menu

Myドッグフード

着色料・人工保存料無添加のドッグフード

無添加のドッグフードが良いと聞いたことがあるけど、無添加ってそもそもどういうものなの?無添加のドッグフードなら安心して与えられるの?と疑問をお持ちの愛犬家の方のために無添加とはどんなものなのか、どのようなドッグフードが安心して与えられるのかを紹介しています。

無添加のドッグフードとは?

無添加とはその名の通り添加物を含まないという意味です。

ドッグフードにおける添加物には様々なものがあり、代表的なものでも、栄養添加物(ビタミン、ミネラルなど)、保湿剤、pH調整剤、保存料、酸化防止剤、乳化剤、着色料などがあります。

ですので、厳密には無添加のドッグフードとはこれらの添加物を含まないものということになりますが、残念ながら、すべての添加物を含まないドッグフードはまずありません

一般的には「保存料、着色料が無添加」など、特定の添加物を含まないドッグフードを無添加のドッグフードと呼んでいます

無添加を選ぶ際の注意点

ドッグフードのラベル上は「○○無添加」と特定の添加物が無添加だとは書かれますが、逆にそのドッグフードに含まれる添加物をわざわざ特徴的に書いたりはしないため、自分自身で原材料の記載をチェックする必要があるのです。

ほとんどのドッグフードには、栄養添加剤や酸化防止剤といった添加物は必須で、これらがないと、栄養的な病気にかかったり、あるいはドッグフードの品質がすぐに劣化し、犬に健康被害を与える可能性があります。

そのため、これらの添加物も使用せず、完全無添加の食事を食べさせたいという方は、ドッグフードではなく手作り食を作る必要があります

ただし手作り食はよほど注意しないと栄養的な偏りが生じるため、十分な知識と経験がない方は、多少添加物が使われていても、良質なドッグフードを与える方が安全です。

無添加でも問題がない添加物

では、実際に無添加にできる添加物はどのようなものになるでしょうか。

一般的には、保湿剤、保存料、着色料、発色剤などは、現在のドッグフード加工技術では使用せずに済むものですので、なるべく避けた方が良いと思われます。

例えば、合成着色料、保存料、発色剤無添加の半生タイプのドッグフードでは、確かにそれらの添加物は使われていませんが、半生である以上、保湿剤を使用していますので、おそらく一般の方がイメージする「無添加」とは程遠いフードだと思います。

ただし、この例の半生タイプのフードでは、「保湿剤」とは表記せずに、「グリセリン」や「プロピレングリコール」などと表記されていることも多いので、そのような場合でも決して保湿剤が使われていないわけではないということに注意が必要です。

つまり、より安全なドッグフードを選ぶためには、上記の添加物をすべて含まないことと、上記添加物の具体的成分名も含まれていないことが重要です。

ちなみに、現在国内で流通しているドッグフードは、いわゆるペットフード安全法によって、使用している添加物をすべて表記することが義務付けられています。

ただし、加工助剤(製造過程で除去されるものやごくわずかなレベルしか残らず、なんの影響もないものなど)の表記は義務付けられていませんので、より添加物の摂取を気にされる方は注意が必要です。

良質なドッグフードを選ぶ方法

高品質なドッグフードを考える場合、不要な添加物を含まないようにすることはもちろん、必要な添加物についても、その品質をチェックする必要があります。さらには、添加物以外にもチェックポイントがいくつかありますので、ご紹介します。

まず必要な添加物には、ビタミンやミネラル、アミノ酸などがあります

ただ、注意したい点としては、これらビタミンやミネラルなどの中に「天然由来」あるいは「植物由来」という表記がなされているものもあります。しかし、これはあくまで「由来」であって、その成分を抽出する中で様々な薬品を使用しています。決して、一般の飼い主の方がイメージするような安心できるものではありません。

また、ミネラルの中には「キレート化」されたものもあります。

このキレート化されたミネラルは通常のものよりも吸収が優れているとされていますので、栄養面では優れたものだと言えます。つまり栄養学的には通常のミネラルよりも安心できる添加剤と言えるでしょう。

また、酸化防止剤には、合成酸化防止剤であるBHAやBHT、天然由来のミックストコフェロールやローズマリー抽出物質などがあります。一見すると合成酸化防止剤の方が、発がん性などのリスクが高く感じられますが、一般的にドッグフードに使用される量は、十分安全と考えられる量に規制されています。

その一方で天然由来のものは、合成添加物よりも酸化防止能力が弱いため、より多く使用する必要があります。

しかし、あくまで天然”由来”であって、安全性を担保する表現ではありませんので、実際のところ、どちらが安全かどうかははっきりしていません。

その中で、より安心できるものを選ぶとすれば、なるべく酸化防止剤の使用量が少ないフード、つまり「開封後の使用期間が短い(一週間以内)フード」がお勧めです。

逆に、少しでも割安さを求めて、開封後の使用期間が長い大袋のフードを購入される方は、酸化防止剤がしっかりと使われているフードを選んだ方が良いでしょう。

一方、添加物以外のチェックポイントとしては、「総合栄養食である」「動物性タンパク質が多く含まれている」「良質な原材料を使用している」「製法にこだわっている」という点が重要です。

総合栄養食については、その基準を満たす場合はパッケージに明記されています。

動物性タンパク質が多く含まれているかどうかは、原材料の一番最初に記載されているものが、動物性タンパク質であることが望ましく、「良質な原材料」とは、「肉類」や「ミール」といったものではなく、「チキン」は「サーモン」あるいは「ラム生肉」など、具体的な記載がなされているものです。

