menu
閉じる

Myドッグフード

専門家が評価するドックフード評価サイト

犬の専門家と調査!ドックフード評価サイト

Myドッグフード

Myドッグフードは愛犬家である運営者と獣医師さん、ドッグトレーナー、トリマーなど複数の専門家と作っているドッグフードの情報提供サイトです。

ドッグフードはスーパーマーケットで販売されているものから一部の限られたこだわりのお店でしか販売されていない高品質なドッグフードまで数百種類以上のブランドがあります。

現在はドッグフードの法律がほとんどなかった昔と比べると法整備は進んではいますが、販売されているドッグフードの中には品質に不安があるものも存在します。

今のドッグフードに悩みがある飼い主さんはこの機会に一度見直してみてはいかがでしょうか?

ドッグフードの選びのポイント


ドッグフードは一つの種類を食べ続けても栄養が摂取できる優れた食べ物ですが、ペットの栄養学はまだまだ発展途中です。

今の基準では低品質な商品が販売されている一方で、最新の栄養学に基づいた新しいフードなども販売されています。

そんな多種多様なドッグフードの中から愛犬がより健康的に暮らすためのドッグフードの選び方を紹介します。

1.動物性タンパク(肉・魚)が豊富なドッグフード

ワンちゃんは野菜なども消化できますが、人と比べるとかなり肉食動物寄りですので、なるべくお肉や魚が主な原材料のドッグフードを選んであげましょう。

2.消化に悪い穀物が少ないドッグフード

穀物に含まれるグルテンなどが原因でお腹を壊してしまうワンちゃんもいます。グルテンを食べても変化がないワンちゃんもたくさんいますが、目に見えないレベルの負担を考えると、穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードが無難です。

3.保存料などの添加物が少ないドッグフード

ドッグフードで使用されている添加物は犬への負担を考慮されたものがほとんどです。獣医さんの中には動物病院の診療で添加物が負担になっていると考えられるワンちゃんを診ることもあるそうです。そのため、過剰に添加物を使用していないドッグフードを選ぶことがおすすめです。

4.安すぎず高すぎない適正価格のドッグフード

通常、トウモロコシなどの穀物がメインのドッグフードより肉や魚がメインのフードの方が高額です。お肉がメインのドッグフードなのに格安の場合、原材料の品質が低いことがあります。1㎏あたり1,500円~2,000円程度を目安と考えることがおすすめです。

5.愛犬の状態にあったドッグフード

どんなに良質なドッグフードでも愛犬によっては合わない場合がありますので、最終的には一度与えてみて愛犬の状態を見るしかありません。また、数日のお試しではワンちゃんの変化がわかりづらいため、1ヵ月程続けてみることがおすすめです。

ドックフードの基礎知識


大事な愛犬には安心できるフードを与えたいものです。ドッグフードは5キロで2000円というような激安な商品、1キロで2000円というような高価な商品など様々な種類のドッグフードがあります。なぜそのように価格の違いがあるのか?それは使用している原材料の違いがあります。どのようなフードが安心して与えることができるフードなのかを知っていただくための基礎知識を紹介します。

こだわりや特徴からドッグフードを探す

ライフステージ別のおすすめドッグフード

パピー、成犬、シニアとライフステージごとに必要な栄養素やフードの形状が変わることがあります。そのため様々なブランドからそれぞれのライフステージに合う商品が発売されています。そんな多数ある商品の中からどのような商品が良いのかをおすすめ商品として紹介します。

犬種別のおすすめドッグフード

ドッグフードは全犬種対応のフードであることが多いのですが、フードの中には各犬種に対応したドッグフードを製造しているブランドもあります。犬種で悩みが似通ることが多いので犬の悩みをケアする成分が配合されたドッグフードがあるのです。例えばトイプードルであれば毛づやに配慮された成分が配合されたフードであったりします。

そんな犬種単位でおすすめの商品を紹介します。

特徴別のおすすめドッグフード

高品質のプレミアムドッグフードはそれぞれのブランドがこだわりをもって製造しています。また、飼い主さんも様々なフードを試されてこだわりを持っている方も多くいます。そんなこだわりがある飼い主さんのために特徴別におすすめのドッグフードをまとめます。

Myドッグフードが調査したドックフード

愛犬家に話題のおすすめドッグフード

1.ブッチ(食欲が落ちたシニアや偏食な愛犬に最適)

ブッチは環境規制が厳しいニュージーランドで人気のドッグフードです。グルテンを含まないチキン・ビーフ・フィッシュなどの動物性タンパクを約80%で構成されているため消化吸収の負担が最小限です。

商品はビーフとラムがメインのブラックレーベル(800g)、チキンがメインのホワイトレーベル(800g)、チキンと魚がメインのブルーレーベル(800g)の3種類です。

