menu

Myドッグフード

ヒューマングレードのおすすめドッグフード

ヒューマングレードのドッグフードってどんなものがあって、どれが品質がいいドッグフード何だろう。と気になっている方のためのヒューマングレードのおすすめドッグフードを紹介します。愛犬が元気で長生きしてもらうために少しでも良いものを与えたいという飼い主さんにぴったりのドッグフードを紹介します。

ヒューマングレードのドッグフードとは?

ヒューマングレードとは、人間の食品に使われるレベルで管理された品質の原材料のことを言います。

しかし、公的な機関、あるいはドッグフードに関連する機関などで明確に定義されているわけではなく、あくまで製造メーカーが自主的に表記してあるものです。

つまり、メーカーの定義するヒューマングレードと一般的な飼い主の方がイメージするヒューマングレードの意味が異なる可能性もあります。

ヒューマングレードであれば全てオッケーと考えるのではなく、良質なドッグフードを選ぶ際の、あくまでもキーワードの一つとして考えることが重要です。

ヒューマングレードのドッグフードを選ぶメリット

残念ながら、ドッグフードは品質を高く保つための法規制はまだまだ十分とは言えません。

最近のドッグフードはほとんどないと思いますが、以前は「4Dミート」(病死した家畜など、人間用の食肉として不適格な動物のお肉)と呼ばれるような粗悪な原材料が、安価なドッグフードに使われていたと言われています。

もし、そのような原材料であれば、タンパク質などの主要な栄養素は摂取できても、その他の有害な物質までも摂取する恐れがあります。

そのようなドッグフードを選ばないためにも、ヒューマングレードと表記されたドッグフードを選ぶことは非常に重要なことです。

現在では4Dミートのような粗悪な原材料が使われることはほとんどないと考えられています。ですが、それを確実に確認できる方法はありませんので、現在でもヒューマングレードの表記は安心材料の一つとして考えることができます。

ただし、「ヒューマングレード」という言葉自体が、明確に定義されているわけではなく、各メーカーの自主的な表記です。多くのヒューマングレードをうたうメーカーは、ヒューマングレードの表記と共に、原材料の品質の高さや製造工場の衛生管理の厳密さ、合成添加物仕様の有無などを、ホームページなどにしっかりと明示しています。

そのような情報と合わせてチェックすることで、より高品質な原材料を使用したドッグフードを選ぶことができます。

ヒューマングレードで高品質なドッグフードを選ぶ方法

ヒューマングレードを明記しているドッグフードは、それなりの品質を維持していると考えられますが、決して、それだけで安心できるとは言えません。ですので、他の情報もきちんとチェックした上で、より良いドッグフードを選んであげましょう。

ドッグフードの基本である「総合栄養食」という点は、多くの方がすでにご存知だと思いますので、ここでは、それに加えて、より安心して選んでいただくためのポイントをご紹介します。

動物性タンパク質を多く使用しているドッグフード

ドッグフードの原材料表記は、使用量の多いものから記載されています。

犬は肉食に近い雑食ですので、消化機能も植物性タンパク質よりも動物性タンパク質に適していると考えられています。ですのでなるべく動物性タンパク質が豊富なドッグフードを選んであげた方が犬に負担が少ないと思われます。

高品質なお肉を使用しているドッグフード

動物性タンパク質といっても、ドッグフードの原材料表記には「肉類」や「ミート」「肉粉」「肉骨粉」など、その中身や品質がはっきりしないものもあります。

しかし、ドッグフードの中には、「チキン正肉」「ラム生肉」あるいは「サーモン」「ベニソン(鹿肉)」など、しっかりと「お肉」を明記しているものもあります。

もちろん、飼い主の方から見れば前者のようなよくわからない表記よりも、しっかりとお肉であることがわかった方が安心できます。

ただし、前者のような原材料でも、非常に高品質(本来の肉食は、お肉だけでなく、様々な部位も一緒に食べていたので、それらすべてを一括で表記すると「ミート」と表記する場合もあり、この場合は非常に高品質、高栄養価だと考えることもできます)なものもありますが、残念ながらその確認方法は非常に難しいです。

いずれにせよ、より高品質なドッグフードを選ぶ際には、このような動物性タンパク質の表記にも注意し、より品質がはっきりと明記されたものを選んであげると安心できると思われます。

