menu

Myドッグフード

グレインフリーのおすすめドッグフード

プレミアムドッグフードではよく見かけるグレインフリーのドッグフード。グレンフリーとは穀物を使用していないということですが、穀物を使用しないと「どんな良い特徴があるのか」「どんなドッグフードがあるのか」を紹介します。

グレインフリーのドッグフードとは?

「グレインフリー」とは、グレイン(=穀物)を含まないという意味です。ただし、ドッグフードのグレインフリーでいう穀物には、明確な定義がなされているわけではありません。

多くのドッグフードでは、原材料に小麦、米、とうもろこしを含まないドッグフードを「グレインフリーのドッグフード」とすることが多いようです。

ただし、厳密には、最近のドッグフードの原材料で使われることの多い大麦や黍(きび)、粟(あわ)なども穀物に含まれるため、近年では、これらイネ科植物材料を含まないドッグフードをグレインフリーと称するようになっています。

グレインフリーのドッグフードの特徴

消化性が高い

犬では、一般的に穀物の消化が苦手だと言われています。

特に犬の唾液には、デンプンを分解するアミラーゼが含まれておらず、デンプンが分解されないため、消化不良を起こしやすくなります。

グレインフリーのドッグフードは穀物のデンプンを含まないため、犬にとって消化しやすいドッグフードと言えます。

もちろん、グレインフリー以外のドッグフードもたくさんありますし、それを食べている犬のほとんどは健康上問題ないように見えます。

穀類のデンプンは、ドッグフードを製造する過程で加熱され、分解されやすくなる(=α化)ためです。

α化されたデンプンは消化性が高まり、犬にとってあまり負担にならないものに変化します。

もともとは消化に良くない成分ですので、栄養バランスさえ取れていれば、あえてドッグフードに加える必要はないと考えられます。

腸に優しい

また、穀類のデンプンは、消化不良を起こしやすいだけでなく、犬の腸管粘膜に傷害を与えると考えられています。

腸管粘膜は、その機能の一つに、必要な栄養分しか吸収できないようにするバリア機能があるのですが、穀類のデンプンによってバリア機能が破壊されてしまうと考えられています。

そのため、本来吸収されないようなタンパク質などが体内に侵入し、結果として食物アレルギーなどが引き起こされるのでは、と考えられています。

グレインフリーのドッグフードでは、穀物のデンプン類を一切含まないため、こういった問題を避けることができます。

グレインフリーをおすすめしたい犬のタイプ

グレインフリーのドッグフードは穀物を含まないため、小麦や米、とうもろこしに対するアレルギーを持っている犬にお勧めです。

ご自身の犬がどのアレルギーを持っているかは、動物病院でアレルギー検査を実施することで把握することができます。

また、グレインフリーのドッグフードは、そのコンセプトが一般的なドッグフードよりも犬の健康を重視してるため、その他の原材料の品質も高く、概してドッグフードとしての消化性が高いため、お腹が弱い犬や、消化管機能が弱い大型犬にも向いていると言えます。

もちろん、より健康な状態を維持させたい方は、アレルギーやお腹の状態に問題がなくても、普段のドッグフードとしてお使いいただくことができます。

グレインフリーで良質なおすすめドッグフードの紹介

オリジン アダルト

グレインフリーかつ動物性たんぱくが豊富なドッグフードです。チキンの様々な部位を配合して栄養豊富なドッグフードに仕上げられています。また、原材料の表示があいまいではなく比較的明確に記載されている点も安心できる点です。

オリジンの評価を詳しく見る

アカナ スモールブリード

アカナはリニューアルされて2017年3月現在新しい種類での展開が始まっています。リニューアル前のアカナには「スチールカットオーツ」という穀物が使用されていましたが、現在はグレインフリーに変わっています。

アカナの評価を詳しく見る

NOW FRESH Grain Free アダルト

原材料には穀物を使用せずにメインの原材料には骨抜き七面鳥を使用したドッグフードです。犬の消化を考慮して設計されたフードと言えるおすすめのドッグフード。

ナウフレッシュの評価を詳しく見る

ニュートロ ワイルドレシピ

穀物不使用でチキンをメインに使用したドッグフードです。

ニュートロ ワイルドレシピの評価を詳しく見る

ティンバーウルフ ブラックフォレスト・プラチナム

穀物は使用しておらず、メインの原料には鹿肉とラム肉を使用しています。他には白身魚、サツマイモ、サーモンなどが使用されています。

ティンバーウルフの評価を詳しく見る

オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー

穀物は不使用でメインの原材料にはフレッシュサーモン・ドライサーモンの動物性たんぱくが使用されています。

オソピュア グレインフリーの評価を詳しく見る

QA:グレインフリーのドッグフードで気になること

Q:グレインフリーが合わないワンちゃんもいますか?

基本的に穀物を除去したことで、有害作用を示すことはないと考えます。

一部のワンちゃんはグレインフリーのドッグフードでお腹を壊してしまったり、毛艶が悪くなるなど、問題になることがあります。しかし、それらは、穀物を含まないということが原因ではなく、その他の要因が問題になっていると考えられます。

例えば、チキンアレルギーを持っている犬では、たとえグレインフリーで体に優しいドッグフードであっても、原材料にチキンが含まれていると、かゆみや消化器症状といったアレルギー反応は見られます。

また、グレインフリーのフードだけでなく、一般的なドッグフードでも言えることですが、原材料の油脂が酸化しているなど、品質が劣化してしまうと、涙やけや消化器症状の原因になることがあります。

Q:穀物を摂取しなくてもワンちゃんの体には問題はないのですか?

はい。穀物を摂取しなくても問題ありません。

しかし、ドッグフードを設計する上で、犬の栄養バランスを整えるために、穀物は非常に使いやすい原材料です。

そのため、穀物がなくなると、場合によっては栄養バランスが崩れ、犬の健康に問題が起こることがあります。

ただし、ほぼ全てのグレインフリーのドッグフードは、穀物の代わりになる原材料をしっかりと使っていますので、栄養学的な問題が起こることはまずあり得ません。

注意したいのは、過去にグレインフリーのドッグフードではないのですが、高品質な原材料を使用したドッグフードが、栄養設計上に問題があったという事例が日本でもあります。

実際に食べさせてみて、便や毛艶の状態などをしっかりと確認しながら使うようにしましょう。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る