初回はお試し価格で3本セットが4374円のところが3000円でお試しできます。


おすすめ度 ★★★★★
価格 【◎】適正価格 1kgあたり1,822円
2017/05/07 Amazon参考価格 4,374円[2.4kg]
メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
ブラック・レーベル:ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%
ホワイト・レーベル:チキン(生)80%
ブルー・レーベル:チキン(生)67%、フィッシュ(全体/ムロアジ等)25%
穀物不使用 【○】グルテンを除去した穀物を使用
グルテンを除去したトウモロコシの種皮穀類を使用
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
合成色素および人工調味料・香料、エトキシキン、プロピレングリコールなどはなし
商品使用者のクチコミ
クチコミ(パグ・10歳~12歳以上)
とにかく食いつきが全然違う
食が細くなった12歳の愛犬のためにブッチを購入することを決めました。普段はドライフードを与えていますが食いつきが悪い時や元気がない時にブッチを与えています。
高級なハム、ソーセージのような見た目が人間の私でも食べたくなります。生肉に含まれる豊富な水分、タンパク質、ビタミンが老犬の毛並み、顔色を良くしてくれた気がします。
とにかく食いつきが全然違うので体調を崩しやすい暑い夏は、ドライフードではなくブッチを毎日与えています。
クチコミ(トイプードル・1歳~3歳)
食いつきはかなり良かったです
初めてブッチを知ったのは東京ビッグサイトで行われたインターペットというペットのイベントでした。試食をさせてもらったときから食いつきは最高でした。
うちの子は同じドライフードを与え続けると飽きてしまって食いつきが悪くなるので、モグワン、ナウフレッシュなどのドライフードのトッピングとして与えています。

食いつき抜群の人気フード

食いつき悪い、毛並みが悪い、ドライフードが食べづらいという悩みがある方は一度お試しください。

2.モグワン(健康的で食いつきを求める方に)

健康的で食いつきが良いドッグフードをお求めの方には最適です。
「ペットオーナー様の願いに寄り添う健康的で食いつきの良い本当のフードを作りたい。」という想いから作られたモグワン。原材料には全てヒューマングレードの材料を使用した高タンパクでグレインフリーのフードです。

おすすめ度 ★★★★★
価格 【◎】適正価格 1kgあたり1,980円
通常価格 3,960円[1.8kg]
定期購入(10%割引)3,564円[1.8kg]
メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
チキン生肉、生サーモン、乾燥チキンなどを原材料の53%使用
穀物不使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
トウモロコシ・小麦・米などは使用なし
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
自然由来の成分で酸化防止
商品使用者のクチコミ
クチコミ(キャバリア・1~6歳)
かなり食いつきが良かった
かなり食いつきが良かったです。良かった点ですが、毛があまり抜けなくなり、毛並みも少し良くなったような気がしました。キャバリアは毛の抜ける犬種だと思い、抜け毛に関して諦めていたんですが、モグワンを食べていた時期は抜け毛が減った気がするので、抜け毛に悩んでいる方は一度試してみるのは良いと思います。
クチコミ(柴犬・1~6歳)
理想的な体型を維持
愛犬が毎日食べるものなのでドライタイプでも原材料や成分にこだわったドッグフードを与えたいと思い、高たんぱく質、着色料などが無添加、グレインフリーであるモグワンを選びました。
ウェットタイプからドライタイプへ変えたときはなかなか食べてくれないで困るときもありましたがモグワンはウェットタイプと同じくらいの食いつきで、あっという間になくなってしまいました。
ウンチの状態もよく気のせいかもしれませんが臭いも若干和らいだように感じます。
また体重も極端に増えたり減ったりせずに理想的な体型を維持してこれまで健康に過ごしてきました。
クチコミ(ポメラニアン・7歳~9歳)
愛犬のお通じ対策で使用
愛犬のお通じが出にくいので、よい対策方法はないかと獣医さんに聞くと、モグワンドッグフードがお勧めと言われました。
最初は普段と違うドッグフードのせいか、中々食べてはもらえなかったです。なので、いつもと同じ餌の中に少しずつ混ぜていきました。このおかげで、愛犬は餌に慣れることができたので安心しました。

モグワンドッグフードが目指したのは、おうちで丁寧に手作りした栄養満点でバランスの良い愛情ごはん。原材料にはヒューマングレードのものを使用し、厳選した原材料をバランスよく使って仕上げられています。

健康的で消化よく食いつきが良いフードを探しているという方は一度お試ししてみてください。

運営者
mop
今ならモグワン通常の割引よりもお得な「数回分のお試しサイズが100円」もしくは「通常サイズが半額で初回お試し」ができるキャンペーンが開催されています。
先着1000名限定のお試しキャンペーン

3.カナガン(子犬や小型犬でも安心)

食いつきがよく、ベストな栄養バランス
カナガンは、メインの原材料に新鮮なチキンの生肉を使用し、小麦や米、とうもろこしなどを使用しないグレインフリーのドッグフードです。また、そのほかの原材料にはヒューマングレードの食材を使用しているため安心して与えることが出来ます。