なるべく合成添加物を使用していないドッグフード

ヒューマングレードといっても、人間の加工食品でも、人工添加物がふんだんに使用されていますので、その点では決して安心できるものではありません。もしかしたら飼い主の方の中には「ヒューマングレード」=安全・安心=合成添加物などは無添加というイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒューマングレードと添加物は全く別問題ですので注意が必要です。

また、ヒューマングレードといっても、原材料のすべてがヒューマングレードなのか、あるいは主要な原材料のみがヒューマングレードなのかにも注意が必要です。

いくらメインのお肉がヒューマングレードで高品質であっても、その他の原材料の品質が不明であったり、合成添加物をたくさん使用しているドッグフードは、決して高品質とはいえないので注意してください。

製法にこだわったドッグフード

いくらヒューマングレードで高品質な原材料を使っていても、高温で加工されるとタンパク質が変性したり、有益な栄養成分が壊されてしまいます。

ドライフードは一般的には高温で加工されるため、なんだかんだで足りない栄養分を補うために人工的なビタミン剤やミネラルが添加されます。しかし、ドライフードの中には、低温で加工されたものやフリーズドライ製法など、通常の製法よりも栄養成分が残りやすいものもありますので、よりナチュラルなものを選びたい場合には、製法にもこだわっていただければと思います。

このように、ヒューマングレードの原材料を用いたドッグフードでも、その他のチェックポイントを確認することが重要です。

特に「ヒューマングレード」というキーワードは一般的な飼い主の方に安心感を与える言葉ですので、例えば工場がISOなどの第三者機関の認証を受けた安心の工場なのかなど、実際に具体的な安心できるものがあるかどうかを確認することも重要です。

あと、高品質のドッグフードのほとんどは、光や温度、空気に触れることで劣化してしまいますので、開封後のドッグフードの保管に注意が必要です。

さらには、どんなに高品質なドッグフードを選んだとしても、実際に食べさせた上で、毛艶や便の状態がイマイチな場合は、その犬にとって良いフードとは言えません。あくまでも最終的には実際に食べさせた後の犬の状態をチェックした上で判断するようにしてください。

ヒューマングレードで良質なおすすめドッグフード

ドッグフード パーフェクション チキン

ドッグフード パーフェクション チキンの解析情報を見る

商品名 ドッグフード パーフェクション チキン
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 3,220円[1.8kg] ( 2017/04/04 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,788円
メインの原材料 ◯ : メインの原材料は鶏肉です。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 ◎ : 着色料は使用していません
穀物の使用 △ : 小麦などのグルテンは含んでいませんが、玄米、パール麦などの穀物が原材料として使用されています。

フィッシュ4ドッグ スーペリア

フィッシュ4ドッグ スーペリアの解析情報を見る

商品名 フィッシュ4ドッグ スーペリア(成犬)
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 3,629円[1.5kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2419円
メインの原材料 ◎ : メインの原材料にサーモンを使用しています。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 ◎ : 着色料の使用はありません。
穀物の使用 ◎ : 小麦・米・トウモロコシなどの穀物の使用はありません。

ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキン

ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキンの解析情報を見る

商品名 ジウィピーク エアドライ NZグラスフェッド・ビーフ
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 6,277円[1.0kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 6,277円
メインの原材料 ◎ : 原材料の58%以上にビーフ生肉が使用されています。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成の酸化防止剤は使用されていません。
着色料の使用 ◎ : 着色料の使用はありません。
穀物の使用 ◎ : 穀物の使用はありません。

ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキン

ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキンの解析情報を見る

商品名 ハロー 成犬用小粒 ヘルシーチキン
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 2,376円[0.9kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2640円
メインの原材料 ◎ : チキン正肉が第一原材料として使用されてます。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 ◎ : 着色料の使用はありません。
穀物の使用 ○ : グルテンを含まない穀物を使用しています。

ソルビダ室内飼育成犬用

ソルビダ室内飼育成犬用の解析情報を見る

商品名 ソルビダ室内飼育成犬用
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成長期
参考価格[内容量] 3,780円[1.8kg] ( 2017/03/05 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2,100/1kg
メインの原材料 ◎ : メインの原料はオーガニックチキン、チキンミール、オーガニックオーツ、オーガニック大麦などが使用されています。
酸化防止剤の使用 ◎ : ミックストコフェロールなど、天然由来成分のみを使用しています。
着色料の使用 ◎ : ドッグフードに必要としない着色料は使用されていません。
穀物の使用 △ : オーガニックオーツ、オーガニック大麦、オーガニック玄米が使われています。

