menu

Myドッグフード

モグワン ドッグフードの評判クチコミ

モグワン

モグワンは理想の食いつきの良さを求めて開発されたドッグフードです。店舗での販売は調査日現在では行われておらず主に公式サイトやアマゾン、楽天でのインターネット販売がメインのドッグフードです。インターネットでドッグフードを調べると多くのサイトに紹介されているモグワンは実際はどんなドッグフードなのか、獣医師さんとペットフードアドバイザーさんと共に調査しました。

モグワンとは

モグワンは「健康に配慮された高品質なドッグフードを与えても食べてくれない」、「添加物が多いドッグフードは心配」という悩みを抱えた飼い主さんに寄り添って開発されました。

粒の形状や大きさ、ドッグフードに使用する原材料などをイギリスの生産工場と試行錯誤の末に作られたドッグフードです。

健康的な食事を与えたい飼い主さんや、愛犬が満足するドッグフードを探している飼い主さんにはおすすめのドッグフードです。

原材料はすべてヒューマングレード

原材料に使用される食材は人が食べても問題がないものを選び、メインのお肉とのバランスを考えてトマト、アスパラガス、バナナ、リンゴなどの野菜やフルーツをブレンドしています。

メインの食材には消化吸収が良いと言われている動物性タンパク、つまり肉や魚を使用しています。

お肉にはイギリス産のチキンの新鮮生肉を使用し、魚には良質な原産地として知られるスコットランド産のサーモンを使用しています。

犬が消化しづらい穀物不使用のグレインフリー

低価格のドッグフードに使用されていることが多いトウモロコシなどの穀物は犬が消化されずらく、アレルギーを持つ犬が多い原材料と言われています。

モグワンは原材料に穀物を含まないグレインフリーのドッグフードなので、トウモロコシなどのアレルギーや消化の心配が少ない特徴があります。

ペット先進国のイギリスの専門工場で製造

モグワンはペット先進国のイギリスの国際規格「SAI GLOBAL」のランクAを取得した安心の施設で製造されており、製造ラインは常に監視されているため製造方法も安心できます。

小型犬やシニア犬にも適したドッグフード

モグワンは小粒のフードなので小型犬でも食べやすく、消化に優しい原材料を使用しているため、消化機能が低下しがちなシニア犬にも与えることができます。

モグワンの評価

モグワンのドライフード」がどんな商品で安心して使用できるかをチェックします。

基本情報

商品名 モグワン
ブランド名 モグワン
メーカー名 レティシアン
ドッグフードの分類 ドライ
フードの目的 総合栄養食
推奨ライフステージ 全成長期(生後4ヶ月以降)
参考価格[内容量] 単品購入:3,960円[1.8kg] ( 2017/07 公式サイト価格 )
定期購入:3,564円[1.8kg] (定期購入は最大20%割引き)
1kgあたりの価格 単品購入:2,200円( 2017/07/23 公式サイト価格 )
定期購入:1,980円(定期購入は10%~20%割引き)
原産国 イギリス

基本チェック

メインの原材料 【◎】動物性たんぱく質メインで高品質
新鮮鶏肉・ヒューマングレード
酸化防止剤の使用 【◎】保存料・合成酸化防止剤不使用
自然由来のミックストコフェロールで酸化防止
着色料の使用 【◎】着色料不使用
フードの見た目を整える着色料は不使用
穀物の使用 【◎】穀物不使用のグレインフリー
トウモロコシ・小麦・米などは使用なし


モグワンの原材料と成分を分析

モグワンの原材料をチェックしてみました

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン

多くのドッグフードで使用している原材料の割合を表示しておらず、実際どれくらいのお肉が含まれているかが不明瞭な中モグワンは主要な原材料の割合を表示している点は安心できます。
モグワンの成分をチェックしてみました

粗たんぱく質28%、粗脂肪12%、粗灰分8%、粗繊維3%、水分8%、オメガ6脂肪酸1.63%、オメガ3脂肪酸1.29%、エネルギー(100gあたり)約344kcal(カロリー)

タンパク質が28%と一般的なドッグフードと比べて高い点は良質なドッグフードといえるでしょう。

専門家のチェック

獣医師さん

フォロンさん獣医師
動物病院院長。これまで小さな動物病院から、大学病院での高度医療まで、幅広い獣医療を経験してきたことを生かし、”動物のことなら些細なことでも相談できる動物病院”をモットーに日々診療に従事しています。