おすすめ度 ★★★★★
価格 【◎】適正価格 1kgあたり1,782円
通常価格 3,960円[2.0kg]
定期購入(10%割引)3,564円[2.0kg]
メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
骨抜きチキン生肉など新鮮な原材料を使用
穀物不使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
トウモロコシ・小麦・米などは使用なし
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
自然由来のミックストコフェロールで酸化防止
商品使用者のクチコミ
クチコミ(トイプードル・1~6歳)
完食するようになりました
我が家の猫にカナガンキャットフードを与えていますが健康状態や毛艶もよく、食いつきも良いのでドッグフードも購入しました。
あまり食べることに興味のない愛犬ですが、カナガンを時間を決めてあげると完食するようになりました。
ウンチの状態もしっかりと健康です。毎日口にするものなので、成分にもこだわった安心安全なものを与えたいという思いで選びました。
クチコミ(キャバリア・7歳~9歳)
食いつきはかなり良かったです
食べ過ぎで太ってしまい、ダイエットフードを与えていたんですが、毛並みが悪くなるし毛も凄く抜けるようになってしまったので、カナガンを購入しました。
うちの犬は何でも食べるのですが、食いつきはかなり良かったです。
カナガンの良い点は変な物が一切入っていないのが良かったです。ウンチもあまり臭くありませんでした。

食べやすい小粒タイプなので子犬や小型犬でも安心して与えることができます。

トイプードルやチワワなどの小型犬の毛並みを保ちたい方にも最適です。

4.アカナ (ACANA)

アカナは、カナダの新鮮で高品質な原材料を元に作られているドッグフードです。穀類不使用のグレインフリーのドッグフードから原材料限定のフードまで20種類以上の商品ラインナップがあります。

おすすめ度 ★★★★
価格 【○】やや高い 1kgあたり2,430円
2017/04/04 Amazon参考価格 4860円[2.0kg]
メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質がメインで高品質
新鮮鶏肉・ヒューマングレード
穀物不使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
トウモロコシ・小麦・米などは使用なし
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤なし
BHA、BHT、エトキシキン等の人工的な防酸化剤は不使用

5.ナウ フレッシュ

ナウフレッシュは、新鮮で栄養価の高いカナダ産のドッグフードです。原材料に100%フレッシュミートを使用していることが特徴で、トウモロコシなどの穀物を使用しないグレインフリーのドッグフードです。

おすすめ度 ★★★★
価格 【○】やや高い 1kgあたり2,279円
2017/05/07 Amazon参考価格 4,125円[1.81kg]
メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
ターキー(生・骨抜き・七面鳥)
穀物不使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
トウモロコシ・小麦・米などは使用なし
保存料・着色料 【◎】保存料・着色料・合成酸化防止剤不使用
自然由来のミックストコフェロールで酸化防止

購入時の注意点

カナガンとモグワンはAmazonや楽天などの通販サイトで購入するよりも公式サイトから購入したほうが割引されやすくなります。

購入を検討される場合はこちらがおすすめです。

また、カナガンとモグワンの購入方法には単発購入と定期購入があります。

単発購入の場合は3,960円(税抜)ですが、定期購入の場合は3,564円(税抜)とお得です。さらに今はキャンペーンで定期購入かつ初回購入のみ1,000円引きで購入できるようです。

カナガンの公式サイト

モグワンの公式サイト

ブッチの公式サイトではお試しパックということで味の異なる3種類がセットになったお得なパッケージを販売しているため、ブッチの購入を検討するのであれば公式サイトがお得です。

ブッチの公式サイト

ドックフード選びで気になること

穀物はなぜ悪いと言われているの?

穀物は動物性タンパクと比較すると消化や吸収が悪いという特徴があります。穀物の中でも白米は比較的吸収されやすいのですが、原材料に米と記載されている場合は玄米なのか、白米なのかが不明なため注意が必要です。穀物の中でも消化性を高めたものもあります。例えば高消化性小麦は名前の通り消化性はアップしています。

肉の種類で良し悪しの差はありますか?

アレルギーなどの制限がなければどの種類でも変わらないでしょう。ただし、肉の種類によって脂の性質が様々で、それが長期的に何か健康に影響を与えている可能性はあります。現在より栄養学が発達すれば、肉による特徴の差が出てくる可能性はあります。

犬種別ドッグフードは良いの?

犬種別のドッグフードというものがいくつかのブランドから販売されていますが、基本的には犬種に特化されたドッグフードを選ぶ必要はありません。犬種ごとになりやすいトラブルはありますが、多くが肥満であったり、毛づやであったりします。肥満や、毛づやを気にするのであればそれらのトラブルに合ったドッグフードを選んであげるのが良い選択だと考えています。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る