ロータス LOTUS チキンレシピ

ロータス LOTUS チキンレシピの解析情報を見る

商品名 ロータス LOTUS チキンレシピ小粒
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 4,698円[2.72kg] ( 2017/02/09 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,727円/1kg
メインの原材料 ◎ : チキン、チキンミールをメインに使用しています。ロータスで使用されているチキンミールとラムミールには副産物が含まれていません。
酸化防止剤の使用 〇 : 合成酸化防止剤は使用されていません。
着色料の使用 ◎ : 着色料は使用していません。
穀物の使用 △ : 比較的低アレルゲンのライ麦や玄米などが使用されています。

アーテミス フレッシュミックス

アーテミス フレッシュミックスの解析情報を見る

商品名 フレッシュミックス スモールブリード
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 4,629円[3.0kg] ( 2017/01/31 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,543円
メインの原材料 ◎ : フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキーなど動物性タンパク質がふんだんに使用されています。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤の使用はないため安心です。
着色料の使用 ◎ : 着色料の使用はありません。
穀物の使用 △ : 玄米が使用されています。

アーテミス オソピュア

アーテミス オソピュアの解析情報を見る

商品名 オソピュア グレインフリー サーモン&ガルバンゾー
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 全年齢対応
参考価格[内容量] 2151円[1.0kg] ( 2017/03/19 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2151円
メインの原材料 ◎ : フレッシュサーモン・ドライサーモンの動物性たんぱくが使用されています。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤の使用はありません。
着色料の使用 ◎ : 着色料の使用はありません。
穀物の使用 ◎ : 穀物の使用はありません。

K9ナチュラル ラム・フィースト

K9ナチュラル ラム・フィーストの解析情報を見る

商品名 K9ナチュラル ラム・フィースト
ドッグフードの分類 フリーズドライ
参考価格[内容量] 5,996円 [500g ※水で戻すと2㎏] ( 2017/01/15 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 11,992円 ※水で戻すと2,998円/㎏
メインの原材料 ◎ : 一番多く使われている原材料は子羊肉です。
酸化防止剤の使用 ◎ : 酸化防止剤に人工の合成酸化防止剤は使用されておりません。
着色料の使用 ◎ : 着色料は原材料に使用されていません。
穀物の使用 ◎ : トウモロコシ、小麦というような穀物は不使用です。

QAヒューマングレードのドッグフードで気になること

Q:ヒューマングレードであればどんなドッグフードでも良いドッグフードなのでしょうか?

残念ながら、ヒューマングレードのドッグフードすべてが良いフードとは言えません。ヒューマングレードと言っても、具体的にどのような基準なのかはメーカーそれぞれですし、原材料のすべてがそうなのか、あるいは一部がヒューマングレードなのか、そう言った点もチェックした上でフードを選ぶべきです。

飼い主の方の多くは「ヒューマングレード」と聞くと、安心、安全なイメージを持ちますので、販売会社がそのイメージを先行させている可能性も否定できないのです。できれば、本文でご紹介したような良質なドッグフードのチェックポイントや、そのほかにも安心できるポイントがあるかどうかなどもしっかりと確認することが重要です。

Q:ヒューマングレードではない原材料は危険なのですか?

ヒューマングレードの表記がない原材料については、なんとも言えません。表記されていないものがすべてヒューマングレード以下のものとは言えませんし、中にはヒューマングレード以上の原材料を用いているドッグフードもあります。もちろん、ヒューマングレードではない原材料をわざわざ「ヒューマングレードではありません」と表記することはあり得ないので、そのほかの情報をチェックしても、高品質かどうかわからない場合は、ヒューマングレードのドッグフードを選んでいただくのが無難だと思われます。

Q:ヒューマングレードはどこかの認定機関があるのでしょうか?

ドッグフードにおけるヒューマングレードを認定する機関はありません。いずれも各メーカーの自主的な表記になります。ですので、各メーカーによって、ヒューマングレードの定義が異なる可能性があるため、その他の情報もしっかりと確認した上で、品質の判断をすることが重要です。

ピックアップ記事

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る