menu
閉じる

Myドッグフード

国産でおすすめのドッグフード3選

ドッグフードの歴史は1800年代後半に欧米で作られ始めたもので、今でも一般的に販売されているドッグフードのほとんどは欧米のメーカーです。一方、国産のドッグフードは、1960年代に扱われはじめたばかりで、まだまだ歴史が浅いという現状があります。

しかし、昨今はペットの健康も非常に注目されており、健康の源である食事、つまりドッグフードも、国産でなおかつ品質の良いものも販売されるようになりました

そこで今回は国産ドッグフードのメリットや選び方などをお伝えし、私が個人的にお勧めできる国産ドライフードもご紹介させていただきます。

国産ドッグフードの選び方

ドッグフードの栄養学的な基礎は世界共通です。そのため、国産ドッグフードを選ぶポイントは、基本的には一般的なドッグフードの選び方と共通です。

総合栄養食であること』『ライフステージに合っていること』という基本的なものに加えて、より安全で安心できるフードを選ぶために、『原材料の品質が良い』『ドッグフードの品質管理が行き届いている』『添加物の使用量を必要最小限に抑えている』などのポイントをチェックします。

ドッグフードの国産と外国産の違いとは?

国産と外国産の違いは2つあります。一つは『輸送の問題』、そしてもう一つは『信頼性』です。それぞれ説明します。

輸送の問題

海外ブランドのドッグフードは、基本的に海外で製造され輸入されたものが販売されています。

日本に輸送される際、本来は温度湿度管理、されには衛生管理が徹底されるべきなのですが、現実的には管理が徹底されずに輸入されるドッグフードもあると聞きます

適切な品質管理がなされていない場合は、たとえ良質なドッグフードであっても品質が劣化してしまう可能性もあります。

しかし、輸送時の品質管理を徹底すると、その分コストがかかりますので割高なドッグフードになってしまいます。

さらに輸入したドッグフードを国内で品質検査をした上でパッケージをやり直す場合もあり、コストが上乗せされてしまいます

その一方で国産ドッグフードは、国内の輸送のみとなりますので、輸送時の品質管理やコストという点では非常に有利となります。

信憑性

国産の良質なドッグフードは原材料の産地などを知ることができます。

国産だからオーガニックや無農薬という保証はありませんが、国内メーカーの場合は、産地や原材料の品質について製造会社と直接コンタクトを取ることも難しくありませんのではっきりした情報を得ることができます

ただし、国産のドッグフードを選ぶ際には、注意する点もあります。

それは「国産」というイメージから「安全」と考えてしまいがちになることです。

例えば、ドッグフードの原材料となる家畜の飼料や野菜に対する農薬の使用量は、世界の国々と比較しても日本は少ないわけではないので決して「国産」というだけで安全とは言い切れません

しかし、国産は製造メーカーとの距離も近く、情報を適切に得ることができ、それを元にドッグフードの良し悪しを判断することができます。

それが国産ドッグフードの大きな利点だと考えます。

国産のおすすめのドッグフード

人工添加物不使用の国産ドッグフードを紹介します。

ドットわんごはん

ドットわんごはんは総合栄養食の基準を満たしています。

原材料の最初におからが使われていますが、成分分析ではタンパク質が30%以上と、牛肉のタンパク質も使われているので、栄養上は問題ないものと思われます。

また、各原材料の産地が明記されていますので、安全性などのより詳細な原材料の情報を得ることもできます。

ただし、合成保存料が無添加のため、開封後の劣化はかなり早いと思われるので、開封後の品質管理には十分な注意が必要です。

また、食物繊維が豊富なおからがメインに使われていますので、便の量が思ったよりも多くなることがありますので、その点も注意してください。

アニマルワン マザープラス成犬用 チキン

アニマルワンは総合栄養食の基準を満たしており、原材料の穀物と野菜類は減農薬のものを使用しています。

メインの原材料は鶏肉となっていますが、成分上のタンパク質は19.8%とやや低めです。フード全体の割合としての鶏肉は少なめなのかもしれません。

合成保存料は無添加のため、開封後の品質劣化が早いと思われます。品質管理には十分注意するようにしてください。

Drケアワン



Drケアワンは総合栄養食の基準を満たしたドッグフードで、使用している食材は産地が明示されており、開発者の方々のお名前も確認できますので、必要に応じて詳しい情報を問い合わせることができます。

これが国産ドッグフードとの1番のメリットだと思いますので、ドッグフードラベルやホームページ表記だけではわからないような点をきちんと確認した上で食べさせることができます。

サイト運営者

icon

Myドッグフード管理人のmopです。Myドッグフードは獣医師さん、ドッグフードアドバイザー、愛犬家が参加する犬のご飯をテーマにした情報サイトです。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る