閉じる
  1. ドッグフードの切り替え方法と注意点
  2. 愛犬にぴったりなドッグフードの選び方
  3. 愛犬に必要なドッグフードの栄養素
  4. シニア犬用ドッグフードの特徴と選び方
  5. ドッグフードで注意すべき原材料
  6. 初めて飼ったら覚えておきたい!ドッグフードの種類と特徴
  7. あれもダメなの!?意外と身近にある犬に危険な食べ物
閉じる

Myドッグフード

専門家と愛犬家が評価するドッグフード評価サイト

Myドッグフードとは

topmain

Myドッグフードは愛犬家である運営者と獣医師さん、ドッグトレーナー、トリマーなど複数の専門家と作っているドッグフードの情報提供サイトです。ドッグフードはスーパーマーケットで販売されているものから一部の限られたこだわりのお店でしか販売されていない高品質なドッグフードまで数百種類以上のブランドがあります。

現在はドッグフードの法律がほとんどなかった昔と比べると法整備は進んではいますが、販売されているドッグフードの中には品質に不安があるものも存在します。これまで全くドッグフードの品質を気にしてこなかった方はこの機会に一度見直してみてはいかがでしょうか?

ドッグフードの選び方

ドッグフードは一つの種類を食べ続けても栄養が摂取できるわんちゃんにとっては優れた食べ物です。国内のペットフードはまだまだ法律規制も十分ではなく、また栄養学も日進月歩で発展して途中の学問です。粗悪な商品が販売されていたり、最新の栄養学に基づいた新しいフードなども販売されています。そんな多種多様なドッグフードの中から犬がより健康的に暮らすためのドッグフードの選び方を紹介します。

動物性たんぱく質が豊富な適正価格のフードを選ぶ

犬は本来肉食の動物のため野菜などの消化吸収が苦手です。そのため動物性たんぱく質が豊富なドッグフード、つまり原材料のメインが肉を使用しているドッグフードがおすすめです。

価格が安すぎる商品には注意

通常お肉を使用した場合、植物性たんぱく質(小麦やトウモロコシなど)を使用したドッグフードよりも高くなる傾向があります。お肉をメインに使用しているのに価格が安い場合は品質が低いお肉を使用している場合があります。品質が低いお肉を使用している場合、安全性が心配な場合もありますので、注意して選んでください。目安は1Kg当たり1000円を以下の動物性たんぱく質がメインのドッグフードは価格が安いと考えても良いかと思います。

肉副産物・肉粉にも注意

肉を使用している場合でもどのような部位や加工方法なのかもチェックしましょう。例えば、「肉副産物」、「肉粉」は価格が安くはなりますが、いくつかの製造工程で様々な処理をされ、動物性たんぱく質とは言い難い成分に変性している可能性があります。

グレインフリーのドッグフードを選ぶ

犬は穀物などの植物性たんぱく質の消化が得意ではなく、植物性たんぱく質に含まれるグルテンが原因でお腹の調子が悪くなるわんちゃんもいます。特に調子は悪くなっていないわんちゃんもいますが、見た目ではわからない負担を考えるとグレインフリーのドッグフードを選択したほうが無難だと考えています。

保存料や着色料などの添加物が少ないものを選ぶ

ドッグフードのメインであるドライフードは長期間使用できるようにするために一般的には保存料を使用します。保存料は犬への負担を考慮したものを使用されることが多いのですが、すべての犬にとって安全ではないことがあります。

また、ドッグフードの見た目がおいしく見えるようにするために着色料を使用することもあります。犬は人と比べて色を見分ける能力が低いため、着色料も不要です。わんちゃんの負担を少なくするためには、なるべく添加物の少ないものを選んであげた方が良いと考えています。

ただし、保存料を一切使用しないドッグフードの場合は保存方法が悪いと品質劣化が起きて、保存料を使用しない場合と比べてより負担となるケースもあるため注意が必要です。

愛犬の状態にあったフードを選ぶ

動物性たんぱく質がメインのドッグフードやグレインフリーのドッグフードを選んだとしてもわんちゃんに食べてもらった結果、体調が悪化したり、体重が変化したりするケースももちろんあります。

いくら品質が良いものだからと言っても、完璧なドッグフードはありません。わんちゃんにアレルギーがあったり体に合わないこともあるため最後はワンちゃんの状態を見ながら判断するのが良い選び方でしょう。

ドッグフードの基礎知識

大事な愛犬には安心できるフードを与えたいものです。ドッグフードは5キロで2000円というような激安な商品、1キロで2000円というような高価な商品など様々な種類のドッグフードがあります。なぜそのように価格の違いがあるのか?それは使用している原材料の違いがあります。どのようなフードが安心して与えることができるフードなのかを知っていただくための基礎知識を紹介します。

こだわりや特徴からドッグフードを探す

ライフステージ別のおすすめドッグフード

パピー、成犬、シニアとライフステージごとに必要な栄養素やフードの形状が変わることがあります。そのため様々なブランドからそれぞれのライフステージに合う商品が発売されています。そんな多数ある商品の中からどのような商品が良いのかをおすすめ商品として紹介します。

犬種別のおすすめドッグフード

ドッグフードは全犬種対応のフードであることが多いのですが、フードの中には各犬種に対応したドッグフードを製造しているブランドもあります。犬種で悩みが似通ることが多いので犬の悩みをケアする成分が配合されたドッグフードがあるのです。例えばトイプードルであれば毛づやに配慮された成分が配合されたフードであったりします。

そんな犬種単位でおすすめの商品を紹介します。

  • パピヨン
  • コーギー
  • ラブラドール・レトリバー
  • ジャック・ラッセル・テリア
  • パグ
  • キャバリア
  • ミニチュアピンシャー
  • ボーダーコリー
  • ペキニーズ

特徴別のおすすめドッグフード

高品質のプレミアムドッグフードはそれぞれのブランドがこだわりをもって製造しています。また、飼い主さんも様々なフードを試されてこだわりを持っている方も多くいます。そんなこだわりがある飼い主さんのために特徴別におすすめのドッグフードをまとめます。

  • 手作り
  • グレインフリー
  • 無添加
  • オーガニック
  • 国産
  • 低脂肪
  • オイルコーティングなし
  • ヒューマングレード
  • ウェットタイプ
  • フリーズドライタイプ
  • ベイクドタイプ
  • ペーストタイプ
  • 魚が主原料のドッグフード

フード選びで気になること

穀物はなぜ悪いと言われているの?

穀物は動物性タンパクと比較すると消化や吸収が悪いという特徴があります。穀物の中でも白米は比較的吸収されやすいのですが、原材料に米と記載されている場合は玄米なのか、白米なのかが不明なため注意が必要です。穀物の中でも消化性を高めたものもあります。例えば高消化性小麦は名前の通り消化性はアップしています。

肉の種類で良し悪しの差はありますか?

アレルギーなどの制限がなければどの種類でも変わらないでしょう。ただし、肉の種類によって脂の性質が様々で、それが長期的に何か健康に影響を与えている可能性はあります。現在より栄養学が発達すれば、肉による特徴の差が出てくる可能性はあります。

犬種別ドッグフードは良いの?

犬種別のドッグフードというものがいくつかのブランドから販売されていますが、基本的には犬種に特化されたドッグフードを選ぶ必要はありません。犬種ごとになりやすいトラブルはありますが、多くが肥満であったり、毛づやであったりします。肥満や、毛づやを気にするのであればそれらのトラブルに合ったドッグフードを選んであげるのが良い選択だと考えています。

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る