モグワンは、徹底した品質管理を特徴にしたドッグフードです。

原材料は、本来肉食である犬が消化しやすいと言われている動物性タンパク質『チキンとサーモン』を豊富に使用しています。

もちろん品質が不明な肉副産物は使用しておらず、そして犬にとって消化に負担がかかると言われている穀物類を不使用とした『グレインフリー』のドッグフードです。

さらに原材料の品質も人間が食べられるレベルの『ヒューマングレード』を原材料にしています。

そして製造工場も、国際規格に準じた製造管理を行っており、一般的なドッグフードと比べるとかなり品質の高いドッグフードだと考えられます。

しかし、公式ホームページでは、食いつきの良さを特徴付けていますが、添加物をたくさん組み合わせて食いつきをあげるようなドッグフードとは違い、犬にとって不必要なものをできる限り省いたドッグフードは犬によって食いつきがバラつくことがあります

そのため、モグワンを与える際には、今までのドッグフードと混ぜながら、慣れさせながら移行してみるなどの工夫をおすすめします。

また、原材料に含まれるサーモンオイルやココナッツオイルに含まれる不飽和脂肪酸は、栄養学的に優れたものですが、熱や空気に触れることで容易に酸化してしまいます。

そのため、開封後は出来る限り空気に触れないように保存し品質が落ちない範囲で食べきるようにすることをおすすめします。

ペットフードアドバイザーさん

ひなたさんペットフードアドバイザー
動物看護の専門学校を卒業したのち、トリミングサロンを併設しているペットグッズ店にてペットフードアドバイザーとして従事してきました。身体の中からのケアとしてドッグフードの大切さを学び、その大切さをたくさんの飼い主さんに知ってもらいたいと思っています。


モグワンの原材料はヒューマングレードである事はもちろん、穀物不使用ですので犬の食性にもぴったりなフードといえます。

動物性原料が50%以上配合されており、タンパク質原料としてチキンとサーモンのみが使用されていますのでアレルギーの特定がしやすいのも特徴です。

全年齢対応のフードですのでフード変更によるストレスを無くす事ができます。

乳酸菌やコンドロイチン、グルコサミンなども配合されており、胃腸の弱い子や老齢犬にも最適なフードといえます。

嗜好性が高いフードのなので、おやつ代わりにしつけのご褒美としても活用できます。

普段のフードをしつけ時に使用する事により、摂取カロリーの管理がしやすく肥満防止にも繋がります。

モグワン使用者のクチコミ

クチコミ(10歳~12歳以上)
残さず食べてくれたので嬉しかった
10歳を過ぎた頃から急に食が細くなり食事を与えても残すようになりました。このまま体力が低下して寝たきりになったら困るのでドックフードを変えようと思いネットで評価の高いモグワンを購入することにしました。
モグワンを与えてみると驚くぐらい食べてくれました。最初はニオイを嗅ぐなど警戒していましたが残さず食べてくれたので嬉しかったです。
老犬なので若い頃のような元気な姿にはなれないかもしれませんが1年でも長く一緒にいてもらいたいです。
クチコミ(2歳:チワワ)
以前のフード飽きてしまったときにモグワンを知りました
モグワンは手作りのご飯をドライフードという形で再現しているところが良いですね。手作りで上げたいところだけど、毎日作ってあげるのは難しいので。
ペット先進国のイギリスで作られ厳しい基準をクリアしている点から安心して与えられるフードです。

モグワンの詳細を見る

モグワンQA

モグワンの賞味期限はどれくらいですか?

モグワンの賞味期限は開封後3ヶ月とされていますが、天然由来の酸化防止剤を使用しているため出来れば1ヵ月以内には使い切ることをおすすめします。
開封後はドッグフードに含まれる油の酸化が進みます。油が酸化してしまうと犬の体に悪影響がでることがありますので、出来る限り空気に触れないように保存し早期に使い切るようにしましょう。

モグワンの保存方法はどのようにすればよいですか?

モグワンに限らずドライフードに含まれる油脂は空気中の酸素や光に触れることで酸化が始まります。そのため、なるべく空気や光にに触れないように保存しましょう。

可能であれば冷蔵庫(冷蔵庫なら光も遮断できますね)に保管することをおすすめします。もし、容量的に難しい場合はドッグフードをフードストッカーに密封保存することを検討してみてはいかがでしょうか。

モグワンのカロリーはどれくらいですか?

モグワンの約100グラムあたりのカロリーは約344kcalとなり一般的なドッグフードよりややカロリーは低めです。

例えば、有名ないくつかのドッグフードの場合は、ビタワンの場合は100グラムあたり350kcal、アイムス (IAMS) 成犬用 健康維持用チキンは100グラムあたり359kcal、ナチュラルバランス ホールボディヘルスは100グラムあたり361kcalとなっています。

どんなドッグフードが良いかお悩みの方へ
あやちゃん

たくさんフードがあるけど結局どのフードがいいの?

獣医師犬丸先生

獣医さんと100種類以上のフードを調査し選んだおすすめドッグフードを紹介します。

2017年度版おすすめドッグフード

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る