使用されていることがあります。国内で許可を得て販売されているドッグフードにはペットフードに使用しても問題のない範囲で使用されています。

もちろん、ここであげた添加物を使用していない半生タイプのドッグフードもありますので、良いものをしっかり見極めて選ぶことが大切です。

半生タイプドッグフードのメリットとデメリット

次に、半生タイプドッグフードのメリットとデメリットを紹介していきます。

半生タイプドッグフードのメリット

・嗜好性が高い
・柔らかく食べやすい
・フードからも水分摂取ができる

半生タイプのドッグフードを与える大きなメリットは、やはり嗜好性が高い点です。

体力が衰えてきたり歯が弱くなってきたりするシニア犬や、夏場に食欲が落ちてしまう犬も、半生タイプのドッグフードを与えると喜んで食べたという話を多く耳にします。

主食として使用する以外にも、一度にたくさん食事を取ることが難しい犬などには間食として与える方法もあります。また、寒さのせいで水分の摂取量が減ってしまう冬場に、水分を補うのにもピッタリなドッグフードです。

柔らかく食べやすいだけでなくそのおいしそうな香りが、ドライフードを食べてくれない犬や食の細い犬の食欲を刺激してくれます。

半生タイプドッグフードのデメリット

・添加物が多く使用されているものがある
・開封後の保管方法に注意が必要
・種類があまり豊富ではない
・ドライフードと比較すると価格が若干高め

前述したように、半生タイプのドッグフードには添加物が多く使用されているものもあります。含まれている添加物が全て悪いとは一概に言えませんが、どのような物が使われているのかチェックすることが大切です。

また、水分量が多いことから、開封後にはカビの発生や腐敗しやすくなっています。1回の使いきりタイプでない物に関しては、密封できる容器に移し替えるなど、保管方法には特に注意する必要があります。

さらにに、ドライフードやウェットフードと比較すると、商品のバリエーションがあまり多くはありません。ペットショップやホームセンターでも、選択肢は少なく価格も比較的高価です。

半生タイプドッグフードの選び方

あやちゃん
半生タイプのドッグフードを選ぶ時のポイントを教えてください!

使用されている添加物をチェック

半生タイプのドッグフードは、ドライフードと比較するとその性質上、どうしても添加物が多く使用されています。添加物を全て排除するのは難しいですので、できる限り添加物の少ないものを選ぶようにするのがいいでしょう。

さらに、どのような添加物が使用されているのか、購入する前に必ずパッケージを確認する習慣を付けておくことが大切です。

パッケージや保存方法をチェック

半生タイプのドッグフードは水分量が多いので、傷みやすい傾向があります。開封して空気に触れる状態が長くと、乾燥するだけではなくカビなどが発生してしまう場合もあります。

そのため、少量ずつ小分けになっているか、1回ごとの使いきりパックになっている物を購入するのがおすすめです。小分けになっていれば、常に開封したての物を与えることが可能です。

消費期限をチェック

半生タイプのドッグフードは消費期限も比較的短い物が多いのですが、なるべくなら消費期限が長い商品を選ぶことで、頻繁に購入する手間もなく便利です。

ただし、消費期限が長いということは、その分添加物が多く使用されているという危険性も含まれていますので、その点は注意が必要になってきます。

少しでも消費期限が長くなるように、パッキングを真空にするなど工夫しているメーカーもありますので、そういった点にも注目してみてください。

おすすめの半生タイプドッグフード

運営者
mop
ここまで紹介してきたことを踏まえて、おすすめできる半生タイプのドッグフードを紹介していきます。

キュティア PERRO(ペロ)

ペロは、老犬専門の動物病院である「キュティア老犬クリニック」が、ドッグフード専門獣医師と共同で開発した半生タイプのドッグフードです。

主原料には、国産で無添加の鶏肉をふんだんに使用しています。生肉を多く使用していますので栄養価が高く、食が細くなったシニア犬にもおすすめです。

また、グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲンを配合しているのも、シニア犬には嬉しいポイントとなります。

ただし、ペロは保存料を一切使用していませんので、保管は冷蔵庫に入れる必要があり、開封後は1週間以内に使いきらなければいけません。すぐに使用しない場合は、冷凍保存も可能ですが、2ヶ月を目安に使いきるようにしてください。

価格:800g入り:1,480円(1kg当たり:1,850円)※税別

ピュアロイヤル セミモイストチキン

ピュアロイヤルは、ペットは家族の一員という考えで、安全で安心な物を食べさせてあげたいという思いで製造されています。良質な生肉をたっぷり使用し、独自の製法にて素材のうま味や香りを逃さないように作られています。

また、合成保存料・着色料・発色剤は使用していませんので、賞味期限は6ヶ月となりますが、パッキングの際に脱酸素剤を封入するなど、袋内を酸欠状態に保ち鮮度を維持する工夫が施されています。

価格 600g:3,000円(1kgあたり:5,000円)※税別

ドゥロイヤル オリジナル

ドゥロイヤルシリーズは、ミートミール(乾燥肉粉)を使用せずに、良質な生肉を使用して製造されています。鮮度の高い原材料だけを厳選し、保存料や添加物の使用を極力抑えたドッグフードです。

オリジナルの他に、シニア・ライトのラインナップがあり、ライフステージに合わせて必要な栄養をそれぞれ配合しています。

価格 1.2kg:5,300円(1kgあたり:4,416円)※税別

ヤムヤムヤム やわらかドライ

ヤムヤムヤムは、人が食べられるレベルのヒューマングレードな国産食材のみを使用して製造されています。

不要な添加物は使用せず、独自のこだわり製法にて素材の持つおいしさを引き出していますので、香りもよく犬の食い付きに定評があります。

全犬種・オールステージ対応ですので、子犬からシニア犬まで与えることが可能です。

価格 400g:1,716円(1kgあたり:4,290円)※税別

サクラペットフード半生

サクラペットフードの半生タイプは、衛生管理が徹底された国内の工場にて製造されています。

主原料に国産鶏の生肉をふんだんに使用し、高タンパク質で低カロリーのドッグフードに仕上がっています。そのため、シニア犬にも大変おすすめです。また、関節の働きを助けるグルコサミンとコンドロイチンが配合されています。

防腐剤や合成酸化防止剤を使用していないため、賞味期限が6ヶ月と少々短めになりますが、安心・安全なドッグフードであると言えます。

価格 800g入り:1,480円(1kg当たり:1,850円)※税別

まとめ

今回は半生タイプのドッグフードについて、その特徴や選び方、メリットとデメリットを紹介してきました。

ペットショップやホームセンターで販売されている半生タイプのドッグフードのなかには、たくさんの添加物が含まれている商品もあります。特に危険と言われる添加物についても解説していますので、半生タイプのドッグフードを選ぶ時の参考にしてください。

ポイントさえ抑えて選んであげれば、食の細い犬にとって半生タイプはメリットの大きいドッグフードです。

ドライタイプのドッグフードを好まない犬や、歯が弱くなってきたシニア犬なども、喜んで食べてくれるかもしれませんので、お悩みの飼い主さんはぜひ一度試してみてください。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。 Myドッグフードは獣医師さん、ペットフードアドバイザー、愛犬家と作る「愛犬のご飯」をテーマにした情報サイトです。 愛犬家でもある管理人が展示会やペットショップで仕入れた最新情報やドッグフード毎の悪評や口コミを紹介します。他にも色んな犬種の飼い主さんにインタビューさせて頂いたりもしています。

特集

会社概要(レティシアン)
ページ上部へ戻る