また、「製法」については、一般的な高温での製造よりも、より低温の製造法、あるいはフリーズドライなど熱をかけない製法の方が、原材料由来の栄養成分が残りやすいと考えられますので、より添加物を抑えたドッグフードを使いたい方はチェックすることをお勧めします。

良質なおすすめドッグフードの紹介

オリジン

オリジンの解析情報を見る

商品名 オリジン 成犬
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 6,156円[2.27kg] ( 2017/01/20 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2711円
メインの原材料 ◎ : 主な原材料は元来肉食である犬に良いとされている動物性たんぱくのチキンです。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤は使用していないため安心です。
着色料の使用 ◎ : 合成着色料を使用していないため安心です。
穀物の使用 ◎ : オリジンアダルトは穀物を使用していません。

アカナ (ACANA)スモールブリード

アカナ (ACANA)スモールブリードの解析情報を見る

商品名 アカナ スモールブリード
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成犬期
参考価格[内容量] 4,644円[2.27kg] ( 2017/01/22 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 2045円
メインの原材料 ○ : メインの原材料は鶏肉です。
酸化防止剤の使用 ◎ : アカナは「BHA、BHT、エトキシキン」などの合成保存料は使用していません。
着色料の使用 ◎ : 着色料は使用していません。
穀物の使用 ◎ : 穀類は含まれていないグレインフリーのドッグフードです。

ナウ フレッシュ

ナウ フレッシュの解析情報を見る

商品名 NOW FRESH Grain Free
ドッグフードの分類 ドライ
推奨ライフステージ 成長期
参考価格[内容量] 8,986円[5.44kg] (2017/01/25 Amazon参考価格 )
1kgあたりの価格 1,652円/Kg
メインの原材料 ◎ : メインの食材は骨抜き七面鳥です。
酸化防止剤の使用 ◎ : 合成酸化防止剤は使用していないため安心です。
着色料の使用 ◎ : 合成着色料を使用していないため安心です。
穀物の使用 ◎ : NOW FRESH Grain Freeは穀物を使用していないグレインフリーです。

無添加のドッグフードで気になることを獣医さんに聞きました!

Q着色料を使用したカラフルなドッグフードは食いつきが良いのでしょうか?

ドッグフードの色と犬の食いつきは関係ないと考えられています。

人間の場合は、色彩も食欲に関係すると言われていますので、犬もメカニズム的には決して無関係ではないかもしれません。

しかし、少なくとも着色料を用いたドッグフードの方が、無着色のドッグフードよりも食いつきが良いというデータはなく、色よりも匂いなどの方が食いつきに強く関わっていると思われます

しかし、中には「うちの犬は、色のついたフードの方が食いつきが良い」という方もいらっしゃるかもしれません。

個人的な考えですが、着色料を用いたフードは、そのほかの添加物も多く含まれることがほとんどで、食いつきが良いのは、着色料ではなく他の添加物、あるいは原材料が原因だと考えます。

例えば、これは人間の研究ですが、精製白糖や人工甘味料で作られた食べ物には、麻薬のような中毒性がある、つまり、一度味を覚えると、しばらくすると無性に食べたくなる、という研究結果があります。

私の推測ですが、犬においても人工添加物や、小麦など血糖値が上昇しやすい穀類を多く含むフードには、同じような中毒性があり、それを食べ慣れた犬の場合は、動物性タンパク質が豊富なドッグフードよりも、甘味料や穀類を含むフードを好むのではと考えています。

Q人工酸化防止剤や保存料をたくさん使っているフードは避けた方が良いでしょうか?

個人的には避けた方が良いと考えます。

実際にこれらを含むドッグフードが、その他天然由来成分に置き換わったもの、あるいは保存料不使用のドッグフードと比較して、病気の発生率や死亡率が高いといったデータは存在しません。

人工酸化防止剤や保存料は、基本的には犬にとって安全な量を使用していると考えられています。

しかし、これらの中には十分な安全性が研究されないまま、使用経験が長いという理由だけで使われているものもあります。さらには、添加物がそれぞれ単独で使用されている場合の安全性データはあっても、ドッグフードのように様々な添加物が一緒になった場合のものはありません。

添加物同士が相互作用を起こし、中には有害反応を引き起こす可能性も否定できないため、可能な限り、人工酸化防止剤や保存料をたくさん使っているフードは避けた方が良いと考えます。

代表的な添加物

合成着色料

赤色2~3号・赤色104号〜106号・青色1~2号・黄色4~5号

赤や緑などのカラフルなドッグフードは、人間にとっては肉や野菜がふんだんに使われているかのように美味しそうに目に映ります。しかし、犬の食いつきに影響するのはカラフルな色より匂いの方が影響すると考えられています。

また、ドッグフードに使用される着色料は、天然のものではなくコストが安い合成着色料が使用されることがほとんどです。

販売されている着色料を含むドッグフードには、単独で健康に問題がない範囲で使用されています。しかし、他の添加物が組み合わさった場合の相互作用の影響は不明なので、出来れば使用を控えた方がよいでしょう。

合成酸化防止剤

エトキシキン・BHA・BHT

酸化防止剤にはミックストコフェロールやローズマリー抽出物などの天然成分由来のものと、人工由来の保存料があります。

人工保存料は天然由来の保存料よりも効果が強く、長期保存には向いていますが、犬の体にとって悪影響を与える恐れのある人工保存料もあるため注意が必要です。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る